昨日、クリスマスイブ・キャンドルサービスが行われました。
参加者は、子ども12名を含め、86名でした。

今回は、初めての方もたくさんおいで下さいました。

句会のお友達がおいで下さったり、幼稚園の保護者会でご一緒だった方がお見え下さったり、また、チラシがポストに入っていたので、とおいで下さった方もありました。

葉書を出したり、ポスターや看板を貼ったり、チラシを配ったり、色々な方法で案内致しましたが、それらは決して無駄にはならないということを、今回も見せて頂きました。

ご案内下さった教会の皆様にも、感謝致します。


今回、もしもイエスさまがこの世においでにならなかったらという話をさせて頂きました。
そうすると、勿論、クリスマスはありません。
サンタクロースも、ジングルベルも、ツリーも、ケーキもなくなります。

新約聖書がなくなります。
罪の赦し、永遠の命、復活の希望もなくなるでしょう。

教会もありません。
私は牧師ではなく、別の仕事をしていることになります。


そう考えると、今日このようにクリスマスを祝うのは、キリストがこの世においで下さったからこそです。
あらためて、主の恵みに感謝し、心からクリスマスを喜び祝いたいと思いました。