無事、旅を終えて帰って来ました。

首里教会今回の主要目的は、首里教会を訪ねることでした。
首里教会は、2年前に宣教開始50周年を迎え、会堂を新しく建て直されていました。
1階は幼稚園舎、2階に礼拝堂という作りです。
斜面を利用しているので、礼拝堂が2階といっても、前の道路から駐車場を経て、まっすぐ礼拝堂に入ることが出来ます。

斜面利用幼稚園舎には、後ろの道路から、これまた階段などを使わずに入って来れるようになっています。
礼拝堂が階上にあるので、天井を高くすることが出来、また、天窓から明るい光が差し込むので、電気代を節約することが出来たそうです。
調先生の時代から使われている井戸が今も健在で、渇水のときにも涸れることがないので、本当に助かるとのことでした。

1階:園舎 2階:礼拝堂
建築委員長の中城兄が、会堂建築にチャレンジして、人の思いを超えた神の導きに与ったと言われていました。
大変なこともあったのだと思いますが、それだけに成し遂げることが出来て喜びも一入だったことでしょう。
何よりも、そのことで神の恵み、神がおられて、自分たちを助けて下さったという経験をされたことは、本当に素晴らしいことだったと
礼拝堂思います。
また、礼拝堂が新しくなって、以前からの教会員に加え、新しく教会に来られる方が増えたと、玉城牧師が仰っておられました。
新会堂建築に臨もうとしている私たちの背中を、神が優しく押しておられるような、そんなお話を伺うことが出来、まさに神の導きを感じさせられています。

(写真をクリックすると、拡大版を見ることが出来ます)