00

5月7日(木)に静岡市の商業施設などへの休業要請が取り消され、14日(木)に日本政府が8都道府県を除く39県の緊急事態宣言解除を発表しました。

静岡教会では、17日(日)より主日礼拝を再開することにしました。
礼拝においでくださる方は、マスク着用、水分補給のための水筒・ペットボトル持参、玄関受付で手指の消毒、前後左右1m以上空けて着席など、感染防止のためにご協力をよろしくお願いします。


17日(日)は、主日礼拝を10時半から行います。

礼拝では、新約聖書・第一ペトロ書4章1~11節より、「神の恵みの管理者」と題して原田牧師より奨励をいただきます。


写真をクリックすると静岡教会公式サイトの礼拝説教の頁が開きます。
そこで、当日の礼拝プログラムを見ることができます。


お昼の用意はありません。


我が国では、新たに感染される方が減少し、病院を退院される方の数が新たに感染された方の数を上回るようになって、入院加療中の方の数は減少し続けています。それを受けての休業要請・緊急事態宣言の解除となったわけですが、国際的に患者数は増加の一途ですし、ウイルスの感染を抑止できる仕組み、また治療に効果的な薬が完成したというわけでもありません。

引き続き、手洗い、うがい、消毒、外出時のマスク着用、部屋の換気などを徹底し、不要不急の外出は避けましょう。
体調などに不安のある方は、集会出席をお控えください。


公立学校の休校が続いていることもあり、教会学校、木曜日の聖書の学びと祈り会は、引き続き休会といたします。
再開は、状況を見て判断したいとお思います。

聖書を読み、み言葉を瞑想し、祈るという礼拝を、日々主のみ前に各自でささげるようにしましょう。


皆様の心身の健康が守られますように。