「行け、夫に愛されていながら姦淫する女を愛せよ。イスラエルの人々が他の神々に顔を向け、その干しぶどうの菓子を愛しても、主がなお彼らを愛されるように。」 ホセア書3章1節
 
 主の言葉が再び預言者ホセアに臨みました(1節)。同じような言葉が1章2節にもあり、そこで「淫行の女をめとり、淫行による子らを受け入れよ」と命じられていましたが、ここでは、「夫に愛されていながら姦淫する女を愛せよ」と言われています。
 
 1章と3章の間に15~20年という時間を想定し、離婚した妻をもう一度愛し受け入れよという命令だ、と解釈している学者があります。また、1章の妻と離婚した後、別の姦淫している女性を愛せよとの命令だ、とする解釈もあります。いずれにせよ、ホセアは主の命令に従います。
 
 ホセアは、銀15シェケルと、大麦1ホメルと1レテクを払って、その女性を買い取りました(2節)。シェケルは、銀貨のことで、15シェケルは、銀貨15枚です。また、1レテクは0.5ホメルですから、1ホメルと1レテクは1.5ホメルということになります。1ホメルは約230リットルと言われますので、1.5ホメルは345リットルとなります。かなりの分量です。
 
 列王記下7章18節に、「大麦2セアが1シェケル・・で売られるようになる」という言葉あります。1セアは7.7リットルですから、1.5ホメルは44セア、2セアが1シェケルで売られるのですから、1,5ホメルは22シェケルになります。
 
 女性が請願をかけて聖所に身をささげるとき、銀貨30枚を払いました(レビ記27章4節)。奉納した人がそれを買い戻すとき、その相当額に五分の一を加えて支払えという規定があります(同27章13節など)。15シェケルと22シェケルで37シェケル(銀貨37枚)になります。少々こじつけじみているかもしれませんが、これは、神殿にささげられた女性の買戻しの額に相当すると考えることが出来ます。
 
 2章18,19節との関連で、この女性は、バアル神殿に仕える神殿娼婦として、礼拝儀式の中で姦淫を行っていたと考えられます。バアル信仰では、神殿娼婦と交わることで、五穀豊穣が約束されると信じられていたわけです。彼女は、偶像に仕える誤った信仰から、そして、それにまつわる淫行から贖い出された、というわけです。
 
 ホセアが同じ女性のために2度、贖い代を払ったとすれば、それは、たんに主の命令に従っただけというのではなく、ホセアがこの女性をいかに愛していたかという確かな証しではないでしょうか。
 
 自分を愛してくれる者のために犠牲を払うことは難しいことではありませんが、自分を愛さないで姦淫を重ねる者のために犠牲を払うのは、一度でもノーサンキューです。ホセアはそれを二度したわけです。そんなことが実際に出来るのでしょうか。ホセアは本当にそれをすることが出来たのでしょうか。
 
 ホセアというのは、「ヨシュア」という名前の変形(短縮形)です。「ヨシュア」の正式な発音は、イェホシュアというのです。民数記13章16節に、「モーセは、ヌンの子ホシェアをヨシュアと呼んだ」とあります。いずれも「主は救いたもう」という意味ですが、ヨシュアと正式に発音する方が、「主(ヤハ)」という意味が鮮明なのです。そして、ヨシュアをギリシャ語で表記すると、「イエス」となります。
 
 そして、私たちの主イエスというお方は、繰り返し罪を犯し、神に背く私たちのために、本当にご自身を犠牲としてささげて下さったお方です。この主が私たちに、「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい」と命じられました。私にはそのような力はなく、そのような愛も持ち合わせておりませんが、主イエスの愛を頂きながら、主イエスの愛に支えられ励まされて、互いに愛し合う者にならせていただきたいと思います。

 主よ、心を尽くして神を愛し、自分を愛するように隣人を愛する者にならせて下さい。聖霊を通して、神の愛を心に注いで下さい。 アーメン