風の向くまま

新共同訳聖書ヨハネによる福音書3章8節より。いつも、聖霊の風を受けて爽やかに進んでいきたい。

日記

近況報告

主治医の都合で予約が変更されて、少し早く受診しました。
病状はなく、検査の結果もそれを裏付けていました。

昨年8月末に病状が発現し、新しい治療を始めて8ヶ月あまり。
昨年末には症状がなくなっていたから、およそ半年、寛解状態が続いてきたことになります。

その前、一昨年末に病状が出て治療し、8月初めに内視鏡検査で寛解を確認して3週間後に症状が出ました。
その前も、内視鏡検査後3週間で症状が見られ、それが2度目の入院(2014年5月のこと)につながりました。

内視鏡検査も持病にとって大きなストレスだということですが、病気が癌に進行する可能性も低くないことから、検査をしないわけにも行かず、それで新しい治療を受け入れたわけで、なかなか気が抜けません。

持病の他にも健康を損ねる要素は様々あるので、健康な生活を心がけていきたいと思います。



話は変わりますが、今日5月20日は世界計量記念日です。
1875年の今日、度量衡の国際的統一を目指してフランスでメートル法に関する条約が締結されました。
条約に加わったのは、当初17カ国でした。

度量衡が統一されることで、国際的なもの作りということでは、大きな意味があると思いますが、しかし、例えばわが国では尺貫法があるように各国固有の度量衡を持っているので、どの国の基準に合わせるのかは、どうでも良い問題ではありません。

フランスがその基準を提案したということは、もの作りなどで国際的に支配する思惑を持っていたということになります。
それが出来る国力を有していたといってもよいでしょう。

ただ、条約締結直前に普仏戦争が勃発、フランスが敗れ、ナポレオン3世は亡命しました。
条約締結の会議はフランスとドイツの政争の場となり、戦争の影響もあって、フランスはメートル法を支配する立場を失います。
その結果、支配権が国際度量衡総会に移されることになりました。
まあ、良かったですね。

条約締結以後、計測学が非常に発達したそうです。

高校2年に進級する春休み、地図を造るための測量会社でアルバイトをしたことがあります。
地図の等高線を引く仕事の他、測量助手として測量用のポールを持って現場に立ち、高低差、距離などの測量に出かけたことがあります。
かなり良いバイト料をいただいたように記憶しています。
それも、メートル法に関する条約締結のお蔭かも?






近況報告

これから、地方連合連絡協議会という日本全国13地方にあるバプテスト連盟所属の教会の代表が集まる会議のため、南浦和の日本バプテスト連盟事務所に出かけます。
今日から明後日10日(水)お昼までの会議です。
家を出てバス、電車を乗り継ぎ、3時間ほどで事務所に到着する予定です。

明日~明後日、ブログを更新することが出来ないかも知れません。
ご了承ください。

大牟田にいたとき、南九州地方連合(熊本・宮崎・鹿児島・沖縄と福岡県大牟田市にある教会の集まり)の代表として参加したことがあります。
4年前のことでした。

楽しいとは申せませんが、大切な会議だと認識しています。
有意義な話し合いが出来るようお祈りください。

では、皆様に主の恵みと平安が豊かにありますように。

花見日和

001
ようやくすっきりとした晴れ間が。

満開になって初の花見日和。








006 



















008
予定してはいませんでしたが、用事で教会においでになった方々とお花見ランチ。

とても美味しかったです。 

桜がほぼ満開に

001庭の桜がほぼ満開となりました。

先週の日曜日はまだ咲いていなかったので、ここ数日で一気に開いたわけです。










003表の桜

8分咲きといったところでしょうか。


よく見ると、満開になる前に葉が出て来そうです。








004
 桜通。。。



曇り空なのが残念です。 

近況報告

先日、病院に行きました。

年度末だったせいか、いつもは混んでいるのに、ずいぶんスムーズに診療を終えました。
お蔭様でこの半年自覚症状はなく、血液検査の結果も全く異常なしというものでした。
現在の治療が上手くいっている証拠だろうということで、これを継続します。
皆様のお祈りに感謝します。

このままずっと寛解状態が続いてくれれば、言うことなしです。
そのために、もう少し健康な生活をとおもうのですが。。。
主よ、お導きください。

言うまでもないことですが、これはエイプリルフールではありません。

今日から2017年度が始まりました。
4月になったというのに、庭の桜の花はまだ数えるほど。
今年の開花はかなり遅い。
入学式にも間に合わないのでは?
こりゃ、ゴールデンウィークに花見ということになるかなあ?
それも一興かも?!


 

東日本大震災被災地訪問

3月11日(土)は、東日本大震災が発生してから満6年の記念日です。
仏式には、「七回忌」というところです。

被災地に暮らす人々にとって、これまで復興の道筋がはっきりと見えず、不安な時間が長く続いて来たことでしょう。
それでも、ようやく道路が整備され、土地の造成が進んでいます。
あと2年すれば、殆どの人々が「仮設」ではないところで生活を始められるようになるようです。

そのときに、被災者の「自己責任」などでなく、皆で新しい生き方を考え、構築する努力と工夫が出来る関係作りが必要だと、改めて思わされました。

IMG_0439遠野市役所の出張所が商業施設の中にあり、そこに犠牲者追悼の記帳所が設けられていました。











IMG_0505大槌町の震災津波追悼式会場です。
定刻前、来場者による献花が続いていました。











IMG_0514役場を見下ろす城山の上に、身元不明物故者の納骨堂が設けられていました。多くの方が献花に訪れています。






IMG_0482城山から町を眺めると、道路が整備され、造成、区画整理が進められていました。






IMG_0521
地震発生時刻を知らせるサイレンを吉里吉里の海岸で聞きました。
多くの方が津波にのまれて命を落とし、未だに行方の知れない方が大勢おられます。





IMG_0538商業施設駐車場で、3.11を記念するキャンドルナイトが行われていました。







IMG_0516商業施設の中では、記念のギターライブが行われていました。
彼らは大阪から毎年来られているデュオです。
ステージにおかれているギターは、泥の中から引き出され、奇跡的に修復されたものだと紹介されていました。




IMG_05523月12日(日)、釜石新生教会の記念礼拝に参加しました。
写真は、メッセージを語られる柳谷先生です。






IMG_0547ゲストに福音歌手の森祐理さんが招かれ、歌とメッセージを届けてくださいました。


柳谷先生も森さんも、「当たり前のことを感謝する。大きな傷を負ってそれを元に戻すこと、なかったことにすることは出来ない。しかし、傷を負いつつ生き残ったからこそ担う新しい使命がある」とお語りくださいました。

心に深く刻みたい言葉でした。




今回、被災地を訪れることが出来た恵みと導きを、神に感謝しています。




近況報告

昨日、病院を受診しました。

血液検査の結果は良好、どこにも異常がありませんでした。

症状も全くない状況です。

このまま、この状態が保たれるようにと願っています。



今日、三重県より5時間かけて旧き友が訪ねて来ました。
「朋あり、遠方より来たる。また楽しからずや」(「有朋自遠方来不亦楽」、孔子『論語』の一節)。
30年ぶりの再会といってよいでしょう。

数日前、ふっと私の名前を思い出してネットで検索。
静岡にいることが分かって、ちょうど仕事の都合で牧ノ原、藤枝に来るので、足を伸ばして訪ねてみようと思ってくれたそうです。
便利な時代になりました。

しばらく教会に行けていなかったが、最近、再び教会に行けるようになり、聖書の御言葉を聞くのが楽しくて仕方がないと、本当に嬉しくなる言葉を聞かせてくれました。

明日教会においでになる方々の内、どれほどの方が「聖書の御言葉を聞くのが楽しくて仕方がない」と思ってくださるだろうかと思い、主の助けと導きを祈りつつ、今準備の冷や汗を流しています。

S.D.G!




 

近況報告

10日(火)から16日(月)まで、冬期休暇で教会を離れます。
その間、「今日の御言葉」の更新が出来ません。
ご了承ください。


 

2016年度西関東地方連合ファミリーキャンプ

1月8日(日)午後5時~1月9日(月)午後1時、天城山荘を会場に、西関東地方に立てられたバプテスト教会合同のファミリーキャンプが開催されました。

今回は、 6教会より27名が一堂に会し、講師:小林洋一先生(西南学院大学名誉教授・長住教会員)より「旧約聖書における戦争と平和」と題して2回の講演を伺いました。

003 





開会礼拝で連合会長の伊藤先生(浜松教会牧師)よりメッセージを頂きました。
それに先立ち、集った方々が「お久しぶり」、「初めまして」などと挨拶を交わし、お互いを歓迎し合いました。

004005007





旧約聖書に記されている戦争の形態、多くの戦争が記されている理由、聖書をどのように読めば良いのかなどということを、懇切丁寧にお話しくださいました。

その結びに、平和のヴィジョンと現実融合のしるしとして、①旧約聖書はそれ自体で完結した書物ではなく、新約聖書へと開かれていること、②主イエスは暴力を甘んじて受けられ、その死によって、暴力を超越する道は、暴力の甘受以外にはないことを明らかにされた、③平和のヴィジョンと現実は、イエス・キリストにあって融合された.イエスは平和のヴィジョンと現実融合のしるしであり希望となられた。世界の平和の始まりは、自分のうちに平和を持つこと、心のシャロームを求めようと語ってくださいました。

お語りくださったすべてのことがよく分かったというわけではありません。むしろ、これから教えられたことを繰り返し反芻しながら、少しずつ胃の腑に収めていかなければならないと思っています。とても刺激的で興味深い学びを与えてくださった小林先生、キャンプを企画推進してくださった連合役員、そして、主なる神の導きに心から感謝しています。



 

明けましておめでとうございます

IMG_20170102_0003







ようやく年賀状を書けるようになりました。

今年も宜しくお願いいたします。 

皆様に主イエスの祝福、恵みと導きがこの年も常に豊かにありますように。 
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 福音歌手 森祐理 25周年記念コンサート
  • ペシャワール会・中村哲 講演会
  • 日比恵三・平井陽子 Duo Concert
  • 三上智恵監督映画「標的の島」上映 
  • 三上智恵監督映画「標的の島」上映 
  • 6月25日(日)主日礼拝説教
  • 6月25日(日)主日礼拝案内
  • 6月18日(日)主日礼拝案内
  • 6月11日(日)主日礼拝説教
  • 6月11日(日)主日礼拝案内
  • 6月4日(日)主日礼拝説教
  • 6月4日(日)主日礼拝案内
  • 映画「標的の島 風(かじ)かたか」先行上映
  • 映画「標的の島 風(かじ)かたか」先行上映
  • 5月28日(日)主日礼拝説教
livedoor 天気
J-CASTニュース
楽天市場
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ