「あなたは、この地域から長さ二万五千アンマ、幅一万アンマを測り、そこに最も聖なる聖所を設けねばならない。」 エゼキエル書45章3節

 45章で、エゼキエルの見ている幻は、神殿の境内から新しい都へと広がります。

 嗣業の地を分配するときに、先ずその土地の一部を主への献げ物とします。その土地は、長さ2万5千アンマ(約11.3km)、幅2万アンマ(約9km)で、その領域は聖なるものとなります(1節)。

 そして、その聖域の半分が祭司たちの住む場所で(3節)、その中心に縦横5百アンマ(225m)の神殿が設けられ(2,3節)、神殿の場所の周囲に幅50アンマ(22.5m)の放牧地が設けられます(2節)。また、聖域の残り半分が神殿に仕えるレビ人の住む場所となります(5節)。

 さらに、その南に幅5千アンマ(約2.3km)、長さ2万5千アンマ(約11.3km)を都の所有地とします(6節)。その所有地の中央に4千5百アンマ(約2km)四方の都が置かれ、その周囲に幅250アンマ(約113m)の牧草地が設けられます(48章15節以下)。それから、聖域と都の所有地の東西に君主の所有地が設けられます(7節)。

 君主の土地を除いて、聖域と都の所有地の面積は、縦横2万5千アンマの正方形です。そのほぼ中央に神殿が置かれ、その南に都が置かれており、そして、この神殿と都を挟み、それを守るように君主の所有地が置かれることになります。

 ここに挙げられている以外の土地は、イスラエルの家とその部族に委ねられています(8節)。ヨシュアのときの土地割譲に従い(ヨシュア記15章以下)、エルサレムがその聖域の置かれる場所と考えれば、聖域の北側にベニヤミン族、都の所有地の南側にユダ族が置かれるということになります。

 土地分配が各部族に委ねられたということは、君主の権限が国全体に及んでいるわけではないということを表わしているといってよいでしょう。この土地の配分のされ方から、その役割は絶対専制君主ではなく、封建時代の征夷大将軍のような、神殿と都の守護職といったところでしょう。

 主なる神がエジプトからイスラエルの民を脱出させて、シナイの荒れ野で契約を結ばれるとき(出エジプト記19章1節以下)、「今、もしわたしの声に聞き従い、わたしの契約を守るならば、あなたたちはすべての民の間にあって、わたしの宝となる。世界はすべてわたしのものである。あなたたちは、わたしにとって、祭司の王国、聖なる国民となる」(同5,6節)と言われました。

 エゼキエルの見た嗣業の地の分配方法は、神殿、聖域を中心とする「祭司の国、聖なる国民」を理想的に実現させるものです。そのとき、政治的指導者は「王」ではなく「君主」(ナーシー、7節)と呼ばれていて、 その役割が神殿と都の守護職となれば、新生イスラエルの真の王は主なる神であるということでしょう。

 11章19、20節に「わたしは彼ら(帰還民:同17,18節参照)に一つの心を与え、彼らの中に新しい霊を授ける。彼らがわたしの掟に従って歩み、わたしの法を守り行うためである。こうして、彼らはわたしの民となり、わたしは彼らの神となる」と記されていたとおりです。即ち、主なる神御自身が新しいイスラエルの王となられるのです。

 そして、イスラエルの民は、ペルシア王キュロスによってバビロン捕囚から解放され、帰国を果たした後、ゼルバベルとイエシュアに導かれてまず祭壇を築いて献げ物を献げ始め、主を礼拝する神殿建築に取り組みました(エズラ記3章)。

 これを、エゼキエルの預言に従って実現されたことと見ることも出来るでしょう。捕囚の民がエルサレムへの帰還を果たしたとき、そのリーダーは「首長(ナーシー)」(エズラ記1章8節)と呼ばれています。

 9節に「イスラエルの君主たちよ、もう十分だ。不法と強奪をやめよ。正義と恵みの業を行い、わが民を追い立てることをやめよと、主なる神は言われる」と告げ、続く10節で「あなたたちは、正確な天秤、正確なエファ升、正確なバト升を用いなさい」と言います。

 正確でない升を用いるとは、売るときと買うときで升を使い分けて利を貪ることであり、袖の下を入れてくる裕福な者とそれができない貧しい者とで裁きを変えるという、不公正が横行していたわけです。新しいイスラエルでは、「正義」(ミシュパート:公正)と「恵みの業」(ツェダカー:正義)をもって治めることが君主の務めだというわけです。

 さらに、13節以下に献げ物についての規定があり、収穫した穀物の六十分の一、油の百分の一(13,14節)、また二百匹の群れにつき羊一匹を民の献げ物として君主が受け取り(15節)、それを焼き尽くす献げ物、穀物の献げ物、ぶどう酒の献げ物として、巡礼の祭り、新月の祭り、安息日、およびイスラエルの家に定められたすべての祝日にささげます(17節)。

 また、イスラエルの家の贖いのために、贖罪の献げ物、穀物の献げ物、和解の献げ物をささげよと命じられています(17節)。かくて、民が君主に献げ物をもたらし、それを規定に従って主なる神に献げる役割が、君主に与えられたのです。

 さらに、1月1日に宮清め(18節以下)、1月14日に過越祭(21節以下)、7月15日に(仮庵)祭を行うように(25節)、命じられました。イスラエルの救いの歴史を記念するのですが、それは、エジプトからの脱出にバビロンからの解放も加えて、大切に守らせようというのでしょう。

 これらのことで、私たちは信仰生活の基本を学ぶことが出来ます。それは、主なる神を信じる信仰が私たちの生活の中心であり、主なる神を信じる信仰が全生活を支えているということです。

 私たちの生活のすべてが主なる神への献げ物ですが、なかでも主の日(日曜日)に教会に集い、1時間余りの礼拝を守ります。また週の半ば、木曜日の朝と夜に聖書の学びと祈りの集いがあります。この礼拝と祈りの集いが私たちの一週間の生活を支え、また、生活にリズムとアクセントを与えます。

 そして、私たちは日ごとに聖書を開いて神の御言葉に耳を傾け、その御心を瞑想し、祈ります。私たちは、神の口から出る一つ一つの言葉によって生かされているからです。

 主イエスが、「何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい」(マタイ6章33節)と言われました。「神の国」とは、神のご支配、「神の義」とは、私たちを神との正しい関係に導く神の恵みの業のことです。

 私たちの生活の中心に主を迎え、その導きに従って歩むため、神の国と神の義を追い求め、主の恵みと平安に与りましょう。

 主よ、御言葉の恵みと導きを感謝します。今日も主の御言葉と祈りの恵みに与る時間を主に献げます。主との交わりがいよいよ豊かになりますように。御心をわきまえ、御業に励む者としてください。いよいよ御名が崇められますように。 アーメン