「もし、彼が貧しくて前記のものに手が届かないならば、自分の贖いの儀式のための奉納物として賠償の献げ物の雄羊一匹、更に穀物の献げ物のためにオリーブ油を混ぜた上等の小麦粉十分の一エファ、及び一ログのオリーブ油を調える。」 レビ記14章21節

 14章には、重い皮膚病を患った人の「清めの儀式」について、記されています。これは、重い皮膚病を癒す儀式ではなく、重い皮膚病が癒された人を清めるための、即ち社会生活に戻し、神を礼拝する民として整える儀式です。
 
 そのためまず、祭司は患者の状態を調べます(3節)。患者は宿営の外に留め置かれていますから、そこまで往診に行くわけです。そして、直っていれば、清めの儀式を行います(4節以下)。
 
 清めの儀式を行った後、その人は宿営に戻れますが、7日間は天幕には入れません(8節)。その間、家族などとの接触は禁じられているのです。七日目に第二の清めがあり、社会生活に戻ることが出来ます(9節)。
 
 そして八日目、神の前に賠償の献げ物、焼き尽くす献げ物、穀物の献げ物をささげます(10節以下)。まずは、賠償の献げ物として雄羊一匹を、一ログのオリーブ油と共にささげます(12節)。このとき祭司は、雄羊の血を取り、清めの儀式を受ける者の右の耳たぶ、右手の親指、右足の親指に塗ります(14節)。
 
 これは、祭司を任職するときの儀式と似ています(8章23,24節、出エジプト記29章20節)。賠償の献げ物をするということは、重い皮膚病が単なる病気というのではなく、信仰上の汚れ、即ち神に対する罪の結果と考えられていることを示します。
 
 次いで、オリーブ油を主の前に振りまいた後(15,16節)、右の耳たぶ、右手の親指、右足の親指に塗り(17節)、更に頭に塗ります(18節)。これも、祭司アロンの頭に油を注いで聖別したのに似て(8章12節、出エジプト記29章7節)、皮膚病の汚れから清められた人物を更に聖別して、主に仕える者とするということです。
 
 最後に、焼き尽くす献げ物と穀物の献げ物を祭壇で燃やしてささげます。こうして、晴れて神の民イスラエルの一員として公私共に承認されるのです。
 
 21節以下には、貧しくて清めの儀式が出来ない人のための規定が記されます。焼き尽くす献げ物は、雄羊一匹、雌羊一匹を鳩2羽に替え、穀物の献げ物は、十分の三エファを十分の一エファに減量されています。貧しい人々に対する配慮は、1章14節以下、5章7節以下などにあります。
 
 しかしながら、賠償の献げ物としてささげられるのは、いずれも雄羊一匹です。5章14節以下に「賠償の献げ物」についての規定が記されていますが、すべて、雄羊の群れの中から相当額の無傷の雄羊をとってささげることになっていました。これは、人が罪を犯して汚れを負った場合、それから清めるのは、雄羊の血のほかにはない、ということです。ヘブライ書9章22節に、「血を流すことなしには罪の赦しはあり得ない」と言われるとおりです。
 
 バプテスマのヨハネは主イエスを、「世の罪を取り除く神の小羊」と言いました(ヨハネ福音書1章29節)。そして、ヨハネの手紙1章7節には、「神が光の中におられるように、わたしたちが光の中を歩むなら、互いに交わりを持ち、御子イエスの血によってあらゆる罪から清められます」とあります。
 
 私たちは、「わたしは汚れた者です」と呼ばわらなければならない存在でしたが、今は、主イエスの血によって清められた者とされ、聖霊の力を受けて、主の恵みを証しし、福音を告げ知らせる務めに任じられました。神に選ばれ、聖なる者とされ、愛されてるのですから、互いに愛し合い、忍び合い、赦し合って、キリストの平和が心を支配するようにしましょう。そのために、私たちは招かれて一つの体とされたのです(コロサイ書3章12節以下、15節)。

 主よ、あなたの御愛を感謝します。深い憐れみに感謝します。私を、御名のゆえに正しい道に導き返して下さいました。家族や知人をお与え下さって感謝します。日ごとの恵みを家族、友人と共に分かち合い、恵みの地境を広げさせて下さい。 アーメン