「主は彼に言われた。『都の中、エルサレムの中を巡り、その中で行われているあらゆる忌まわしいことのゆえに、嘆き悲しんでいる者の額に印を付けよ』。」 エゼキエル書9章4節

 主なる神が天から遣わされた使者が、「この都を罰する者たちよ、おのおの破壊する道具を手にして近寄れ」(1節)と大声で預言者の耳に語ります。すると、北に面する神の門に通ずる道から、6人の男たちが、都を突き崩す道具を手にしてやって来ました(2節)。

 そこに、亜麻布をまとい、腰に筆入れを着けた人物がいました(2節)。新共同訳は「そのうちの一人は」といって、6人中の一人としていますが(口語訳、岩波訳も)、新改訳は「もう一人の人が・・彼らの中にいた」といって、7番目の人物のように記しています。どちらの訳も可能だろうと思われます。

 冒頭の言葉(4節)のとおり、主なる神は腰に筆入れをつけている男に、「都の中、エルサレムの中を巡り、その中で行われているあらゆる忌まわしいことのゆえに、嘆き悲しんでいる者の額に印を付けよ」と命じられました。

 他の者たちには、「彼の後ろについて都の中を巡れ。打て。慈しみの目を注いではならない。老人も若者も、おとめも子どもも人妻も殺して、滅ぼし尽くさなければならない。しかし、あの印のある者に近づいてはならない。さあ、わたしの神殿から始めよ」(5,6節)と言われます。

 エルサレムの罪のゆえに嘆き悲しむ者たちの額には印がつけられ、その印がない者は、神の御使いに打たれ、滅ぼし尽くされるのです。

 かつて、イスラエルがエジプトを脱出するとき、エジプト人の家と区別をするために、家の鴨居に小羊の血で印をつけました。その印のつけられた家は、神の使いが災いを下さずに過ぎ越し、印のない家に入って、その初子を打ちました(出エジプト記12章参照)。しかし、今度はイスラエルの民が打たれることになります。

 最初の過越の出来事によって、神の民イスラエルが生まれました(紀元前1400年頃)。それから800年後(紀元前592年頃、8章1節参照)、二度目の過越の出来事によってイスラエルの歴史にピリオドが打たれるのです。 

 その幻を見せられたエゼキエルは、「ああ、主なる神よ、エルサレムの上に憤りを注いで、イスラエルの残りの者をすべて滅ぼし尽くされるのですか」(8節)と、助けを求めて執り成し祈ります。

 このときエゼキエルは、都の中で行われている忌まわしいことのゆえに嘆き悲しみ、額に印を押される者、即ちこの災いを免れることの出来る者が一人もいないのではないかと考えたのではないでしょうか。だから、「イスラエルの残りの者を滅ぼし尽くされるのですか」と尋ねるのです。

 8章で見たとおり、エルサレムの都には、主なる神を怒らせる異教の偶像が満ちていました。ですから、都に住む民が主に打たれても文句が言える立場でないことは、百も承知の上です。主が破壊する道具を手にした男たちに「慈しみの目を注いではならない。憐れみをかけてはならない」(5節)と命じられる言葉も聞いていました。

 それでもなお、エゼキエルは主の憐れみを求めて、祈らずにはいられませんでした。このことは、アブラハムがソドム、ゴモラのために、そこに住んでいるロトとその家族のために、執り成した祈りを思い出させます(創世記18章16節以下)。

 その祈りに対して主は、「イスラエルとユダの家の罪はあまりに大きい。この地は流血に満ち、この都は不正に満ちている」(9節)、「それゆえ、わたしも彼らに慈しみの目を注がず、憐れみをかけることもしない。彼らの行いの報いを、わたしは彼らの頭上に帰する」(10節)と答えられました。 

 そうこうしているうちに腰に筆入れをつけている者が戻って来て、「わたしは、あなたが命じられたとおりにいたしました」(11節)と報告します。9章はここで終わりです。印が付けられた者がいたのかどうか報告されていません。けれども、もし印を付けた者が一人もいなかったならば、1「あなたが命じられたとおりに致しました」と報告されることもないように思われます。

 かつて、主が預言者エリヤに「わたしはイスラエルに七千人を残す。これは皆、バアルにひざまずかず、これに口づけしなかった者である」(列王記上19章18節)と言われたことがあります。これは、エリヤが、自分以外にはまことの神を礼拝する者は一人も残っていないと考えて意気消沈していたので、主なる神が励ましを与えたときの言葉です。

 ダビデが北イスラエルに80万の兵士を数えていて(サムエル記下24章9節)、女性や子ども、高齢者を含めると全人口は250万ほどにもなろうかと考えると、バアルにひざまずかなかった者が7千人というのは,いかにも少数です。それは、アハブ王が妻イゼベルと共にバアル信仰を押し進めてきたからです。それでも、バアルに膝を屈めなかった七千人がいるというところに、希望があります。

 7千は7に10の三乗を掛け合わせた数です。7も10も、イスラエルにおいては完全数といわれ、完全数を4つも掛け合わせるということは、主なる神にとってそれは十分な数ということになります。 

 額に印のつけられた人の数は不明ですが、しかし、主のご計画は、すべてを滅ぼし尽くすということではない、憐れみ救うというところにあること、主と心を一つにする者を残そうとしておられるということが示されます。エルサレムのために執り成すエゼキエルとユダの長老たちの祈りを受けて、憐れみ深い主は、相当の者たちを残されたのではないでしょうか。

 我が国の自殺者数は、2003年をピークに2012年から減少に転じてはいるものの、自殺者白書によれば、年間2万5千人余の方が自ら命を落としています。その理由について、健康の問題が60%、経済問題が25%などと分析されています。

 死因に見る自殺者の割合は、10代前半で死因の3位(12%)、10代後半では2位(30%)、20代~40代前半はトップ(20代は50%以上、30代は40%前後、40代前半は25%)、40代後半は2位(20%)、50代は3位(10%前後)などとなっています。60代前半は4位(5%)となっています。10歳未満、65歳以降は、ランキング上位に入っていません。

 即ち、ローティーンから徐々に問題が深刻になって20代で最大になり、40代後半から減少していき、60代後半は、他の死因の方が圧倒的に多くなるという状況です。これは、我が国の明日を担うべき若者たちが、いかに現状を悲観的に見ているかということの表れです。当然のことながら、対策を急がなければなりません。特に、私たち宗教者の果たすべき役割は小さくありません。

 我が国の若者たちが健康な日々を送ることが出来るように、経済的な必要が満たされるように、将来に希望の持てる国となるように、武力によらず国際的平和の構築に貢献する国となるように、国のリーダーの周囲に神を畏れる人々が配置されるように、共に祈りましょう。

 主よ、日本を憐れんでください。あなたの深い愛と憐れみが、我が国に豊かに注がれますように。国の指導者たちの周りに神を畏れる者たちを置き、舵取りを誤ることがないようにしてください。主の愛と平和が人々の心に満たされますように。健やかな日々を過ごせますように。すべての必要が満たされますように。今日もこの日の糧をお与えください。私たちは、あなたの口から出る一つ一つの言葉で生かされています。感謝です。 アーメン