先月28日、キ保連九州部会福岡地区のクリスマス会が、一足早く福岡中部教会で開かれました。
福岡中部教会は、福岡市中央区役所のすぐ側にあります。
県内、福岡市以南にあるキリスト教主義の幼稚園・保育園から150名ほどの保育者たちが集まりました。

第一部は礼拝で、ルカ福音書2章6~14節を通して、クリスマスの意味を共に学びました。

キ保連02第二部は祝会で、オカリナ&ギターの演奏を聞きました。
お二人は、以前は福岡市民だったそうですが、現在は、背振の山の中に住んでおられるそうです。
そのような生活を選ぶ生き方も含めて、演奏を通してとても穏やかで暖かな空気を会場に満たして下さいました。

聞いていて、いつの間にか心が清々しくなっていました。
どんな演奏だったのか知りたい方は、幼稚園のブログをご覧下さい。
URL http://blog.livedoor.jp/hikarinokoyouchien/archives/184270.html

会の後、清泉幼稚園の園長先生から、「先生は何番目ですか」と尋ねられました。どうして知っているのかと聞き返すと、なんと、以前は岐阜におられて、岐阜バプテスト教会の会員だったと言われたのです。
びっくりしました。
私の中学・高校時代を知っている人が、こんな近くにおられるなんて。

日本は狭い。悪いことは出来ない(・・と言いながら、悪いことをしないはずもないけど・・)。