風の向くまま

新共同訳聖書ヨハネによる福音書3章8節より。いつも、聖霊の風を受けて爽やかに進んでいきたい。

平和

東日本大震災被災地訪問

3月11日(土)は、東日本大震災が発生してから満6年の記念日です。
仏式には、「七回忌」というところです。

被災地に暮らす人々にとって、これまで復興の道筋がはっきりと見えず、不安な時間が長く続いて来たことでしょう。
それでも、ようやく道路が整備され、土地の造成が進んでいます。
あと2年すれば、殆どの人々が「仮設」ではないところで生活を始められるようになるようです。

そのときに、被災者の「自己責任」などでなく、皆で新しい生き方を考え、構築する努力と工夫が出来る関係作りが必要だと、改めて思わされました。

IMG_0439遠野市役所の出張所が商業施設の中にあり、そこに犠牲者追悼の記帳所が設けられていました。











IMG_0505大槌町の震災津波追悼式会場です。
定刻前、来場者による献花が続いていました。











IMG_0514役場を見下ろす城山の上に、身元不明物故者の納骨堂が設けられていました。多くの方が献花に訪れています。






IMG_0482城山から町を眺めると、道路が整備され、造成、区画整理が進められていました。






IMG_0521
地震発生時刻を知らせるサイレンを吉里吉里の海岸で聞きました。
多くの方が津波にのまれて命を落とし、未だに行方の知れない方が大勢おられます。





IMG_0538商業施設駐車場で、3.11を記念するキャンドルナイトが行われていました。







IMG_0516商業施設の中では、記念のギターライブが行われていました。
彼らは大阪から毎年来られているデュオです。
ステージにおかれているギターは、泥の中から引き出され、奇跡的に修復されたものだと紹介されていました。




IMG_05523月12日(日)、釜石新生教会の記念礼拝に参加しました。
写真は、メッセージを語られる柳谷先生です。






IMG_0547ゲストに福音歌手の森祐理さんが招かれ、歌とメッセージを届けてくださいました。


柳谷先生も森さんも、「当たり前のことを感謝する。大きな傷を負ってそれを元に戻すこと、なかったことにすることは出来ない。しかし、傷を負いつつ生き残ったからこそ担う新しい使命がある」とお語りくださいました。

心に深く刻みたい言葉でした。




今回、被災地を訪れることが出来た恵みと導きを、神に感謝しています。




長崎平和宣言 2016

長 崎 平 和 宣 言

 核兵器は人間を壊す残酷な兵器です。

 1945年8月9日午前11時2分、米軍機が投下した一発の原子爆弾が、上空でさく裂した瞬間、 長崎の街に猛烈な爆風と熱線が襲いかかりました。あとには、黒焦げの亡骸、全身が焼けただれた人、内臓が飛び出した人、無数のガラス片が体に刺さり苦しむ人があふれ、長崎は地獄と化しました。

 原爆から放たれた放射線は人々の体を貫き、そのために引き起こされる病気や障害は、辛うじて生き残った人たちを今も苦しめています。

 核兵器は人間を壊し続ける残酷な兵器なのです。

 今年5月、アメリカの現職大統領として初めて、オバマ大統領が被爆地・広島を訪問しました。大統領は、その行動によって、自分の目と、耳と、心で感じることの大切さを世界に示しました。

 核兵器保有国をはじめとする各国のリーダーの皆さん、そして世界中の皆さん。長崎や広島に来てください。原子雲の下で人間に何が起きたのかを知ってください。事実を知ること、それこそが核兵器のない未来を考えるスタートラインです。

 今年、ジュネーブの国連欧州本部で、核軍縮交渉を前進させる法的な枠組みについて話し合う会議が開かれています。法的な議論を行う場ができたことは、大きな前進です。しかし、まもなく結果がまとめられるこの会議に、核兵器保有国は出席していません。そして、会議の中では、核兵器の抑止力に依存する国々と、核兵器禁止の交渉開始を主張する国々との対立が続いています。このままでは、核兵器廃絶への道筋を示すことができないまま、会議が閉会してしまいます。

 核兵器保有国のリーダーの皆さん、今からでも遅くはありません。この会議に出席し、議論に参加してください。

 国連、各国政府及び国会、NGOを含む市民社会に訴えます。核兵器廃絶に向けて、法的な議論を行う場を決して絶やしてはなりません。今年秋の国連総会で、核兵器のない世界の実現に向けた法的な枠組みに関する協議と交渉の場を設けてください。そして、人類社会の一員として、解決策を見出す努力を続けてください。

 核兵器保有国では、より高性能の核兵器に置き換える計画が進行中です。このままでは核兵器のない世界の実現がさらに遠のいてしまいます。

 今こそ、人類の未来を壊さないために、持てる限りの「英知」を結集してください。

 日本政府は、核兵器廃絶を訴えながらも、一方では核抑止力に依存する立場をとっています。この矛盾を超える方法として、非核三原則の法制化とともに、核抑止力に頼らない安全保障の枠組みである「北東アジア非核兵器地帯」の創設を検討してください。核兵器の非人道性をよく知る唯一の戦争被爆国として、非核兵器地帯という人類のひとつの「英知」を行動に移すリーダーシップを発揮してください。

 核兵器の歴史は、不信感の歴史です。

 国同士の不信の中で、より威力のある、より遠くに飛ぶ核兵器が開発されてきました。世界には未だに1万5千発以上もの核兵器が存在し、戦争、事故、テロなどにより、使われる危険が続いています。

 この流れを断ち切り、不信のサイクルを信頼のサイクルに転換するためにできることのひとつは、粘り強く信頼を生み続けることです。

 我が国は日本国憲法の平和の理念に基づき、人道支援など、世界に貢献することで信頼を広げようと努力してきました。ふたたび戦争をしないために、平和国家としての道をこれからも歩み続けなければなりません。

 市民社会の一員である私たち一人ひとりにも、できることがあります。国を越えて人と交わることで、言葉や文化、考え方の違いを理解し合い、身近に信頼を生み出すことです。オバマ大統領を温かく迎えた広島市民の姿もそれを表しています。市民社会の行動は、一つひとつは小さく見えても、国同士の信頼関係を築くための、強くかけがえのない礎となります。

 被爆から71年がたち、被爆者の平均年齢は80歳を越えました。世界が「被爆者のいない時代」を迎える日が少しずつ近づいています。戦争、そして戦争が生んだ被爆の体験をどう受け継いでいくかが、今、問われています。

 若い世代の皆さん、あなたたちが当たり前と感じる日常、例えば、お母さんの優しい手、お父さんの温かいまなざし、友だちとの会話、好きな人の笑顔…。そのすべてを奪い去ってしまうのが戦争です。

 戦争体験、被爆者の体験に、ぜひ一度耳を傾けてみてください。つらい経験を語ることは苦しいことです。それでも語ってくれるのは、未来の人たちを守りたいからだということを知ってください。

 長崎では、被爆者に代わって子どもや孫の世代が体験を語り伝える活動が始まっています。焼け残った城山小学校の校舎などを国の史跡として後世に残す活動も進んでいます。

 若い世代の皆さん、未来のために、過去に向き合う一歩を踏み出してみませんか。

 福島での原発事故から5年が経過しました。長崎は、放射能による苦しみを体験したまちとして、福島を応援し続けます。

 日本政府には、今なお原爆の後遺症に苦しむ被爆者のさらなる援護の充実とともに、被爆地域の拡大をはじめとする被爆体験者の一日も早い救済を強く求めます。

 原子爆弾で亡くなられた方々に心から追悼の意を捧げ、私たち長崎市民は、世界の人々とともに、核兵器廃絶と恒久平和の実現に力を尽くすことをここに宣言します。

2016年(平成28年)8月9日

長崎市長  田上 富久

 
 

広島平和宣言 2016

広島・平和宣言(全文)

 1945年8月6日午前8時15分。澄みきった青空を切り裂き、かつて人類が経験したことのない「絶対悪」が広島に放たれ、一瞬のうちに街を焼き尽くしました。朝鮮半島や、中国、東南アジアの人々、米軍の捕虜などを含め、子どもからお年寄りまで罪もない人々を殺りくし、その年の暮れまでに14万もの尊い命を奪いました。

 辛うじて生き延びた人々も、放射線の障害に苦しみ、就職や結婚の差別に遭い、心身に負った深い傷は今なお消えることがありません。破壊し尽くされた広島は美しく平和な街として生まれ変わりましたが、あの日、「絶対悪」に奪い去られた川辺の景色や暮らし、歴史と共に育まれた伝統文化は、二度と戻ることはないのです。

 当時17歳の男性は「真っ黒の焼死体が道路を塞ぎ、異臭が鼻を衝(つ)き、見渡す限り火の海の広島は生き地獄でした」と語ります。当時18歳の女性は「私は血だらけになり、周りには背中の皮膚が足まで垂れ下がった人や、水を求めて泣き叫ぶ人がいました」と振り返ります。

 あれから71年、依然として世界には、あの惨禍をもたらした原子爆弾の威力をはるかに上回り、地球そのものを破壊しかねない1万5000発を超える核兵器が存在します。核戦争や核爆発に至りかねない数多くの事件や事故が明らかになり、テロリストによる使用も懸念されています。

 私たちは、この現実を前にしたとき、生き地獄だと語った男性の「これからの世界人類は、命を尊び平和で幸福な人生を送るため、皆で助け合っていきましょう」という呼び掛け、そして、血だらけになった女性の「与えられた命を全うするため、次の世代の人々は、皆で核兵器はいらないと叫んでください」との訴えを受け止め、更なる行動を起こさなければなりません。そして、多様な価値観を認め合いながら、「共に生きる」世界を目指し努力を重ねなければなりません。

 今年5月、原爆投下国の現職大統領として初めて広島を訪問したオバマ大統領は、「私自身の国と同様、核を保有する国々は、恐怖の論理から逃れ、核兵器のない世界を追求する勇気を持たなければならない」と訴えました。それは、被爆者の「こんな思いを他の誰にもさせてはならない」という心からの叫びを受け止め、今なお存在し続ける核兵器の廃絶に立ち向かう「情熱」を、米国をはじめ世界の人々に示すものでした。そして、あの「絶対悪」を許さないというヒロシマの思いがオバマ大統領に届いたことの証しでした。

 今こそ、私たちは、非人道性の極みである「絶対悪」をこの世から消し去る道筋をつけるためにヒロシマの思いを基に、「情熱」を持って「連帯」し、行動を起こすべきではないでしょうか。今年、G7の外相が初めて広島に集い、核兵器を持つ国、持たない国という立場を超えて世界の為政者に広島・長崎訪問を呼び掛け、包括的核実験禁止条約の早期発効や核不拡散条約に基づく核軍縮交渉義務を果たすことを求める宣言を発表しました。これは、正に「連帯」に向けた一歩です。

 為政者には、こうした「連帯」をより強固なものとし、信頼と対話による安全保障の仕組みづくりに、「情熱」を持って臨んでもらわなければなりません。そのため、各国の為政者に、改めて被爆地を訪問するよう要請します。その訪問は、オバマ大統領が広島で示したように、必ずや、被爆の実相を心に刻み、被爆者の痛みや悲しみを共有した上での決意表明につながるものと確信しています。

 被爆者の平均年齢は80歳を超え、自らの体験を生の声で語る時間は少なくなっています。未来に向けて被爆者の思いや言葉を伝え、広めていくには、若い世代の皆さんの力も必要です。世界の7000を超える都市で構成する平和首長会議は、世界の各地域では20を超えるリーダー都市が、また、世界規模では広島・長崎が中心となって、若者の交流を促進します。そして、若い世代が核兵器廃絶に立ち向かうための思いを共有し、具体的な行動を開始できるようにしていきます。

 この広島の地で「核兵器のない世界を必ず実現する」との決意を表明した安倍首相には、オバマ大統領と共にリーダーシップを発揮することを期待します。核兵器のない世界は、日本国憲法が掲げる崇高な平和主義を体現する世界でもあり、その実現を確実なものとするためには核兵器禁止の法的枠組みが不可欠となります。また、日本政府には、平均年齢が80歳を超えた被爆者をはじめ、放射線の影響により心身に苦しみを抱える多くの人々の苦悩に寄り添い、その支援策を充実するとともに、「黒い雨降雨地域」を拡大するよう強く求めます。

 私たちは、本日、思いを新たに、原爆犠牲者の御霊(みたま)に心からの哀悼の誠を捧(ささ)げ、被爆地長崎と手を携え、世界の人々と共に、核兵器廃絶と世界恒久平和の実現に向けて力を尽くすことを誓います。

平成28年(2016年)8月6日

広島市長 松井一実(かずみ)

 

戦争法廃止を求める5・3静岡総がかり行動

憲法記念日の今日5月3日(火)10時より、常磐公園を会場に、表題の総がかり行動が行われました。
123












最初に総がかり行動実行委員会代表の小長谷保弁護士が挨拶に立たれました。

続いてリレートークで①若者・学生の立場から法月友佑さん、②宗教者の立場からわたし、③女性・母親の立場から村野雪さん、④九条の会所属の弁護士・政治活動を始められた青山雅幸さんが、それぞれの立場でスピーチを行いました。

それから、野党連帯の挨拶で、①民進党参議院議員候補・平山佐知子さん(メッセージ代読:県会議員・佐野愛子さん)、②共産党参議院議員候補・鈴木ちかさん、③社民党静岡県連代表・橋本勝六さんが立たれました。

5・3静岡総がかり行動の宣言が読み上げられ、採択されました。

閉会宣言の後、デモに出発。
常磐公園を出て青葉通りを北に進み、呉服町通りを右折(東に)駅前まで歩きます。
4
若者がマイクを握り、リズムに乗って「戦争反対、戦争法は廃止、戦争法はいらない、憲法守れ、世界に誇れる9条守ろう、平和を守ろう、家族を守ろう、子どもを守ろう、未来を守ろう、民主主義って何だ?立憲主義って何だ?憲法無視する政治家いらない、戦争したがる政治家いらない、選挙に行こう、野党は共闘」と宣言するのに合わせ、皆で声をそろえて大声で楽しく宣言しながら歩きました。

参院選まであと68日、皆の力を結集して、憲法無視の施策を進める安倍政権に“No”を突きつけたいです。



gomizeromirai2さんがYouTubeに動画をアップしておられました。
総がかり行動の集いの様子をご覧ください。





 

5・3静岡総がかり行動

5月3日(火)10時より、静岡市・常磐公園(静岡市葵区常磐3-1)を会場に、戦争法廃止を求める5・3静岡総がかり行動が行われます。
IMG_20160408_0001 
10時から40分間は集会、その後、デモ行進が行われます。

政府の進める「戦争する国作り」、秘密保護法、安保法制(戦争法)の廃止、憲法改悪反対の思いを結集し、夏に予定されている参院選挙において、投票行動でその意志を示しましょう。

思いがけず私も、集会の中でリレートークに参加することになりました。



 

憲法改悪を許さない私たちの共同アクション

今夕、恵泉バプテスト教会(東京都目黒区中目黒)で、河島幸夫先生(西南学院大学名誉教授)の「戦争と教会―ナチズムとキリスト教―」と題する講演会が開催されます。

お近くの方はぜひご参加ください。

IMG_20160122_0001 

第49回思想と信教の自由を守る静岡市民集会

2月11日(木)、静岡県産業経済会館で第49回思想と信教の自由を守る静岡市民集会が開かれました。

今回は、静岡市九条の会連絡会代表の諏訪部史人弁護士を講師に、「戦争をしない国から戦争をする国に」と題する講演を伺いました。


YouTubeに講演の音声をアップしましたので、お聞きください。
 

また、配付された資料をPDFファイルにしました。
下記リンクをクリックしてご覧ください。
URL  https://files.acrobat.com/a/preview/eab81c86-0f3d-4983-95cd-915a8f631a04


いたずらに現状に振り回されず、また、あきらめず失望しないで、後生に憂いを遺さないよう、しっかりと平和を造り出す神の子どもとして、歩んでいきたいと思います。


 

竜爪山九条の会発会9周年のつどい

2月11日は、私たちにとって、我が国の信教の自由を守る日です。

本日、静岡の竜爪山(りゅうそうざん)九条の会が発会9周年のつどいとして、歌う僧侶・鈴木君代さんを招いてライブ&トークを開かれました。
テーマは、「安保法制(戦争)廃止、兵隊も武器もいらない、いのちと平和の大切さを見つめる」です。

 
音声をYouTubeにアップしました。
90分、長いですが、聞いてください。



会場は、浄土真宗大谷派真勝寺の本堂です。
IMG_5492IMG_5493

















ここで九条の会のつどいを開くにあたり、お寺の中でも議論になったそうですが、どこかの政党を支持したり益するためなどではなく、平和のための、憲法を守るためのつどいを開くのは、お寺の務めだろうということで、開催に至ったという話が紹介されました。

IMG_5495その話をされたのが、真勝寺副住職・一郷(いちごう)真(まこと)さんです。
























IMG_5497IMG_5498


















 IMG_5499
京都の真宗大谷派東本願寺・教学研究所主事という肩書きを持つお坊さんの鈴木君代さんが、ギターを手に「いのちと平和を大切にする」思いを「兵戈無用」などの歌にして、あつく歌い、語ってくださいました。


















IMG_5500本堂には、200人くらいいたのでしょうか。バリアフリーで、靴を履いたままの入場でした。

本堂の柱の陰になるような位置に座ることになりましたが、そこここに、モニターが設置されていて、ハイテク設備が整っているなあと思いました。

音響設備がお寺のものかどうかは不明ですが、舞台の横ではミキサーを操る人がいて、トークと歌の時とで設定を変えて、エコーをかけたり切ったりといった操作が行われていました。



あらためて、平和を願い、戦争に反対する思いに宗旨の違いなど、全く問題にはならないこと、人と人が出会い、思いを通わせ合うことの大切さを教えていただきました。
心温まるひとときを過ごすことができ、感謝して帰ってきました。



「竜爪山九条の会9周年のつどい」の案内
IMG_20160204_0001写真をクリックすると、別ウインドウでPDFファイルが開きます。




























長崎平和宣言

長 崎 平 和 宣 言



 昭和20年8月9日午前11時2分、一発の原子爆弾により、長崎の街は一瞬で廃墟と化しました。

 大量の放射線が人々の体をつらぬき、想像を絶する熱線と爆風が街を襲いました。24万人の市民のうち、7万4千人が亡くなり、7万5千人が傷つきました。70年は草木も生えない、といわれた廃墟の浦上の丘は今、こうして緑に囲まれています。しかし、放射線に体を蝕まれ、後障害に苦しみ続けている被爆者は、あの日のことを一日たりとも忘れることはできません。



 原子爆弾は戦争の中で生まれました。そして、戦争の中で使われました。

 原子爆弾の凄まじい破壊力を身をもって知った被爆者は、核兵器は存在してはならない、そして二度と戦争をしてはならないと深く、強く、心に刻みました。日本国憲法における平和の理念は、こうした辛く厳しい経験と戦争の反省のなかから生まれ、戦後、我が国は平和国家としての道を歩んできました。長崎にとっても、日本にとっても、戦争をしないという平和の理念は永久に変えてはならない原点です。

 今、戦後に生まれた世代が国民の多くを占めるようになり、戦争の記憶が私たちの社会から急速に失われつつあります。長崎や広島の被爆体験だけでなく、東京をはじめ多くの街を破壊した空襲、沖縄戦、そしてアジアの多くの人々を苦しめた悲惨な戦争の記憶を忘れてはなりません。

 70年を経た今、私たちに必要なことは、その記憶を語り継いでいくことです。

 原爆や戦争を体験した日本そして世界の皆さん、記憶を風化させないためにも、その経験を語ってください。

 若い世代の皆さん、過去の話だと切り捨てずに、未来のあなたの身に起こるかもしれない話だからこそ伝えようとする、平和への思いをしっかりと受け止めてください。「私だったらどうするだろう」と想像してみてください。そして、「平和のために、私にできることは何だろう」と考えてみてください。若い世代の皆さんは、国境を越えて新しい関係を築いていく力を持っています。

 世界の皆さん、戦争と核兵器のない世界を実現するための最も大きな力は私たち一人ひとりの中にあります。戦争の話に耳を傾け、核兵器廃絶の署名に賛同し、原爆展に足を運ぶといった一人ひとりの活動も、集まれば大きな力になります。長崎では、被爆二世、三世をはじめ、次の世代が思いを受け継ぎ、動き始めています。

 私たち一人ひとりの力こそが、戦争と核兵器のない世界を実現する最大の力です。市民社会の力は、政府を動かし、世界を動かす力なのです。



 今年5月、核不拡散条約(NPT)再検討会議は、最終文書を採択できないまま閉幕しました。しかし、最終文書案には、核兵器を禁止しようとする国々の努力により、核軍縮について一歩踏み込んだ内容も盛り込むことができました。

 NPT加盟国の首脳に訴えます。

 今回の再検討会議を決して無駄にしないでください。国連総会などあらゆる機会に、核兵器禁止条約など法的枠組みを議論する努力を続けてください。

 また、会議では被爆地訪問の重要性が、多くの国々に共有されました。

 改めて、長崎から呼びかけます。

 オバマ大統領、そして核保有国をはじめ各国首脳の皆さん、世界中の皆さん、70年前、原子雲の下で何があったのか、長崎や広島を訪れて確かめてください。被爆者が、単なる被害者としてではなく、“人類の一員”として、今も懸命に伝えようとしていることを感じとってください。

 日本政府に訴えます。

 国の安全保障を核抑止力に頼らない方法を検討してください。アメリカ、日本、韓国、中国など多くの国の研究者が提案しているように、北東アジア非核兵器地帯の設立によって、それは可能です。未来を見据え、“核の傘”から“非核の傘”への転換について、ぜひ検討してください。



 この夏、長崎では世界の122の国や地域の子どもたちが、平和について考え、話し合う、「世界こども平和会議」を開きました。

 11月には、長崎で初めての「パグウォッシュ会議世界大会」が開かれます。核兵器の恐ろしさを知ったアインシュタインの訴えから始まったこの会議には、世界の科学者が集まり、核兵器の問題を語り合い、平和のメッセージを長崎から世界に発信します。

 「ピース・フロム・ナガサキ」。平和は長崎から。私たちはこの言葉を大切に守りながら、平和の種を蒔き続けます。

 また、東日本大震災から4年が過ぎても、原発事故の影響で苦しんでいる福島の皆さんを、長崎はこれからも応援し続けます。



 現在、国会では、国の安全保障のあり方を決める法案の審議が行われています。70年前に心に刻んだ誓いが、日本国憲法の平和の理念が、いま揺らいでいるのではないかという不安と懸念が広がっています。政府と国会には、この不安と懸念の声に耳を傾け、英知を結集し、慎重で真摯な審議を行うことを求めます。

 被爆者の平均年齢は今年80歳を超えました。日本政府には、国の責任において、被爆者の実態に即した援護の充実と被爆体験者が生きているうちの被爆地域拡大を強く要望します。

 原子爆弾により亡くなられた方々に追悼の意を捧げ、私たち長崎市民は広島とともに、核兵器のない世界と平和の実現に向けて、全力を尽くし続けることを、ここに宣言します。

                

2015年(平成27年)8月9日

長崎市長  田上 富久



 70年前、悲惨な敗戦を経験し、その上、むごい原爆の被害を受けた長崎、広島の人々とともに、他国の人々の命と財産を奪い合う愚かな戦争は二度としないと誓いを新たにし、原爆だけでなく、平和利用であっても被爆者を生み出してしまう核を全廃する仕組みを世界中で作り上げるため、英知を集めたい。そのために、身を粉にして働く日本であってほしいと願う。






広島平和宣言

 私たちの故郷(ふるさと)には、温かい家族の暮らし、人情あふれる地域の絆、季節を彩る祭り、歴史に育まれた伝統文化や建物、子どもたちが遊ぶ川辺などがありました。1945年8月6日午前8時15分、その全てが一発の原子爆弾で破壊されました。きのこ雲の下には、抱き合う黒焦げの親子、無数の遺体が浮かぶ川、焼け崩れた建物。幾万という人々が炎に焼かれ、その年の暮れまでにかけがえのない14万もの命が奪われ、その中には朝鮮半島や、中国、東南アジアの人々、米軍の捕虜なども含まれていました。

 辛うじて生き延びた人々も人生を大きく歪(ゆが)められ、深刻な心身の後遺症や差別・偏見に苦しめられてきました。生きるために盗みと喧嘩(けんか)を繰り返した子どもたち、幼くして原爆孤児となり今も一人で暮らす男性、被爆が分かり離婚させられた女性など−−苦しみは続いたのです。

 「広島をまどうてくれ!」これは、故郷や家族、そして身も心も元通りにしてほしいという被爆者の悲痛な叫びです。

 広島県物産陳列館として開館し100年、被爆から70年。歴史の証人として、今も広島を見つめ続ける原爆ドームを前に、皆さんと共に、改めて原爆被害の実相を受け止め、被爆者の思いを噛(か)みしめてみたいと思います。

 しかし、世界には、いまだに1万5000発を超える核兵器が存在し、核保有国等の為政者は、自国中心的な考えに陥ったまま、核による威嚇にこだわる言動を繰り返しています。また、核戦争や核爆発に至りかねない数多くの事件や事故が明らかになり、テロリストによる使用も懸念されています。

 核兵器が存在する限り、いつ誰が被爆者になるか分かりません。ひとたび発生した被害は国境を越え無差別に広がります。世界中の皆さん、被爆者の言葉とヒロシマの心をしっかり受け止め、自らの問題として真剣に考えてください。

 当時16歳の女性は「家族、友人、隣人などの和を膨らませ、大きな和に育てていくことが世界平和につながる。思いやり、やさしさ、連帯。理屈ではなく体で感じなければならない」と訴えます。当時12歳の男性は「戦争は大人も子どもも同じ悲惨を味わう。思いやり、いたわり、他人や自分を愛することが平和の原点だ」と強調します。

 辛(つら)く悲しい境遇の中で思い悩み、「憎しみ」や「拒絶」を乗り越え、紡ぎ出した悲痛なメッセージです。その心には、人類の未来を見据えた「人類愛」と「寛容」があります。

 人間は、国籍や民族、宗教、言語などの違いを乗り越え、同じ地球に暮らし一度きりの人生を懸命に生きるのです。私たちは「共に生きる」ために、「非人道の極み」、「絶対悪」である核兵器の廃絶を目指さなければなりません。そのための行動を始めるのは今です。既に若い人々による署名や投稿、行進など様々(さまざま)な取り組みも始まっています。共に大きなうねりを創りましょう。

 被爆70年という節目の今年、被爆者の平均年齢は80歳を超えました。広島市は、被爆の実相を守り、世界中に広め、次世代に伝えるための取り組みを強化するとともに、加盟都市が6700を超えた平和首長会議の会長として、2020年までの核兵器廃絶と核兵器禁止条約の交渉開始に向けた世界的な流れを加速させるために、強い決意を持って全力で取り組みます。

 今、各国の為政者に求められているのは、「人類愛」と「寛容」を基にした国民の幸福追求ではないでしょうか。為政者が顔を合わせ、対話を重ねることが核兵器廃絶への第一歩となります。そうして得られる信頼を基礎にした、武力に依存しない幅広い安全保障の仕組みを創り出していかなければなりません。その実現に忍耐強く取り組むことが重要であり、日本国憲法の平和主義が示す真の平和への道筋を世界へ広めることが求められます。

 来年、日本の伊勢志摩で開催される主要国首脳会議、それに先立つ広島での外相会合は、核兵器廃絶に向けたメッセージを発信する絶好の機会です。オバマ大統領をはじめとする各国の為政者の皆さん、被爆地を訪れて、被爆者の思いを直接聴き、被爆の実相に触れてください。核兵器禁止条約を含む法的枠組みの議論を始めなければならないという確信につながるはずです。

 日本政府には、核保有国と非核保有国の橋渡し役として、議論の開始を主導するよう期待するとともに、広島を議論と発信の場とすることを提案します。また、高齢となった被爆者をはじめ、今この時も放射線の影響に苦しんでいる多くの人々の苦悩に寄り添い、支援策を充実すること、とりわけ「黒い雨降雨地域」を拡大するよう強く求めます。

 私たちは、原爆犠牲者の御霊(みたま)に心から哀悼の誠を捧(ささ)げるとともに、被爆者をはじめ先人が、これまで核兵器廃絶と広島の復興に生涯をかけ尽くしてきたことに感謝します。そして、世界の人々に対し、決意を新たに、共に核兵器廃絶と世界恒久平和の実現に向けて力を尽くすよう訴えます。

平成27年(2015年)8月6日

広島市長 松井 一実


 米軍は、戦争を虐殺に変えた。日本の空爆により、兵士だけでなく一般市民を戦争に巻き込んだ。そのうえ、核爆弾という大量虐殺の道具を使った。その必要性は全くなかったにもかかわらず、二度までも。そのことは、時がどれほど経過しても、忘れてはならない大罪だと思う。
 しかし、被爆者は、爆弾だけでなく、
核のどのような利用にもかかわらず、そもそもウラン鉱石を採掘するところから精錬、その他様々な工程において、産み出されていく。原発事故による被爆もどれほど深刻なことか。核の全廃を真剣に考えなければならないところにきている。自分で自分の首を絞めないために。

 

 

livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 4月30日(日)主日礼拝説教
  • 4月30日(日)主日礼拝案内
  • 4月23日(日)主日礼拝説教
  • 4月23日(日)主日礼拝案内
  • 4月16日(日)イースター礼拝 劇・説教
  • ハッピー・イースター案内
  • 4月16日(日)イースター礼拝案内
  • コンテンポラリーダンス公演
  • 花見日和
  • 花見日和
  • 花見日和
  • 4月9日(日)主日礼拝説教
  • 桜がほぼ満開に
  • 桜がほぼ満開に
  • 桜がほぼ満開に
livedoor 天気
J-CASTニュース
楽天市場
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ