教役者会01ブロック教役者会が菊池シオン教会で開かれました。
今回は、7月27日(月)~28日(火)に予定されている南九州バプテスト大会の具体的な話し合いをするのが、主な目的です。
大会の会場は、熊本・火の国ハイツです。

3年前も、同じ会場で大会を開催する準備を致しましたが、大雨の影響で開催中止を余儀なくされました。
夢をもう一度というわけです。

教役者会02大会のテーマは、「私たちには夢がある ~賛美はすごい~ 」です。
「夢」に「うた」とルビを振ります。
かなり強引な力業かも知れませんが、賛美の楽しさ、賛美の力、賛美の素晴らしさを味わい、分かち合うことが出来ればと願っています。

主題聖句は、「主を喜び祝うことこそ、あなたたちの力の源である」(ネヘミヤ記8章10節)を選びました。

特別ゲストには、豊原奏・さやかご夫妻(栗ヶ沢教会員)をお招きします。
奏さんは声楽家(テナー歌手)、さやかさんはチェロ奏者です。
ご夫妻のコラボによる素敵な神賛美に、ご一緒に耳を傾けましょう。

二日目には、分団でお二人にそれぞれ、賛美について、楽器を演奏することについて、ご指導いただきます。

この分団の時に、連盟性差別問題特別委員会と連合教会教育部がタイアップして(連合社会委員会協賛)、「性差別を考える」という分団も設けられることになりました。

さらに、大会講師として、国際ミッションボランティアでタイに派遣された杉山いずみさん(所沢教会員)をお招きし、小羊会の指導をしていただくほか、大会でタイ・レポートをお願いしています。

連合内28教会・伝道所の皆様が一堂に会し、賛美溢れる集いとなるよう、万全の準備が出来るように、特に神様の恵みが豊かに注がれるように、お祈り致します。