アパ・ルームとは、マルコ福音書14章15節などに出て来る、「二階の部屋」(upper room)のことです。そこで、主イエスと弟子たちによる「最後の晩餐」が行われました。そして、使徒言行録1章13節を見ると、使徒たちがそこに集まって熱心に祈った結果、2章に記されている、約束の「聖霊が降る」というペンテコステの出来事が起こりました。

それに由来して、74年前にアメリカで、キリスト教のデボーション・ガイド(祈りと聖書の日課誌)が創刊されました。
現在、40ヶ国語に翻訳され、世界で約300万人の人々が、アパ・ルーム誌を用いて、聖書を読み、祈りと信仰に導かれているそうです。

サイドバー・「リンク集」の「アパ・ルーム」をクリックし、開いたサイトの、「今日の黙想」ボタンをクリックすると、その日の聖書の箇所と、その箇所に関係する信仰の体験談が記されています。これは、「電子アパ・ルーム」と呼ばれています。
以前は、PDFファイルになっていて、ダウンロードして開くようになっていましたが、サイトがリニューアルされてから、そのままでは保存出来ないようになりました。

定期行動を申し込むと、PDFファイルの「アパ・ルーム」が届きます。

とにもかくにも、まずは、アパ・ルームを開いてみて下さい。そして、そこに記されている聖書の言葉と、信仰体験談を読んでみましょう。

大牟田教会のサイトでは、「今日の御言葉」を毎日更新しています。
URL http://www.h7.dion.ne.jp/~omutabc/bblstudy.html
最長2週間分を見ることが出来ます。それを用いて、毎日聖書を1章ずつお読み下さることをお勧めします。そうすると、約2年半で旧約聖書を読み通すことが出来ます。

これを通して、聖書を通読することが出来たというメールを下さった方が何人もいます。「今日の御言葉」を掲載している者として、それに勝る嬉しいメッセージはありません。是非、永遠のベストセラー聖書の通読にチャレンジしてみて下さい。

皆様に、聖書を通して神の御言葉の恵みが豊かに開かれますように。