11月30日は、カメラの日だそうです。
32年前(1977年)の今日、小西六写真工業(現コニカミノルタ)が、世界初のオートフォーカス(AF)カメラを発売したのを記念するものです。

小西六写真工業は、写真材料・石版材料を取り扱う小西六兵衛店として1873年に設立され、その後、小西六写真工業に改称しました。
印画紙、カメラ、カラーフィルムなどを我が国で初めて国産化し、フィルム、カメラのトップブランドなりました。

1968年に発売されたコニカC35は、「ジャーニーコニカ」の愛称で売られたハーフサイズのコンパクトカメラですが、私も学生時代、これでよく写真を撮りました。

その後、世界初ストロボ内蔵のコニカC35EFを1975年に発売、「ピッカリコニカ」の愛称で大ヒットしました。

そして、2年後の1977年、世界初のオートフォーカスカメラ「コニカC35AF」が誕生しました。
いつでも自動的にピントがぴったり合うコンパクトカメラということで、「ジャスピンコニカ」と名付けられました。

30年前に、4万2千8百円もした高価なカメラでしたが、それでも大ヒット商品となりました。

これにより、露出や距離、ピントを全自動で調節してくれるし、ストロボも内蔵されているということで、誰でもいつでもどこでも、気軽にカメラをもって撮影することが出来るようになったという点で、画期的なカメラが登場してきたわけです。

誰がいつ「カメラの日」を制定したのか、残念ながら不明ですが、上記の理由でこれがカメラの日とされることに、何の異存もありません。

残念といえば、小西六写真工業は、1987年にコニカ株式会社となり、2003年にミノルタと合併してコニカミノルタホールディングスとなりましたが、DPE分野の事業を2006年に大日本印刷(DNP)に譲渡、カメラ部門も同年、ソニー(SONY)に譲渡して、コニカのカメラ、写真事業は幕を閉じてしまったということです。


YouTubeで、ピッカリコニカを宣伝する井上順のCM映像を見つけました。