「しかし、だれも言わない、『どこにいますのか、わたしの造り主なる神。夜、歌を与える方。地の獣によって教え、空の鳥によって知恵を授ける方は』と。」 ヨブ記35章10,11節

 35章は、エリフの三回目の弁論です。エリフは再度、「神はわたしを正しいとしてくださるはずだ」(2節)というヨブの発言を問題にし、さらに3節で「わたしが過ちを犯したとしても、あなたに何の利益があり、わたしにどれほどの得があるか」と言います。これは34章9節の「神に喜ばれようとしても何の益もない」とヨブが言っていたとした発言を、悪意をもって変形したような言葉です。

 3節の原文は難解です。口語訳は「あなたは言っている。『何があなたの役に立つのでしょうか。私が罪を犯さないと、どんな利益がありましょうか』と」。新改訳は「またあなたは言う。『わたしが過ちを犯したとしても、あなたに何の利益があり、わたしにどれほどの得があるのか。』」。岩波訳は「まことに、あなたは言う、『いったい、私に何か益するのか、私が罪を離れても、何の得になるのか」と訳しています。

 2節、34章9節との関連で考えると、岩波訳のように訳すのがよいのではないかと思います。勿論、ヨブがこういう発言をしているということではありません。ヨブが自分の潔白を主張して、悔い改めようとしないのは、罪を離れても何の得にもならないから、そこから離れないと言っているようなものだと、エリフがそう考えたということでしょう。

 5節から8節まで、人の言葉と行いで神に影響を与えることはできないと言っていますが、これは、22章2~4節のエリファズの言葉を展開したものです。このことについては、ヨブも7章20節で「人を見張っている方よ、わたしが過ちを犯したとしても、あなたにとってそれが何だというのでしょう」といって、神の超越性に訴えて、苦しみから解放してくださるように願っていました。

 勿論、神が人の世界をはるかに高いところにおられて、人の罪でそれを害したり、人の善い行いで神に利することはできないからといって、不道徳な生活をしてよいということにはなりません。ただ、自分の道徳的生活をもって神に働きかけ、そのアドバンテージで自分の願いをかなえてもらうことなどはできないということです。

 9節以下では、ヨブの叫び、求めに神がお答えにならないことについて、取り上げています。ヨブは30章20節で「神よ、わたしはあなたに向かって叫んでいるのに、あなたはお答えにならない。御前に立っているのに、あなたは御覧にならない」と言っていました。

 エリフは、「抑圧が激しくなれば人は叫びを上げ、権力者の腕にひしがれて、助けを求める」(9節)と、時の権力者による抑圧で人々は叫び声を上げるという一般論を述べ、けれども、冒頭の言葉(10節)のとおり「どこにいますのか、わたしの造り主なる神」とその苦難の中で謙遜に神を求めようとしないと言います。

 人が叫び声を上げて助けを求めながら、それが得られないのは、神を尋ね求めないからで(10節)、それは「悪者が高慢にふるまう」(12節)ことだと結論づけています。苦しみの原因が何であれ、ヨブに求められるのは、自分にはこのような苦しみに遭う理由が分からないということではなく、「わたしの造り主なる神はどこにおられますか」と謙遜に尋ね求めることだというのです

 そして、「あなたは神を見ることができないと言うが、あなたの訴えは御前にある。あなたは神を待つべきなのだ」(14節)と言います。ヨブが空しく口を開き、愚かなことを言い続けられるのは、神が裁きの時の到来を待っておられるからで(15,16節)、ただ沈黙しておられるわけではないこと、ゆえにそれも、神にふさわしい態度だというのです。

 あらためて、エリフは神について冒頭の言葉で「わたしの造り主なる神。夜、歌を与える方。地の獣によって教え、空の鳥によって知恵を授ける方」と紹介します。ヨブは自分が苦難から解放されないことで神の正しさを問題にしているけれども、神はご自分が創造された地の獣や空の鳥を通して、即ちどのようなことからでも、人を教え、知恵を与えることが出来ると示しているのです。

 エリフ自身が語っているように、ヨブの訴えは神の御前にあります(14節)。神はどんな言葉も受け止めてくださいます。だから、神のときを待つべきでしょう。それはしかし、未だ怒りの時が来ていないので、神がヨブの無駄口を無視し、聞き流しておられる(15,16節)などということではないのではないでしょうか。

 神はその訴えを無視しておられるのではなく、むしろヨブの傍らに寄り添い、思う存分その胸の内を語らせて、そのすべての思い、願いに静かに耳を傾けてくださっているのではないかと思います。

 もう一言、エリフは神について「夜、歌を与える方」と語りました。なぜ、夜に歌が与えられるのでしょうか。苦しみ、悩みで眠れない夜を過ごすことがあります。そうしたとき、深く孤独を味わうものです。けれども、そのときに、神に出会う経験をするのです。そして、そこで嘆きが歌に変えられるのです。

 詩編30編6節に「泣きながら夜を過ごす人にも、喜びの歌と共に朝を迎えさせてくださる」という言葉がありました。また、同16編7節に「わたしは主をたたえます。主はわたしの思いを励まし、わたしの心を夜ごと諭してくださいます」と記されています。悲しみの夜、光のない闇の中で、神の励まし、諭しを受けて主をほめたたえる、その歌をもって朝を迎えることができたということです。 

 フィリピ伝道の初めに無実というべき罪で鞭打たれ、獄舎につながれた使徒パウロと従者シラスが、真夜中ごろ、眠れずに恨み言を言っていたというのではなく、賛美の歌をうたって、神に祈りました(使徒言行録16章25節)。

  そうしたことが、二人の監視を命じられていた看守とその家族の救いにつながりました(同31節以下、35節)。それはまさに、苦難の中に共にいてくださり、歌を授けてくださる神の導きだったわけです。

 神は、私たちの苦しく辛い状況を、遠く離れたところから見下ろしておられるお方ではなく、私たちに傍らに来て、そして私たちに代わってそれを背負い、私たちを癒してくださるお方なのです。

 「夜、歌を与える方」に向かい、心から賛美のいけにえ、御名をたたえる唇の実を絶えず献げましょう。

 主よ、あなたは、泣きながら夜を過ごす人にも、喜びの歌と共に朝を迎えさせてくださるお方です。私たちの嘆きを踊りに変え、荒布を脱がせ、喜びを帯としてくださいます。悲しむ者に深い慰めをお与えくださる主の恵みと平和が、今、助けを、解放を必要としている人々に、そして全世界に豊かにありますように。 アーメン