2月14日(日)の主日礼拝には、教会員15名、来賓7名(子ども1名を含む)がお見えになりました。感謝です。

本日は礼拝の中で、日本ギデオン協会静岡支部より2名の方をお迎えし、その働きの報告と証しを伺い、ギデオン協会のお働きのために献金をお献げしました。
国際ギデオン協会は1899年の創立以来、全世界で20億冊を越える聖書を、ホテル・病院・刑務所などに配布し、また自衛官・警察官・学生・生徒・医療に携わる方々に、贈呈して来られました。
私たちの献金はすべて、贈呈用の聖書を作るのに用いられています。



主日礼拝の説教動画をYouTubeにアップしました。

説教 「富への執着」
聖書 創世記30章25~36節
説教者 原田攝生牧師



ご覧ください。




1都2府8県に2月7日(日)までの期限で発令された緊急事態宣言が、1県を除き、3月7日(日)までに延長されました。


静岡県内では、外出の自粛要請などが解除されたことに続き、2月8日(月)に県独自で発令したコロナ変異種の感染拡大緊急警報も解除されました。


未だワクチン接種の有効性が実証されたわけではなく、治療薬が開発されて用いることが出来るようになったというわけでもなく、緊急事態宣言や緊急警報、外出自粛要請などで慎重な行動をしているお蔭で、感染者が減少したということであれば、コロナ感染症の警戒レベルがもっと引き下げられるために、慎重に行動することが求められます。

バプテスト静岡教会では、主から委ねられた命と生活を守るために、感染予防のための基本的な対策を徹底すると共に、引き続き木曜日の聖書の学びと祈り会、日曜日の教会学校小学科、青少年科は休止します。

また、主日礼拝は通常のプログラムを短縮して行います。

これからも適切に判断、対応できるように、情報収集、状況注視に努めたいと思います。


教会においでくださる方は、予め検温して平熱を確認された上、マスク着用(お持ちでない方のために教会に用意があります)、水分補給のための水筒・ペットボトルなど持参、礼拝堂玄関受付で手指の消毒、礼拝堂では前後左右1m以上空けて着席など、感染拡大防止のためにご協力をよろしくお願いします。

発熱(平熱より1℃以上高い)、空咳、倦怠感、味覚・嗅覚異常など新型コロナウイルス感染症の主な症状のある方は勿論、体調などに不安のある方や、緊急事態宣言が発令されている地域を訪ねられた方などは、集会への出席をお控えください。



日常生活においても新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、引き続き手洗い、うがい、消毒、外出時のマスク着用(飛沫防止の観点から不織布マスクを推奨)などを徹底し、また部屋の換気を行いつつ保湿にも努め、3密を避けて不要不急の外出は控えましょう。

皆様の心身の健康・健全な生活が守られますように。