「このすべての言葉を聞きながら、王もその側近もだれひとり恐れを抱かず、衣服を裂こうともしなかった。」 エレミヤ書36章24節

 「ユダの王、ヨシヤの子ヨヤキムの第4年」(1節)、即ち、紀元前605年に、主がエレミヤに語りかけられました。この年は、バビロンの王ネブカドレツァルが即位した年でもあります(25章1節参照)。
 
 主は、「巻物を取り、わたしがヨシヤの時代から今日に至るまで、イスラエルとユダ、および諸国について、あなたに語ってきた言葉を残らず書き記しなさい」と命じられました(2節)。「ヨシヤの時代」とは、1章2節の「その治世の第13年」(紀元前627年)ごろということで、それから20年余りに亘り、エレミヤは預言者としての務めをなしてきたのです。
 
 その預言がすべて書き記されることで、「ユダの家は、わたしがくだそうと考えているすべての災いを聞いて、それぞれ悪の道から立ち帰るかもしれない。そうすれば、わたしは彼らの罪と咎を赦す」(3節)と言われました。
 
 そこで、エレミヤはバルクを呼び、巻物に口述筆記させます(4節以下)。こうして、エレミヤ書のプロトタイプが出来ることになりました。
 
 「ヨヤキムの治世の第5年9月」(9節)、それは紀元前604年12月ごろのことですが、バルクは神殿で、エレミヤの言葉を読みました。それを、「書記官、シャファンの子ゲマルヤの部屋からすべての人々の読み聞かせた」のです。それを聞いたゲマルヤの子ミカヤは、王の高官たちにそれを伝え、そこでバルクはもう一度読みます(13節以下)。高官たちは、「この言葉はすべて王に伝えねばならない」(16節)と言いますが、それによってエレミヤに危害の及ぶのを恐れ、「あなたとエレミヤは急いで身を隠しなさい」とバルクに言います(19節)。
 
 そして、宮殿の冬の家にいた王の前で、エレミヤの預言が記された巻物が読み上げられます(21節)。王は、読む端からその巻物を切り裂き、暖炉の火にくべてしまいました(23節)。彼らは、神とその預言の言葉を恐れず、神が期待したような、「悪の道から立ち返ろう」というそぶりも見せなかったのです。
 
 かつて、ヨヤキムの父、ヨシヤ王は、神殿で律法の書が見つかり、書記官シャファンがそれを読み上げたとき、その衣を裂き(列王記下22章8節以下、11節)、そして、ユダとエルサレムのすべての民にそれを読み聞かせて、主の戒めと定めと掟を守り、契約の言葉を実行することを誓いました(同23章1節以下、3節)。「彼のように全くモーセの律法に従って、心を尽くし、魂を尽くし、力を尽くして主に立ち返った王は、彼の前にはなかった。彼の後にも、彼のような王が立つことはなかった」と、最上級の賛辞が語られます(同25節)。
 
 ここに、ヨシヤ王と書記官シャファン、ヨシヤの子ヨヤキム王とシャファンの子ゲマルヤという2世代の王と書記官の組み合わせがあります。そして、書記官が伝えた神の言葉に対する王の対応は、全く違いました。ヨシヤ王は、書記官シャファンの朗読する神の言葉で衣を裂いて悔い改めましたが、その子ヨヤキムは、シャファンの子ゲマルヤが巻物を燃やさないようにと懇願するのに、耳を貸しませんでした(25節)。
 
 最上級の賛辞が献げられたヨシヤ王ですが、しかし列王記の記者は、「(ヨシヤの祖父)マナセの引き起こした主のすべての憤りのために、主はユダに向かって燃え上がった激しい怒りの炎を収めようとはなさらなかった」(列王記下23章26節)と報告しています。焼け石に水ということでしょうか。しかし、エレミヤに語りかけられた主の言葉(3節)からすれば、焼け石に水でも、続けていけばその熱を冷まし、炎を消すことが出来るということになるでしょう。けれども、ヨシヤの子ヨヤキムは、主の言葉に耳を傾けようともしません。逆に、火に油を注ぐような振る舞いをします。
 
 これが、31章29節で「先祖が酸いぶどうを食べれば、子孫の歯が浮く」と言われた、旧い契約に基づいて、先祖の罪で子孫が祟られるという、罪の呪いでしょう(出エジプト記20章5節)。
 
 主イエスは、罪の呪いを断ち切り、「新しい契約」(同33節)を結ぶために十字架で血を流し、贖いの業を完成して下さいました。「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」と言われる主の御言葉に耳を傾け、救いの恵みに与りましょう。

 主よ、ヨヤキムは神の言葉を暖炉の薪程度にしか考えず、その結果、そこに記されていた罪の呪いを身に受けることになりました。主よしかし、私はヨヤキムを笑えません。時に、御言葉を蔑ろにし、心で思ったとおりに行動出来ないのです。どうかこの愚かな者を憐れんで下さい。聖霊に満たし、御言葉の導きに従って歩むことが出来ますように。 アーメン