「神を畏れる生き方があなたの頼みではなかったのか。完全な道を歩むことがあなたの希望ではなかったのか。」 ヨブ記4章6節

 ヨブが口を開いて自分の運命を呪い(3章1節)、神はなぜ自分に死を賜らないのかと嘆き訴えるのを聞いて(同11節以下)、ヨブの友人の一人、テマン人エリファズは黙っていることが出来なくなりました(1節)。

 テマンはエサウの孫、エリファズはエサウの子の名前です(創世記36章10,11節)。ということは、エリファズは、パレスティナ南のエドムの地に住む者ということなのでしょうか。

 エリファズは、何とか友のヨブを慰め、力づけ、励ましたかったのでしょう。そこで、持てる知識や経験などを総動員しつつ注意深く言葉を選び、「あえてひとこと言ってみよう。あなたを疲れさせるだろうが、誰がものを言わずにいられようか」(2節)と話しかけました。

 エリファズは、かつて、ヨブ自身が悩み苦しんでいる多くの人々を諭し、力づけて来たことを思い起こさせます(3,4節)。ここでエリファズが思い起こさせようとしている、ヨブが他者を諭し励ましていた内容とは、宗教的な経験に基づく正統な知恵に歩めということ(6節以下)、そして、神の告げられた特別な言葉に耳を傾けるということでしょう(12節以下)。

 そこで、エリファズもヨブに倣って、彼に励ましを与えようとしているのです。先ず、冒頭の言葉(6節)のとおり、「神を畏れる生き方があなたの頼みではなかったのか。完全な道を歩むことがあなたの希望ではなかったのか」と語ります。それは、神を畏れる生き方や完全な道を歩むことが、イスラエルの民にとっても頼みとするところであり、また希望であることを示しています。

 そして、「わたしの見て来たところでは、災いを耕し、労苦を蒔く者が、災いと労苦を収穫することになっている」(8節)と語ります。つまり、人が蒔く種によって収穫する実が決まるということで、この因果応報の論理が真実であるから、災いをもたらし、人に労苦を与えるような者は、神の裁きを受けるというのです(9節以下)。

 エリファズにヨブを責める思いが全くないかと言われれば、そうとも言い切れません。「神の息によって滅び、怒りの息吹によって消え失せる」(9節)というのは、ヨブの子らを死に追いやった大風を思わせ(1章19節)、その原因がヨブの子らにあると言っているようなものだからです。そして、ヨブに臨んだ数々の苦難は、ヨブの蒔いた種に問題があると仄めかすことになります。

 つまり、神を畏れ、正しく歩んで来たのであれば、何も心配しないで、その苦難を乗り越えるべく、その道を守り通すべきだ。正しい歩みに対する神の報いに希望を置くべきであって、その生き方を忘れて何に頼り、どこへ行こうとしているのか。どこで間違ってしまったのかというのです。

 次いで、エリファズが神秘的な体験を通して聞いた言葉を(12節以下参照)、17節以下に記しています。「恐れとおののき」(14節)、「風=霊(ルーアッハ)」(15節)、「姿を見分けることはできなかった」、「目の前に一つのかたち」などで、その言葉の主が天的な存在であることをほのめかしています。

 その言葉は、「人が神より正しくありえようか。造り主より清くありえようか」(17節)と告げます。これが、因果応報の論理と並ぶ、もう一つのエリファズの主張です。神は、御使いたちの過ちを認められる方です(18節)。新共同訳の「賞賛されない」は、「 誤りを認める」(ヤーシーム・ターハラー)という言葉遣いです。

 御使いがそうであるなら、塵から作られた人間はなおさらです(19節)。17節の「人」(エノーシュ)は、「死すべき者(mortal man)」という言葉です。「日の出から日の入りまでに打ち砕かれ」(20節)も、その存在の儚さを示します。そんな有限な死すべき者、砕かれて「永久に滅び去る」者が、何を根拠に神に逆らうのかというのです。

 道に迷っている人は、自分が今どこにいるのか、どちらに向かって行けばよいのか、分らなくなっています。分からないまま動き回るので、ますます泥沼にはまり込んだようなことになってしまいます。自分の居場所が分かり、そして進むべき方向が定まれば、やがて目指すところに辿り着くことが出来ます。

 確かに、ヨブが帰るべきところは、神を畏れ、その御言葉に従って生きる生活です。エリファズが語る通り、かつてヨブは、それを頼みとしていたのです(6節、1章1節)。そして、神はヨブに豊かな恵みを与えておられました(1章2節以下)。持てるものをすべて失い、苦しみが襲いかかって来ても、すぐに信仰を失ってしまうようなことはありませんでした(1章21節、2章10節)。

 けれども、苦しみが続く中で、次第に分らなくなってしまったのです。それは、彼が神を畏れ、神に従うことをやめたから、苦しみを受けたというのではなく、信仰生活を守り、神に従って歩んでいたにも拘わらず、苦しみの穴に落ち込んでしまったからです。そして、どうすればその穴から這い出ることが出来るのか、皆目見当もつかないからです。

 エリファズは、ヨブの苦しむ有様を見るに忍びなかったのでしょう。苦しみの中で自分の運命を呪い、神への不信を口にするヨブの言葉を聞くに堪えなかったのでしょう。そう思うのは、エリファズ一人ではありません。私たちも皆そうです。人を慰め、励ましたいと思うのは、苦しむ姿を見ていられないのです。立ち直った姿を見て、自分も安心したいのです。

 それが悪いということでもありませんが、しかし、苦難の中にいる人の苦しみをあるがまま理解しようとするなら、解決を焦らず、先ずその人の語る言葉にじっと耳を傾け、苦しみの共感に務める必要があるでしょう。

 三人の友らは初め七日七晩、黙ってヨブの傍らに座っていました(2章11節以下、13節)。余りの厳しい状況に言葉がなかったわけです。苦しむヨブに徒に言葉をかけることなく、黙して共に座す友らのゆえに、彼の内にあった真実な叫び、苦しい思いが吹き出すかたちになったのです。ヨブは、三人の友がその苦悩を受け止め、共感してくれることを望んでいたのでしょう。

 苦しみ、呻きに共感する友が得られれば、彼は慰め、励ましを受けることが出来るでしょう。私たちのためには、誰よりも神の御子イエスが私たちに寄り添い、私たちの声に耳を傾け、共に涙してくださいます。「慈しみ深き友なるイエスは、我らの弱きを知りて憐れむ。悩み悲しみに沈める時も、祈りに応えて慰め給わん」(新生讃美歌431番2節)と歌うとおりです。

 主なる神は、塵にすぎない弱い私たちのために、独り子をも惜しまず与えるほどに愛を注いでくださるお方です。「だから、憐れみを受け、恵みに与って、時宜にかなった助けをいただくために、大胆に恵みの座に近づこうではありませんか」(ヘブライ書4章16節)。

 天にまします我らの父よ、願わくは、神を畏れる生活が守られますように。願わくは、我らを試みに遭わせず、悪しきものから救い出してください。国も力も栄光も、すべてあなたのものだからです。全地にキリストの平和と導きが常に豊かにありますように。 アーメン