「バラムは主の御使いに言った。『わたしの間違いでした。あなたがわたしの行く手に立ちふさがっておられるのをわたしは知らなかったのです。もしも、意に反するのでしたら、わたしは引き返します』。」 民数記22章34節
 
 22~24章は、「バラクとバラム」について記されています。モアブ人の王ツィポルの子バラクは(4節)、おびただしい数のイスラエルの民が近づいて来るのを見て恐れをなし(2,3節)、「ユーフラテス川流域にあるアマウ人の町ペトルに住むベオルの子バラムを招」き(5節)、イスラエルを呪ってもらおうと考えました(6節)。
 
 21章27節以下に、モアブがアモリ人の王シホンに滅ぼされ、捕虜となったという歌が記されています。アモリ人がモアブ人に勝ったという出来事、それを祝う歌がそこに記されているのは、モアブ人に勝ったアモリ人をイスラエル人が打ち破ったからです。モアブに勝ったと歌われているアモリ人を打ち破ったイスラエルが、いかに強いことかということを強調しているわけです。
 
 ということで、自分たちを打ち負かしたアモリ人を返り討ちにしたイスラエルの民をモアブの王バラクが恐れるのは、当然の成り行きだということを示しているのです。
 
 バラクは、長老たちを使者として礼物を持たせ、遠路はるばる預言者バラムのもとに遣わします(7節)。バラムが主の前に伺いを立てると(10,11節)、主は、「あなたは彼らと一緒に行ってはならない。この民を呪ってはならない。彼らは祝福されているからだ」と答えられました(12節)。それでバラムは、バラク王の使者に断りを告げます(13節)。
 
 バラク王は、使者が役不足だったかと考えて、政府高官を派遣し(15節)、「あなたを大いに優遇します。あなたが言われることは何でもします」(17節)と、まるで、白紙の小切手を渡して、好きなだけの金額を書き込みなさいといわんばかりの招き方をします。
 
 バラムは、「たとえバラクが、家に満ちる金銀を送ってくれても、わたしの神、主の言葉に逆らうことは、事の大小を問わず何もできません」と言い(18節)、もう一度神の前に出ます。すると、先には「彼らと一緒に行ってはならない」と言われた神が、「立って彼らと共に行くがよい。しかし、わたしがあなたに告げることだけを行わねばならない」(20節)と、方針を転換されました。
 
 「ところが、彼が出発すると、神の怒りが燃え上がった」と22節に記され、抜き身の剣を手にした主の御使いが、妨げる者となって道に立ちふさがります。23節以下の、「バラムとろば」のやり取りは大変ユーモラスですが、ろばには見えた主の御使いが、預言者には分からなかったというのは、皮肉なことですね。
 
 これは、バラムはバラクの、「あなたを大いに優遇する。言われることは何でもします」という報酬の大きさに目がくらんでいたということでしょう。もともと、「一緒に行ってはならない、呪ってはならない」と言われていたのに、改めて託宣を求めているのは、政府高官の持ち出した報酬に心動かされているためだと思われます。

 使徒ペトロが「バラムは不義のもうけを好み」と記し(第二ペトロ書2章15節)、主イエスの弟ユダも「金もうけのために『バラムの迷い』に陥り」と語っているのは(ユダ書11節)、そのためでしょう。
 
 主によって目が開かれ、すっかり肝を潰したバラムが語ったのが、冒頭の言葉(34節)です。それに対して主の御使いは、「この人たちと共に行きなさい。しかし、ただわたしがあなたに告げることだけを告げなさい」と、先の託宣と同じことを告げます(35節)。
 
 ここに神は、バラムをイスラエルを呪う呪(まじな)い師としてでなく、イスラエルを祝福する預言者として召し、モアブの王バラクのもとに遣わそうとされているのです。そのときにバラムが報酬に心惑わされてしまわないように、主の御使いによって、しっかり釘を刺されたわけです。
 
 私たちも、外見などに惑わされず、しっかりと御言葉に耳を傾け、その導きに従って歩みたいと思います。

 主よ、知恵と啓示の霊を賜り、神を深く知ることが出来ますように。心の目が開かれて、神の招きによってどのような希望が与えられているか、聖なる者たちの受け継ぐものがどれほど豊かな栄光に輝いているか、そして、私たちに対して絶大な働きをなさる神の力だどれほど大きなものであるか、悟らせて下さいますように。 アーメン