「わたしのもとにとどまっていなさい。恐れることはない。わたしの命をねらう者はあなたの命をもねらう。わたしのもとにいれば、あなたは安全だ。」 サムエル記上22章23節
 
 サウルを恐れて逃避行を続けているダビデですが、彼のもとに人が集まり始めました。まず、ダビデがアドラムの洞窟に難を避けていることを聞いた兄弟や父の家の者が皆、ベツレヘムから下って来ました(1節)。ダビデがサウル王から命を狙われているということは、兄弟や家族、親族にとっても大きな脅威でしょう。実際に、彼らにもサウルの手が伸びていたのかも知れません。
 
 続いて、「困窮している者、夫妻のある者、不満を持つ者」が集まって来ました(2節)。サウルのもとでは力が発揮出来なかった者、役に立たなかった者が、ダビデのもとで整えられ、やがて大切な戦力となっていきます。その数は既に400人にもなりました。
 
 ダビデは、両親をモアブの王に託します(3節)。モアブは、ダビデの曾祖母ルツの故郷です。おそらく、ダビデの両親は年老いていて、サウルを避けて荒れ野を旅するのは困難なことだったと考えられます。また、サウルの兵と戦いを交えることになれば、そのとき、モアブの王とダビデの間に友好関係が築かれていたわけです。
 
 更に預言者ガドがやって来て、彼に指示を与えます(5節)。ダビデは、ガドの言葉に従って、すぐに行動を起こしました(5節)。それから、祭司アヒメレクの息子アビアタルです(20節)。アヒメレクとその父アヒトブの家の者たち、「亜麻布のエフォドを身に着けた者(即ち祭司)85人」(18節)がサウルに無実の罪で殺され(11節以下)、祭司の町ノブの住民も家畜も、皆殺しにされました(19節)。アビアタルがただ一人、逃れることが出来たのです。
 
 その悲劇の原因は、昨日学んだとおり、ダビデがその種を播いたのです(21章参照)。おのが罪を認めたダビデは(22節)、冒頭の言葉(23節)にある通り、アビアタルの保護を約束します。
 
 一方、サウル王は、神の命に背いたため、預言者サムエルが彼を離れ(15章35節)、ダビデが油注がれた結果、主の霊がサウルを離れ(16章14節)、誰よりも勇敢に戦って武勲を立て、名声を得た家臣ダビデを妬み、殺そうとしたので(18章30節)、ダビデとその家の者が離れ、そして、サウル王の息子ヨナタン、ダビデの妻となったサウル王の娘ミカルはダビデを愛していたので、王の命に背いてダビデを逃がしました(19章2節以下、同11節以下)。
 
 そして、ダビデに味方してサウルに刃向かわせたという廉で祭司一族を皆殺しにします(13,16,18節)。そのようなことをして、神を味方に付けることは出来ません。神に敵対しながら、今後、外敵に対してどのように立ち向かうつもりなのでしょう。
 
 こうしてサウルが王座にしがみつこうと躍起になればなるほど、神に背いて神に退けられるという結果を招いているのです。サウルに不満を持つ者がダビデのもとに身を寄せるようになるのも、主の霊が彼のもとを去り、神の恵みを失ってしまっているからです。
 
 こうして、サウル王が失ったものを、ダビデが従えるようになっていきます。主がダビデと共におられ、神の国イスラエルを立て直そうとしておられるのです。そこに神の癒しがあり、救いがあります。ダビデがアビアタルに、「わたしのもとにいれば、あなたは安全だ」と言っていますが、ここで安全を保証出来るのは、ダビデの力ではなく、主が共におられるからです。
 
 神の御言葉に背いたサウルから主の霊が去ったように、主を信頼し、御言葉に従おうとしないなら、恵みを失います。私たちと共に働いて、万事が益となるようにして下さる主を仰ぎ、信じて御言葉に耳を傾けましょう。

 主よ、私たちは心を確かにして、あなたに賛美の歌を歌います。あなたの慈しみは大きく、天に満ち、あなたのまことは大きく、雲を覆います。神よ、天の上に高くいまし、栄光を全地に輝かせて下さい。 アーメン