教役者会02先日、大牟田・熊本ブロックの教役者会を、八代で行いました。
八代の教会を訪ねるのは初めてでしたので、予め地図で確認しておりましたが、比較的分かりやすい場所でした。



 
教役者会01教会の庭の一角に、正確には分かりませんが、7メートルほどの高さの大きな十字架が立っていました。
周囲を田畑に囲まれていて、表の道路からすぐに見えたそうですが、今はビニールハウスが立ち並び、教会の姿は見えません。
そこで、十字架の塔を建てようということになったそうです。


教役者会03今回の教役者会参加者は、大牟田、有明、大牟田FS、菊池シオン、東熊本、山鹿、八代、人吉から12名+子ども1人でした。
いつものように、第一部は礼拝。今回は、私が説教を担当致しました。
八代新生教会の牧野先生には、証しを伺いました。
礼拝後の感想・説教批評は、専ら最初の小咄に集中し、大変盛り上がりました。

最初にジョークを言うという説教スタイルは、アメリカのジョエル・オースティン先生がそうですし、また大和カルバリーチャペルの大川従道先生がそうです。
聴衆の心を開かせ、福音を聴き易くするためには、笑わせることが一番と、韓国の今は亡き大伝道者・申賢均先生も仰っていました。
本田弘慈先生も同様だったでしょう。
そう、ハワイのウエイン・コデイロー先生の説教でも、ジョークのない時はないようです。
こう並べて、自分を正当化しようとしているわけですが…

説教はもとより、ジョークの面白さも、比較にはなりません。
大川先生、コデイロー先生たちの説教は、CGNTVのサイトでも見ることが出来ます。
大川先生:大和カルバリー http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=2306
コデイロー先生:ニューホープ http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=2401

第二部は、近況報告、打ち合わせです。それぞれの近況などを報告し合いました。
私は、教会の新会堂建築の進捗状況と父の召天について話しました。
また、会場を提供して下さった八代新生教会の牧野先生の健康とお働きのため、皆で心を合わせて祈りました。

次回は、5月18日(火)午後2時より、人吉教会で開催することになりました。
その中で、教役者会の新幹事を決めたいと思っています。