「しかし、今はアマレク人とカナン人があの平野に住んでいるから、向きを変え、明日、葦の海の道を通って、荒れ野に向けて出発しなさい。」 民数記14章25節

 パランの荒れ野、カデシュ・バルネアから、主なる神がイスラエルの民に賜ろうとしている約束の地カナンを偵察したところ、そこは確かに「乳と蜜が流れる」と言われるほど豊かな土地でした(13章23,27節)。けれども、先住民はとても強そうで(同28,29節)、彼らと戦ってもイスラエルに勝ち目はないと、斥候たちには思われました。

 そこで、「あの民に向かって上って行くのは不可能だ。彼らは我々よりも強い」(同31節)と言い、「我々が偵察してきた土地は、そこに住み着こうとする者を食い尽くすような土地だ。我々が見た民は皆、巨人だった」(同32節)、「我々は、自分がいなごのように小さく見えたし、彼らの目にも沿う見えたに違いない」(同33節)と言って、カナンの地に向かって行くことに反対しました。

 斥候たちの悪い情報を聞いたイスラエルの民は、エジプトか、この荒れ野で死ぬ方がまだましだ。カナンの地に行けば、自分たちは剣で殺され、妻子は奪われてしまう。そうなる前にエジプトに引き返そうと言い出します(2~4節)。イスラエルの民にとって、エジプトの国を逃れ出たことは、自分たちに対する神の悪意のようにしか思えなくなっていたのです。

 一方、ヌンの子ヨシュアとエフネの子カレブの二人は、「我々が偵察してきた土地は、とても素晴らしい土地だった。もし、我々が主の御心にかなうなら、主は我々をあの土地に導き入れ、あの乳と蜜の流れる土地を与えてくださるであろう」(7,8節)と告げ、「ただ主に背いてはならない。あなたたちは、そこの住民を恐れてはならない。彼らは我々の餌食に過ぎない」(9節)と進言します。

 けれども、共同体全体はすっかりほかの斥候たちの悪い情報に洗脳され、ヨシュアたちの言葉に耳を貸さないだけでなく、彼らを石で打ち殺せと言います(10節)。律法に定められた石打ちの刑は、神を冒涜する者や父母に不従順な者、姦淫をする者などに執行されるものですが(レビ記24章14節以下、申命記21章18節以下、22章21節以下など)、ここでは本末転倒の状況になっています。

 そのとき、主の栄光がイスラエルのすべての民に現れます(10節)。主が臨在の幕屋に臨んでおられること、神の権威をもって民を裁こうとしておられることが、強く印象づけられます。主は「この民は、いつまでわたしを侮るのか」(11節)と言われ、「わたしは、疫病で彼らを撃ち、彼らを捨て、あなたを彼らよりも強大な国民としよう」(12節)と告げられます。

 それを聞いたモーセは、「もし、あなたがこの民を一挙に滅ぼされるならば、あなたの名声を聞いた諸国民は言うことでしょう。主は、与えると誓われた土地にこの民を連れて行くことができないので、荒れ野で彼らを殺したのだ、と」(15,16節)と主なる神をいさめます。

 そして、「今、わが主の力を大いに現してください。あなたはこう約束されました。『主は、忍耐強く、慈しみに満ち、罪と背きを赦す方。しかし、罰すべき者を罰せずにはおかれず、父祖の罪を子孫に三代、四代までも問われる方である』と。どうか、あなたの大きな慈しみのゆえに、また、エジプトからここに至るまで、この民を赦してこられたように、この民の罪を赦してください」(17節以下)と訴えます。

 主なる神は、驚くべきことに、このモーセの執り成しを受けて、いったん振り上げた拳を静かに降ろされます。その時に語られたのが冒頭の言葉(25節)で、主は「向きを変え、明日、葦の海の道を通って、荒れ野に向けて出発しなさい」と言われたのです。

 イスラエルの民がいるカデシュ・バルネアからは、約束の地カナンは、もう目と鼻の先でした。ようやくそこまでやって来ていたのに、「回れ右、前に進め」という号令がかかったのです。目指すのは約束の地ではなくて「荒れ野」です。

 主は、イスラエルの民を疫病で直ちに打ち滅ぼされたりはなさいませんでしたが、主の声に聞き従わなかった者はだれ一人として先祖に誓った土地を見ることはない、主を蔑ろにする者は荒れ野で死に絶え、約束の地に入ることは出来ないと言われたのです(26節以下、35節)。

 主は、主を否む罪を不問にはされません。主に従って約束の地に進むより、荒れ野で死んだ方がましだと、自ら語ったとおりになるのです(3,27,28節)。子どもたちも、親が神に反抗した罪の呪いを負って、40年の荒れ野の生活を余儀なくされました(34節)。神を否む者は、父祖の罪が子孫に三代、四代までも問うと、十戒に言われていたとおりです(18節、出エジプト20章5節)。

 イスラエルの民が約束の地に入れなくなったのは、彼らが御言葉に信頼出来なかったからです(ヘブライ書4章2節参照)。斥候の言葉を聞いて、主の御言葉に従うのは無理、そうするには問題が大きすぎると考えたのです。その問題のゆえに主なる神がとても小さく、否むしろ、主の姿が全く見えなくなっていたのです。

 ただ、エフネの子カレブは違いました。彼は、目前の問題よりも主なる神の方が大きいと考えたのです。御言葉は必ず実現すると信じることの出来た者はなんと幸いでしょうか(ルカ福音書1章45節)。カレブは、ヨシュアと共に約束の地に入ることを許されました(24,30,31,38節)。

 多数決のルールに従えば、12人中10人が反対したのですから、約束の地に上って行かないという結論になるわけですが、しかし、神の民イスラエルにとって肝心なのは、主の御心はどうなのか、主なる神はどのように仰っているのかということです。

 ここで主は「荒れ野に向けて出発しなさい」と仰っていますが、荒れ野という場所が問題なのではありません。主が共におられるなら、たとえ嵐が来ようが、飲み水や食べ物がなかろうが、それらが問題ではありません。主のもとに、すべての問題の解決があるからです。

 荒れ野は私たちを試します。私たちが誰を頼りにしているのか、何に信頼を寄せているのかを試します。あなたが信頼しているのは、物ですか、人ですか。自分自身ですか。それとも主なる神ですか。荒れ野は、私たちが徹底的に神を信じ、その御言葉を信頼して従うことが出来るようにように訓練してくれる場所なのです。

 荒れ野は、裁きの場所、滅びの場所というだけではありません。明日を約束する道でもあります。「お前たちは、子供たちが奪われると言ったが、わたしは彼らを導き入れ、彼らは、お前たちの拒んだ土地を知るようになる」(31節)と約束されています。

 主に信頼し、その御言葉に耳を傾けつつ、明日に向かって踏み出しましょう。明日を約束する主イエスを信じましょう。

 主よ、現実に振り回され、目に覆いが掛かってあなたが見えなくなる私たちの不信仰、不従順をお赦しください。いつも御顔を仰ぎ、御言葉を拝聴させてください。私たちを試みに遭わせず、悪しき者からお救いください。御言葉に信頼を置き、希望をもって前進することが出来ますように。 アーメン