「今、神が恵みを与えられるよう、ひたすら神に赦しを願うがよい。これは、あなたたちが自ら行ったことだ。神はあなたたちの誰かを受け入れてくださるだろうかと、万軍の主は言われる。」 マラキ書1章9節

 いよいよ、旧約聖書の最後の書のマラキ書に入ります。マラキ書が執筆されたのは、その内容から、ハガイ、ゼカリヤよりも半世紀以上降った紀元前460年ごろ、エズラ、ネヘミヤと同時代のことだろうと想像されています。預言者マラキについては、マラキ書に書かれている内容以外のことは何も分かりません。

 「マラキ」という名は「私の使者」という意味であり、3章1節では、「マラキ」が普通名詞として、「わたしは使者を送る」と訳されています。こうしたことから、マラキとは固有名詞ではなく、3章1節からとられた役職名ではないかと考える学者もいます。

 そうであれば、彼が神からの託宣を受けて語る預言者であるということ以外に(1節)、この預言者個人について、その名前も含めて、確実に言えることはほとんど何もなく、マラキ書の内容から推定される時代状況を読み取るほかはないということになります。

 紀元前460年ごろというのは、神殿は再建され(紀元前515年)、礼拝は定期的に守られているものの、城壁は破壊されたまま、都の回復はまだ程遠いといった状況でした。ペルシア帝国による支配は穏やかでしたが、その支配から独立することは出来ませんでした。また、生活が大幅に改善されるということもなかったようです。

 神殿が再建されれば、自分たちを取り巻いている生活環境や国際的な情勢など、状況が劇的に変化するのではないかと期待していたイスラエルの民は、次第に懐疑的になって来ていました。それは、主は本当にイスラエルを愛しておられるのか(1章2節以下)、正義を行われるのか(3章13節以下)という問いです。このような状況の中に、預言者マラキが登場して来たのです。

 内容は概ね警告であり、悔い改めて神に立ち返るようにとの勧告です。即ち、「わたしはあなたたちを愛してきた」(2節)という言葉に始まり、「わが僕モーセの教えを思い起こせ。わたしは彼に、全イスラエルのため、ホレブで掟と定めを命じておいた」(3章24節)と結んで、主との契約を忠実に履行せよと招いているのです。

 2節以下で愛を語られる主は、「わたしはヤコブを愛し、エサウを憎んだ」(2,3節)と言われます。エサウとヤコブは、イスラエルの父祖アブラハムの子イサクの息子たちです(創世記25章19節以下、25,26節)。ヤコブに対する主の愛は一方的なものです。創世記25章23節に「一つの民が他の民より強くなり、兄が弟に仕えるようになる」とありますが、その理由は説明されません。

 エサウの子孫エドムはイスラエルに隷属し、時には反抗していましたが、やがて歴史の表舞台から姿を消します。「荒れ野のジャッカルのものとした」(3節)とは、砂漠の住民ナバテア人によって、その地から追い払われたことを指しています。

 エサウが表舞台から姿を消したのが、神に愛されているイスラエルに対する敵対行為を理由としてなされたと考えると、それがまさに、主なる神がイスラエルを愛しておられる証拠とされるわけです。しかし、この愛はイスラエルへの慰め、希望として語られているのではなく、主の愛を軽んずるイスラエルに対して、エサウが憎まれたようにイスラエルも同じ道を行くことになると警告しているのです。

 イスラエルが神の愛を軽んじている様が、6節以下に示されます。それは、祭司たちが汚れたパン、目のつぶれた動物、足が傷ついたり、病気である動物をいけにえとしてささげ、しかも、「主の食卓は軽んじられてもよい」(7、12節)、「主の食卓は汚されてもよい」(12節)といって、主の名を汚していることです。

 良いものはとっておいて、売り物にならず役に立たないものを主にささげる。厳しい生活の中でそれはやむを得ないと考えることも出来るかもしれません。実際に、「主の食卓は軽んじられてもよい」などと公言する人は殆どいないでしょう。むしろ、申し訳なく思いながら、それが精一杯だと思ってするのではないでしょうか。

 けれども、冒頭の言葉(9節)を見てください。その献げ物をささげて、主が恵みを与えられるよう、ひたすら主に赦しを願うけれども、誰が主に受け入れてもらえるだろうかというのです。それが私たちの行っていることだと言われています。

 8節に「それを総督に献上してみよ。彼はあなたを喜び、受け入れるだろうか」という言葉があります。勿論、そうはしないと、誰もが答えるでしょう。ここに、主なる神が総督よりも低い地位に置かれ、民の生活の必要の後回しにされている現実が浮き彫りになります。そして、当然それは、主が喜ばれる信仰の生活ではないのです。

 「日の出るところから日の入るところまで、諸国の間でわが名はあがめられ、至るところでわが名のために香がたかれ、清い献げ物がささげられている。わが名は諸国の間であがめられているからだ、と万軍の主は言われる」(11節)とは、異国の民が純粋に創造主なる神をあがめ、真実な礼拝をささげているということです。

 それに対して、イスラエルの民が主なる神を軽んじ、御名を冒涜し続けるなら、彼らの礼拝を主が受け入れてくださるはずはありません(13節)。むしろ、偽り者として神の呪いを受けることになります(14節)。 

 主に喜ばれるために、どうすればよいのでしょうか。主を畏れましょう。おのが罪を認め、主に赦しを願いましょう。そして、何よりも先ず、神の国と神の義とを求め(マタイ6章33節)、いとよきものを主にささげましょう(民数記18章29節,ローマ書12章1節)。そうすれば、主なる神は私たちの必要を満たしてくださいます。

 主よ、私たちの不信仰をお赦しください。日毎に御顔を慕い求め、御言葉に耳を傾けさせてください。御心を教えてください。導きに従い、主の御業を行う知恵と力を与えてください。聖霊の満たしと導きが常に豊かにありますように。そうして、主の御名をあがめさせてください。 アーメン