「わたしは福音を恥としない。福音は、ユダヤ人をはじめ、ギリシア人にも、信じる者すべてに救いをもたらす神の力だからです。」 ローマの信徒への手紙1章16節

 ローマの信徒への手紙は、パウロが第三回伝道旅行においてコリントに滞在していたとき(紀元56年頃、使徒言行録20章1~3節参照)に書かれたと考えられています。16章1節に「ケンクレアイの教会の奉仕者でもある、わたしたちの姉妹フォベを紹介します」とあり、ケンクレアイはコリントの港町で、女執事フォベが手紙をローマに届けたのです。

 また、同23節の「わたしとこちらの教会全体が世話になっている家の主人ガイオ」は、第一コリント書1章14節でパウロからバプテスマを授けられた者として名が挙げられています。パウロはガイオの家の客になっており、この家に滞在中に、ローマへの手紙を執筆したのです。

 パウロは、キリストの名がまだ知られていないところで福音を告げ知らせるため、これまでも熱心に努めていました(15章20節)。そして、3度の伝道旅行で地中海の東側地域の伝道に終止符を打ち、これから西側地域、ヨーロッパ西端のスペインにまで、キリストの福音を告げ知らせたいと計画を立てています(同23,24節)。

 そこで、拠点をシリアのアンティオキアからローマに移そうと考え、何度もローマ行きの機会を伺ってきましたが、これまで果たせませんでした(1章10,13節)。そこでまず自己紹介を兼ねて、ローマ訪問が実現するように祈って欲しいと、ローマの教会に手紙を書いたわけです(15章32節)。

 そこで、挨拶と手紙の序文(1~7節)、神への感謝と個人的希望(8~15節)に続いて、「信仰による義認」(1~8章)という主題の輪郭を、予めここに提示します(16~18節)。冒頭の言葉(16節)に「わたしは福音を恥としない」とあります。なぜ、「福音を誇りとします」ではなく、「福音を恥としない」と言うのかという疑問を持ちます。

 この表現の背景には、「福音を恥とする」という人々がいることを伺わせます。それは、十字架につけられたキリストのことをつまずかせるものと考えるユダヤ人や、愚かなものと考えるギリシア文化に生きる教養人たちです(第一コリント書1章23節)。

 パウロ自身も、かつてはキリストの福音を恥と考えていた者であり、それゆえキリスト教信仰の撲滅のために、教会迫害の先頭に立っていました。ところが、ユダヤの選民意識やギリシアの文化・教養によって愚かとされたキリストの福音こそ、「信じる者すべてに救いをもたらす神の力」(16節)と知らされたのです。

 新約聖書において「救い」(ソーテーリア)とは、「罪や死、そして終末的審判からの神による救出」を意味しています。その「救い」は、「神の力」によって「信じる者すべて」にもたらされます。そこには、ユダヤ人とギリシア人などの区別はありません。あらゆる人に例外なく与えられまるのです。 

 パウロはそのことを、聖書を研究したり、神学を究めて悟ったのではありません。クリスチャンを迫害してダマスコという町に行こうとしていたとき、復活の主イエスと出会い(使徒言行録9章1節以下)、そこでキリストを信じる者に変えられました。

 17節に「福音には、神の義が啓示されています」とあります。「神の義」は、「神との正しい関係」という意味で、「救い」と同義といってよいでしょう。「啓示される」(アポカリュプトー)とは、「覆いがはずされる」という意味の言葉です。主イエスと出会ったとき、彼の心にかかっていた覆いがはずされたのです。 

 使徒言行録には「目からうろこのようなものが落ちた」(9章18節)という表現があり、それは彼の視力が回復したということのようですが、心の眼が開いたことをも示していると言ってよいでしょう。そのときに、キリストの「福音」(エウアンゲリオン)が「救いをもたらす神の力」であることを知ったわけです。

 キリストの福音が「救いをもたらす神の力」であるとパウロが語っているということは、パウロが熱心に信奉していたユダヤ教の律法の行いによっては、彼は救われなかったということです。だから、キリストの福音こそ、救いの喜びを与える神の力であることを、ギリシア人にも未開の人にも、知恵のある人にもない人にも告げ知らせることに努めて来たのです(14,15節)。

 15節の「福音を告げ知らせる」という言葉は「エウアンゲリゾマイ」という一つの単語で、「喜ばしい(エウ)知らせの使い(アンゲロス)になる」という意味です。「ローマにいるあなたがたにも、ぜひ福音を告げ知らせたい」と言っていますが、ここで「あなたがた」と呼ばれているのは、ローマ教会の信徒たちです。

 パウロにとって「福音」とは、一度聞いて信じればそれで終わりというようなものではなく、何度でも聴いて信仰の喜びに与り、その「福音」に生きること、さらに、その喜ばしい知らせ、福音の使者になることなのです。

 私たちが神の子とされるためにどれほどの神の愛が注ぎ与えられたのか、考えてみましょう。聖霊に満たされ、その力をいただいて、私たちのために十字架に死なれ、救いの道を完成してくださった主イエスの証人として、その福音に示された神の愛を証ししましょう。

 主よ、かつて福音を恥とし、愚かとしてキリスト教徒を迫害していたパウロが、福音によって救われ、福音に生きる者とされ、さらに比類なき伝道者となりました。そこに、神の力があります。私たちも、同じ福音によって救われました。繰り返し福音を聴き、神の力を受けて人々に信仰の喜びを告げ知らせることが出来ますように。 アーメン