「しかしあなたは、御自ら油を注がれた人に対して、激しく怒り、彼を退け、見捨て、あなたの僕への契約を破棄し、彼の王冠を地になげうって汚し、彼の防壁をことごとく破り、砦をすべて廃墟とされた。」 詩編89編39~41節

 表題(1節)の「エズラ人エタン」について、列王記上5章11節(口語訳・新改訳は4章31節)にはソロモンの時の知恵者たちの中にその名が挙げられています。また、歴代誌上15章17,19節には、ダビデが神の箱をエルサレムに運び上げる際に、楽器を奏で、声を張り上げて喜び祝うために立てた詠唱者の中に、エタンの名が記されています。

 89編には、38節と39節の間に、簡単に渡ることが出来ない深い淵があります。前半(2~38節)には、ダビデとの契約を結ばれた主への賛美、後半(39~52節)には、ダビデの子孫にもたらされた苦難による嘆きが記されています。このことで、詩編の編者が、二つの詩を一つにまとめたものではないかと解釈する学者もいます。

 その真偽は不明ですが、50節の「主よ、真実をもってダビデに誓われた、あなたの初めからの慈しみは、どこに行ってしまったのでしょうか」という言葉で、かつて真実をもってダビデとの永遠の契約を結ばれた神が、その契約を破棄して、エルサレムの都を廃墟のままにしておられるのはなぜか、あの慈しみ深き神はどこへ行ってしまわれたのかと問う構成になっているのです。

 そうであれば、4,5節でダビデとの契約について語った後で、6節以下に天上の神々の会議について語る必要はないように思われます。そこでは、イスラエルの主が神々の中の神、王の王、主の主であられることが讃えられ(7,8節)、それが、9節以下の主の御業によって確証されています。

 主は、混沌の海の支配者ラハブを砕き(10,11節、ヨブ記26章12節、イザヤ書51章9節)、天地に秩序をもたらされました。天地創造の御業は、無から有を生じさせ、混沌に秩序を与えることだったわけです(創世記1章1節以下,ローマ書4章17節)。

 このように述べることで、20節以下にも語られるダビデとの永遠の契約、ダビデの子孫をとこしえに立て、王座を代々に備えるという約束は(5,30節)、天上における主なる神の王権(7~9,19節)に基礎づけられたものであることを示しているわけです。

 紀元前597年、バビロン帝国の王ネブカドネツァルがエルサレムを包囲し、南ユダの若い(18歳!)王ヨヤキンは捕囚の身となり(列王記下24章8節以下、12,15節)、以来37年、獄につながれていました(同25章27節:第一次バビロン捕囚)。

 ヨヤキンに代えて王とされたゼデキヤは(同24章17節)、エジプトに援軍を頼み、バビロンに反旗を翻しましたが、返り討ちに遭って子らは殺され、ゼデキヤは両目をつぶされて足枷をはめられ、連行されました(同24章18節以下、25章6,7節)。都に残っていた民らも捕囚とされました(同11節:第二次バビロン捕囚、紀元前587年)。

 そのとき、親衛隊の長ネブザルアダンがエルサレムに来て、主の神殿や王宮、エルサレムのすべての家屋を焼き払いました(同9節)。また、カルデア人によって、エルサレムの周囲の城壁が取り壊されました(同10節)。かくて、神の都と呼ばれたエルサレムが(48編2,9節、ヘブライ書12章22節など)、廃墟とされたのです。

 そういう事態に陥ったのは、ダビデの子孫が主の目に悪とされることをことごとく行ったからであり、それゆえ、ユダは主の怒りによって、ついにその御前から捨て去られることになったのです(列王記下24章19,20節)。

 しかし、イスラエルの歴史はそれで終わりにはなりませんでした。列王記下25章27,28節に「ユダの王ヨヤキンが捕囚となって37年目の第12の月の27日に、バビロンの王エビル・メロダクは、その即位の年にユダの王ヨヤキンに情けをかけ、彼を出獄させた。バビロンの王は彼を手厚くもてなし、バビロンで共にいた王たちの中で彼に最も高い位を与えた」と、驚くべきことが記されます。

 さらに「ヨヤキンは獄中の衣を脱ぎ、生きている間、毎日欠かさず王と食事を共にすることとなった。彼は生きている間、毎日、日々の糧を常に王から支給された」(同29,30節)と記して、列王記は閉じられました。なにゆえ、ヨヤキンは牢から出され、他の王たちに勝る高い位を与えられ、毎日、王と共に食事をすることが出来るようになったのでしょうか。

 詩人はこの日を見ることが出来なかったのでしょうが、ここに、神の真実があります。神がイスラエルのために立てられた計画は、平和の計画であって、災いの計画ではなかったのです。その計画に基づき、将来と希望が与えられたのです(エレミヤ書29章11節)。

 そしてまた、冒頭の「あなたは、御自ら油を注がれた人に対して激しく怒り、彼を退け、見捨て、あなたの僕への契約をはきし、彼の王冠を地になげうって汚し」(39,40節)という言葉に、ダビデの子イエス・キリストの十字架の苦しみを見ることが出来ます。

 「油を注がれた人」は、メシア=キリストという言葉です。そして、主イエスこそ、イザヤ書53章に預言されている「苦難の僕」です。ダビデの子キリスト・イエスの苦しみのゆえに私たちは癒され、十字架の贖いのゆえに罪赦され(第一ペトロ書2章24節)、神の子として天の御国の食卓に共に着くことが出来るようになったのです(マタイ26章29節、黙示録3章20節参照)。

 詩人は、神の契約はなぜ捨てられたのか、神の真実はどこにあるのかと訴えましたが、神は旧い契約に変えて、イエス・キリストの血による新しい契約を、すべての民のために備えてくださいました(第一コリント書11章25節、ヘブライ書8,9章)。

 53節は、第三巻(73~89編)の終わりに、編集者が付加したものです。苦難の僕たるメシア=キリストを予表しているようなこの詩ですが、理屈抜きに「主をたたえよ、とこしえに。アーメン、アーメン」(53節)と、主(ヤハウェ)をほめ讃えているかたちです。さながら、ヘンデル作曲「メサイア」の「ハレルヤコーラス」、「アーメンコーラス」のようです。

 「正しい裁き(ツェデク・ヴ・ミシュパート:正義と公正)」を基とし、「慈しみとまこと(ヘセド・ヴェ・エメト)」の支配が広がるよう(15節)、私たちの歴史に御子キリストと聖霊を通して働きかけておられる主に信頼し、日々み言葉に耳を傾けながら喜びと感謝をもって歩みましょう。

 主よ、あなたの慈しみをとこしえに歌います。あなたの真実と慈しみが私たちと共にあり、御名によって私たちは高く上げられます。変えられることのない御言葉を堅く握り、主の真実に信頼して、日々歩ませてください。キリストにある平和がわが日本に、就中苦しみ痛みの中にある方々にありますように。 アーメン