「ハレルヤ。新しい歌を主に向かって歌え。主の慈しみに生きる人の集いで賛美の歌をうたえ。」 詩編149編1節

 詩篇149編も、「ハレルヤ」で始まり、「ハレルヤ」で閉じられる「ハレルヤ詩編」(146~150編)です。

 まず、イスラエルの民を賛美へ招きます(1~3節)。冒頭の言葉(1節)に、「主の慈しみに生きる人の集いで賛美の歌をうたえ」とあります。「主の慈しみに生きる人」とは、主の慈しみなしには生きられない、主に依り頼んで生きる人ということです。ということは、神の御前に謙って歩む者ということになり、それは、主イエスが山上の説教で語られた、「心の貧しい人々(リビングバイブル「自分の貧しさを知る謙遜な人)」のことといってもよいでしょう。だから4節に、「主は御自分の民を喜び、貧しい人を救いの輝きで装われる」と言われているわけです。
 
 続く2節に、「シオンの子らはその王によって喜び躍れ」と言われていますが、ここで「王」というのは、前の行の「イスラエルはその創り主によって喜び祝い」という言葉から、かつてイスラエルに君臨したダビデ家の王たちではなく、天地を創り、イスラエルを統べ治められる万軍の主なる神を指しています。
  
 1節の「主の慈しみに生きる人」を、2節で「イスラエル」、「シオンの子ら」と言い換え、主なる神が造り主として、また王として、御自分の民に慈しみをお与えになるがゆえに、4節の言葉でいえば、「貧しい人を救いの輝きで装われる」ので、喜び祝い、喜び躍ることが出来るというのです。
 
 5節以下には、「主の慈しみに生きる人」に与えられる装いについて、述べられています。6節に、「口には神をあがめる歌があり、手には両刃の剣を持つ」と語られます。「両刃の剣」は、「国々に報復し、諸国の民を懲らしめ」(7節)、「王たちを鎖につなぎ、君侯に鉄の枷をはめ」(8節)るために与えられるのですが、9節では、「定められた裁きをする」と言われていますので、これは、神の裁きの言葉ということです。神が、イスラエルを苦しめ、悩ませた国々の民らを裁かれるというわけです。

 両刃の剣と言えば、ヘブライ書4章12節でも、「神の言葉は生きており、力を発揮し、どんな両刃の剣よりも鋭く、精神と霊、関節と骨髄とを切り離すほどに刺し通して、心の思いや考えを見分けることができる」と言われております。

 勿論それは、神の裁きの言葉をもって、誰彼となく切りつけて報復してよいということではありません。
 
 エフェソ書6章10節以下に、悪魔の策略に対抗して立つことが出来るように、神の武具を身につけよと命じられています。その中に、「霊の剣、すなわち神の言葉を取りなさい」(同17節)という言葉があります。この剣は、敵を成敗する正義の刃などではありません。同14節に、「正義を胸当てとして着け」と言われています。つまり、正義は私たちの命を守る胸当てであって、剣ではないのです。
 
 同19節に、「わたしが適切な言葉を用いて話し、福音の神秘を大胆に示すことができるように」といい、さらに20節で、「わたしはこの福音の使者として鎖につながれていますが、それでも、語るべきことは大胆に語れるように」と言っています。すなわち、私たちが身につける霊の剣、神の言葉とは、救いの恵みを与える福音の言葉、人を生かす命の言葉ということになります。
 
 実に主イエスは、私がまだ罪人であったとき、、不信心な私のために死んで下さいました。むしろ神の敵であったのに、私たちに愛を示し、命を与え、救って下さったのです(ローマ書5章6節以下)。神によって裁かれるべき私が、救いの衣を着せられ、神の子とされたのです。
 
 それゆえ、「主の慈しみに生きる人は栄光に輝き、喜び勇み、伏していても喜びの声を上げる」(5節)のです。伏しているのが病いの床であっても、悲しみの床であっても、主イエスはそこから立ち上がらせ、喜びをお与え下さるのです。

 主よ、私たちはキリスト・イエスにあって、新しく造られたものです。古い自分に死に、神の子として生きる道を歩ませて頂いています。主とその御言葉に従って歩むことを通し、主から授けられた新しい歌で賛美することを通して、力強く主を証しさせて下さい。すべてを益に変えて下さる主を信じ、御名を崇めます。 ハレルヤ! アーメン!