「これは何者か。知識もないのに、言葉を重ねて神の経綸を暗くするとは。」 ヨブ記38章2節

 1節に、「主は嵐の中からヨブに答えて仰せになった」と記されています。主なる神が、雷鳴や山鳴りの中からモーセに語られ(出エジプト記19章16節以下)、激しい風と火の後エリヤに語られたように(列王記上19章11節以下)、嵐の中から、ヨブにお答えになりました。即ち、このとき、嵐が主の顕現されたしるしでした。

 ヨブは、このときをどれだけ待ち侘びたことでしょう。ようやく、直接に神と語り合える、念願のときが巡って来たのです。ヨブは、なぜ自分が苦難を味わわなければならなかったのか、神の不当なやり方を問いつめるつもりでした。神から何を言われても、自分の正当性を徹底して主張するつもりだったのです(13章22,23節、14章15節、31章35節以下など)。

 けれども、その出会いは、ヨブが望んでいたようには展開しませんでした。神はそのようなヨブの問いに対して、全くお答えにはなりませんでした。むしろ、冒頭の言葉(2節)のとおり、ヨブに「お前は何者か」と問います。ヨブは神を被告席に立たせて、神のなさった仕打ちの不当性を訴えるつもりだったようですが、逆にヨブが被告席に座らされ、質問に答えさせられます。

 モーセが、柴の燃える炎の中から神に語りかけられ(出エジプト記3章2,4節)、イスラエルの指導者として民をエジプトから連れ出すという使命が与えられたとき(同7節以下、10節)、「わたしは何者でしょう」と答えています。自分が神の前に立ち、その使命を果たすことができる人物だとは考えられないという発言です。

 神はヨブに「男らしく、腰に帯をせよ。わたしはお前に尋ねる、わたしに答えてみよ」(3節)といって、「何者か」の返答を求められます。それは、神との関係において、ヨブが何者なのかを神に知らせるというより、ヨブが自分自身について再認識するための、最も大切な問いとして、初めに語られています。

 神はこれまでのヨブの弁論を、「知識もないのに、言葉を重ねて、神の経綸を暗くするとは」(2節)と、切って捨てるように語られました。「経綸」(エーツァー)は、「計画、助言、構想、目的」という意味の言葉で、12章13節では「思慮」と訳されています。

 その箇所でヨブは「神と共に知恵と力はあり、神と共に思慮分別もある」と言い、その神の思慮、神の計画は、「暗黒の深い底をあらわにし、死の闇を光に引き出され」(同22節)、「この地の民の頭たちを混乱に陥れ、道もなく茫漠としたさかいをさまよわせられる」(同24節)というものだと語っていました。

 このような言葉に異議を唱えるために、「知識もないのに、言葉を重ねて、神の経綸を暗くするとは」と仰ったわけです。そう言われた上で、お前は何者か、男らしく答えよと問われても、いったいどのように返答することができるでしょう。

 そうして、「わたしが大地を据えたとき、お前はどこにいたのか。知っていたというなら、理解していることを言ってみよ」(4節)といって質問を始められます。この問いは、イザヤ書40章12節以下の預言の言葉に似ています。神の創造の御業の秘密を、人がどうして知ることが出来るでしょう。このような質問に、誰が答えることが出来るでしょうか。

 12節以下に、「お前は一生に一度でも朝に命令し、曙に役割を指示したことがあるか」(12節)といって、朝の光が闇を追い払うように、神に逆らう者を地上から払い落とすというイメージが語られ(13,14節)、続く16節から、深淵の底(16節)、死の闇の門(17節)という深い暗闇の世界を知っているかと問います(18節)。

 そして19節以下で、光と闇との関係について考えさせます。20節を直訳すると「あなたはそれを領地まで連れて行けるか、また、あなたはそれの家の道を知っているか」となり、そこに「光」、「暗黒」という言葉はありません。これは、18節の光と暗黒の順をそのまま19節に当てはめるという、訳者による解釈です。

 19節の直訳、「光の住まいに至る道はどれか、暗黒の場所はどこか」と20節の「あなたはそれを領地まで連れて行けるか、また、あなたはそれの家の道を知っているか」とをよく見ると、19aの「住まい」と20bの「家」、同じく「道」という言葉、それに対して、19bの「場所」と20aの「領地」という、いわゆる交差配列になっていることが分かります。

 ということは、光と暗黒の順が20節では交差して、暗黒と光という順になると考えるべきでしょう。とすると、20節は「暗黒をその境にまで連れて行けるか。光の住みかに至る道を知っているか」という訳語になります。

 即ち、「光」(19aと20b)が「暗黒」(19bと20a)を囲んでいる形になります。「暗黒をその境(ゲブール:「地境、領地、縄張り」の意)に連れて行く」というのは、闇に覆われていた世界に神が「光あれ」と命じられて、昼と夜ができたという創世記1章3~5節の記事で、光によって暗黒の場所が定められたことと解することができます。

 さらに、12節から21節までの、光と暗黒のテーマを取り扱っているこの箇所で、12節の「一生に一度でも」は、「あなたの日から」(ミー・ヤーメイ・ハー)という言葉です。そして、21節の「人生の日数」という言葉も、同じ「あなたの日から」という言葉です。つまり、「あなたの日から=あなたの人生は」というのが、この箇所の枠組みになっているのです。

 つまり、この箇所において、ヨブの人生には光と暗黒というものがあること、しかし、暗黒は光に囲まれ、その場所が定められているということを示すかたちになっているわけです。

 初めは「知識もないのに、言葉を重ねて、神の経綸を暗くするとは」(2節)と、ヨブの高ぶりともいうべき罪を指弾されるような、「嵐の中から」語りかける神のきわめて厳しい表情を思い浮かべていたのですが、このように読んでいるうちに、なんだか、優しいおじいさんが可愛い孫に笑顔を見せながら語りかけているような、そんな慈しみを感じてきました。

 もしも神がヨブを断罪するつもりであれば、「男らしく、腰に帯をせよ。わたしはお前に尋ねる、わたしに答えて見よ」(3節)と仰るまでもなく、たとえば、あのウザを打たれたように(サムエル記下6章7節参照)、一瞬にしてヨブを打たれたことでしょう。

 しかしながら、神はそうなさいませんでした。神はここでヨブに、神の経綸を知ること、悟ることを真に求められたのだと思います。そして、ヨブの誤った自信、自分を義とする思いを砕きつつ、単なる被造物としてでなく、神の語りかけに応答する者として、さらに深く神に信頼する信仰の心を、ヨブに授けてくださろうとしているのです。

 「世の初めから代々にわたって隠されていた、秘められた計画が、今や、神の聖なる者たちに明らかにされたのです。この秘められた計画が異邦人にとってどれほど栄光に満ちたものであるかを、神は彼らに知らせようとされました。その計画とは、あなたがたの内におられるキリスト、栄光の希望です」(コロサイ書1章26,27節)と、パウロが記しています。

 神の深い計画を人がすべて知ることが出来るはずもありませんが、秘められた計画が明らかにされるのは、神が御自分の創造された世界、そこに住む私たちを愛されるがゆえのものです。

 だからこそ、秘められた計画が栄光に満ちたものであることを知らせようとされるのです。その最も大切な栄光に満ちた計画は、神が私たちの内に御子キリストを住まわせるというものでした。

 私たちの方からいえば、それは、私たちがキリストを信じて受け入れるということです。私たちは、キリストを信じる信仰によって義とされ、すべての罪が赦され、永遠の命が授けられ、神の子となる特権が与えられました。

 主に信頼し、その御言葉に聴き従いましょう。

 主よ、御子の贖いの業により、御救いに与りました。あなたに喜ばれる信仰の器となることが出来るように、日々私たちを御言葉と御霊によって整えてください。主の恵みと平安が私たちの上に常に豊かにありますように。 アーメン