風の向くまま

新共同訳聖書ヨハネによる福音書3章8節より。いつも、聖霊の風を受けて爽やかに進んでいきたい。

教会

8月19日(日)主日礼拝案内

03

8月19日(日)は、教会学校小学科、少年少女科(中学生~18歳)を9時半から、成人科(18歳以上)を9時45分から行います。

「聖書教育」誌にもとづいて、旧約聖書・創世記から、共に聖書の学びと交わりを行います。


主日礼拝を10時半から行います。

主日礼拝では、ルカ福音書13章1~9節より、「悔い改めなさい」と題して、原田牧師より説教をいただきます。



写真をクリックすると静岡教会公式サイトの礼拝説教の頁が開きます。
そこで、当日の礼拝プログラムを見ることができます。


キリスト教の集会は初めてという方もお気軽にご参加ください。


礼拝後、昼食会(300円・自由参加)を行います。

昼食会後、各会の例会を行います。






 

静岡教会公式サイト更新

静岡教会の公式サイトを更新しました。

①「礼拝説教」に8月12日(日)主日礼拝の礼拝プログラムと説教動画(YouTube)を掲載しました。

②「今週の報告」、「フォトギャラリー」を更新しました。

③「お知らせ」は随時更新しています。

④「今日の御言葉」は毎日更新しています。


御覧ください。



今日8月14日は、カトリック教会の聖マキシミリアノ・マリア・コルベ司祭・殉教者の祝日です。

コルベ神父は、1894年1月8日、ポーランドの織物職人の家に生まれ、ライムンドと名付けられました。

1907年にフランシスコ会に入会、1910年に修練院に入ることを許され、翌11年に初誓願を立ててマキシミリアンの名を与えられました。さらに、1914年にローマで、聖母マリアへの崇敬を示すため、マリアの名を取って、マキシミリアノ・マリアとなりました。

コルベ神父は1930年に来日、長崎で布教活動を行い、聖母の騎士修道院を建てました。

1936年にポーランドに帰国。その後、第二次世界大戦中、ゲシュタポによる偽造文書によって反ナチスとして訴えられ、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所に収容されました。この時、20人の修道士が神父の身代わりを申し出ましたが、すべて却下されたそうです。

1941年7月末、コルベ神父たちの班から一人の脱走者が出ました。そこで、見せしめと責任のために10人の人がランダムに選ばれ、餓死室に送られることになりました。選び出された内の一人のポーランド人・ガイオニチェクが、「私には妻も子どももいる」と叫び声をあげました。

そのとき、コルベ神父が静かに進み出て、「私が彼の身代わりになります。私はカトリック司祭で妻も子もいませんから」と言い、それが認められて地下牢の餓死室に送られました。コルベ神父は餓死室で他の囚人たちを慰め、聖歌を歌い、祈りを共に捧げていたそうです。

2週間経って生き残っていた4人の中に、結核を患って一番体の弱いはずのコルベ神父もいました。最後はフェノール(石炭酸)注射によって殺害されました。しかし、死に顔は穏やかだったそうです。それが77年前、1941年の今日8月14日のことです。翌日、「聖母の被昇天祭」(8月15日)に木の棺に入れられ、火葬されました。

1971年10月17日に教皇パウロ6世によって福者とされ、1982年10月17日、教皇ヨハネ・パウロ2世によって「愛の殉教者」として聖人の列に加えられました。

コルベ神父の列福式、列聖式の式場には、命助けられたガイオニチェクも参列していました。ガイオニチェクは、奇跡的に終戦まで生き延びて解放され、94歳で天に召されるまで、世界各地でコルベ神父に関する講演を続けていたそうです。



コルベ神父が建てた聖母の騎士修道院の奥に、円形レンガ貼りの聖コルベ記念館(本河内2-2-1)があります。1986年の開館です。

年間六千人が訪れるという聖コルベ記念館の館内中央には、当時のままに復元されたコルベ神父が使用していた机やイスを配置した「聖コルベの部屋」があります。そしてその部屋を取り囲むように、数々の資料が展示されています。

展示されているのは、コルベ神父着用の祭服、典礼書、帽子、手紙、それにコルベ神父直筆の長崎日記など。また、アウシュビッツ強制収容所での出来事を示す写真やナチスによる死亡報告書、爆破されたアウシュビッツの火葬場のレンガの破片と人骨片。遺髪。

コルベ神父は永井隆博士とも交流があり、コルベ神父は彼の診察を受けて、結核と診断されていました。胸のレントゲン写真フィルムや、永井隆博士の書簡も残されています。


1981年に来日したローマ法王ヨハネ・パウロ二世が、聖母の騎士修道院と聖コルベ小聖堂を訪れ、コルベ神父の遺品の数々に接し、大きな感動を受けて涙ぐんでいたそうです。それが、記念館の開館につながったのでしょうか。

記念館には資料室長として小崎登明修道士がおられ、貴重な展示品の説明をしてくださるそうです。2009年9月21,22日に長崎の活水女学院のチャペルを会場に開催された九州バプテスト大会において、講師の一人・小崎修道士の「長崎で学ぶ愛と命の証し」と題する講演の中で、コルベ神父の話を伺ったのを思い出します。


また、大浦天主堂へ向かう坂の途中にある聖コルベ館(南山手2-6)は、1995年に開館しました。コルベ神父が長崎に来ておよそ1年の間、仮の修道院として活動拠点としたのが、その場所です。当時の洋館(木造)は焼失しましたが、そこで使われていたレンガ造りの暖炉が残っています。ここには、写真や手紙、遺髪など約70点が展示されています。


長崎へお越しの際には、立ち寄ってみてください。




8月12日(日)主日礼拝説教

8月12日(日)の主日礼拝には、教会員16名、来賓8名(初来会者2名を含む)がお見えになりました。感謝です。


主日礼拝の説教動画をYouTubeにアップしました。

説教 「ときを見分ける」
聖書 ルカ福音書12章49~59節
説教者 原田攝生 日本バプテスト静岡キリスト教会牧師


御覧ください。





8月12日(日)主日礼拝案内

03

8月12日(日)は、教会学校小学科、少年少女科(中学生~18歳)を9時半から、成人科(18歳以上)を9時45分から行います。

「聖書教育」誌にもとづいて、旧約聖書・創世記から、共に聖書の学びと交わりを行います。


主日礼拝を10時半から行います。

礼拝では、ルカ福音書12章49~59節より、「ときを見分ける」と題して、原田牧師より説教をいただきます。



写真をクリックすると静岡教会公式サイトの礼拝説教の頁が開きます。
そこで、当日の礼拝プログラムを見ることができます。


キリスト教の集会は初めてという方もお気軽にご参加ください。


午後1時より、定例執事会が行われます。


当日、昼食会はありません。










 

静岡教会公式サイト更新

静岡教会の公式サイトを更新しました。

①「礼拝説教」に8月5日主日礼拝の礼拝プログラムと説教動画(YouTube)を掲載しました。

②「今週の報告」、「今月の御言葉」を更新しました。

③「お知らせ」は随時更新しています。

④「今日の御言葉」は毎日更新しています。


御覧ください。




8月5日(日)主日礼拝説教

8月5日(日)の主日礼拝には、教会員14名、来賓20名(新来会者1名、中学生2名、子ども2名を含む)がおいでになりました。
礼拝後の昼食会にも19名の参加がありました。
感謝です。


主日礼拝の説教動画をYouTubeにアップしました。

説教 「目を覚ましていよう」
聖書 ルカ福音書12章35~48節
説教者 原田攝生 日本バプテスト静岡キリスト教会牧師


御覧ください。













8月5日(日)主日礼拝案内

03

8月5日(日)は、教会学校小学科、少年少女科(中学生~18歳)を9時半から、成人科(18歳以上)を9時45分から行います。

「聖書教育」誌にもとづいて、旧約聖書・創世記から、共に聖書の学びと交わりを行います。


主日礼拝を10時半から行います。

礼拝では、ルカ福音書12章35~48節より、「目を覚ましていよう」と題して、原田牧師より説教をいただきます。



写真をクリックすると静岡教会公式サイトの礼拝説教の頁が開きます。
そこで、当日の礼拝プログラムを見ることができます。


キリスト教の集会は初めてという方もお気軽にご参加ください。


礼拝後、昼食会(有料・自由参加)を行います。


昼食会後、CSリーダー聖書研究会が行われます。






 

静岡教会公式サイト更新

静岡教会の公式サイトを更新しました。

①「礼拝説教」に7月29日主日礼拝の礼拝プログラムと説教動画(YouTube)を掲載しました。

②「今週の報告」を更新しました。

③「お知らせ」は随時更新しています。

④「今日の御言葉」は毎日更新しています。


御覧ください。





ちょうど10年前、ブログを始めました。
このような形で続けて来られるとは思っていませんでした。

初めはディオンを利用していましたが、2010年の春から更新のしやすさでライブドアを利用するようになりました。
後でプロバイダを変更した結果、ディオンのときに掲載した写真は見られなくなってしまいました。
当時の写真ファイルをパソコンに残していないので、ブログに掲載した写真は復元できません(捜せば、どこかにあるのですが・・・)。

今後どうなるのかということも、定かではありませんが、満10年を迎えたということを、ここに記録しておきたいと思いました。

いつも拙い文章を御覧くださっている方々に感謝いたします。







7月29日(日)主日礼拝説教

昨夜遅く、台風12号が駿河沖を西に進みました。強い雨風に見舞われましたが、特に被害は出ませんでした。

7月29日(日)の主日礼拝には、教会員13名、来賓17名(子ども2名を含む)がお見えになりました。
礼拝後、12名の参加で第8回静岡教会一日愛修会を行いました。
感謝です。


主日礼拝の説教動画をYouTubeにアップしました。

説教 「神の国を求めよ」
聖書 ルカ福音書12章22~34節
説教者 原田攝生 日本バプテスト静岡キリスト教会牧師


御覧ください。




7月29日(日)主日礼拝案内

031
7月29日(日)は、教会学校小学科、少年少女科(中学生~18歳)を9時半から、成人科(18歳以上)を9時45分から行います。

「聖書教育」誌にもとづいて、旧約聖書・創世記から、共に聖書の学びと交わりを行います。


主日礼拝を10時半から行います。

礼拝では、ルカ福音書12章22~34節より、「神の国を求めよ」と題して、原田牧師より説教をいただきます。



写真をクリックすると静岡教会公式サイトの礼拝説教の頁が開きます。
そこで、当日の礼拝プログラムを見ることができます。


キリスト教の集会は初めてという方もお気軽にご参加ください。


礼拝後、第8回教会一日愛修会(主の御言葉と祈りの修養会)を行います。


昼食会はありません。






プロフィール

pastabco

記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 8月19日(日)主日礼拝案内
  • 8月12日(日)主日礼拝説教
  • 8月12日(日)主日礼拝案内
  • 8月5日(日)主日礼拝説教
  • 8月5日(日)主日礼拝案内
  • 見ようとしなければ見えない
  • 見ようとしなければ見えない
  • 7月29日(日)主日礼拝説教
  • 7月29日(日)主日礼拝案内
  • 7月22日(日)主日礼拝説教
  • 7月22日(日)主日礼拝案内
  • 7月15日(日)主日礼拝説教
  • 7月15日(日)主日礼拝案内
  • 7月8日(日)主日礼拝説教
  • 7月8日(日)主日礼拝案内
livedoor 天気
J-CASTニュース
楽天市場
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ