今朝、九州自動車道が帰省ラッシュのために渋滞しているというニュースがあったようですが、現在、九州内の高速、一般道共に車の流れは順調のようです。
夏休みの取り方、お盆の過ごし方が多様化して来ている上に、ガソリンの高騰で車の使用を控える人が多くなっているためでしょうか。

ところで、お盆は、旧暦の7月15日を中心に行なわれる祖先の霊を祀る行事ですが、仏教行事と認識されているものの、仏教の教義では説明出来ない部分も多く、神道の行事に仏教行事の「盂蘭盆」(うらぼん)が習合して現在の形になったと考えられています。
「盂蘭盆」とはインド・サンスクリット語のウランバナ(「逆さ吊り」の意)を漢字音写したもので、 転じて「逆さまに釣り下げられるような苦しみにあっている人を救う法要」という意味になりました。
お盆の行事は、釈迦の弟子の一人、目連尊者が母を救う、以下のような話に由来しています。
目連尊者は、自分の亡き母が餓鬼道(地獄)に落ち、逆さ吊りにされて苦しんでいることを知りました。
そこで、どうしたら母親を救えるのか釈迦に尋ねたところ、「夏の修行の終わる7月15日に僧侶を招き、供物をささげて供養すれば、母親を救えるであろう」と、釈迦は答えました。
目連尊者がそのとおりにすると、母親は無事、極楽往生を遂げたということです。
以来、旧暦の7月15日は、父母や先祖に報恩感謝をささげ、供養をつむ重要な日となったわけです。
とはいえ、この行事は元もと、釈迦が考えたものではないようです。
盂蘭盆のよりどころとされている「盂蘭盆経」は、「父母恩重経」や「善悪因果経」などと共に、中国で成立した偽経と考えられているからです。
もともと、人々が衆僧に飲食などの供養をした行事が転じて祖先の霊を供養する行事となり、儒教の孝の倫理の影響を受けて、目連尊者の亡母の救いのための衆僧供養という伝説が付加されたのであろう、ということです。
つまり、仏教が中国に伝わり、日本に採り入れられる過程で、様々な教えが混交してきたわけです。
その意味では、釈迦が日本のお盆の行事を見ると、びっくり仰天するのかも知れません。

ただ、彼岸や盆、正月といった節目のときに家族、親族が共に集い、安否を確認して互いの健康や幸せを祈ると共に、親や祖先に感謝することは、宗教などに関わりなく、大切にしてよい風習ではないでしょうか。
聖書には、「あなたの父母を敬え。そうすればあなたは、あなたの神、主が与えられる土地に長く生きることができる」(出エジプト記20章12節、マタイ15章4節、19章19節など)という言葉があります。
親を殺した、子を殺したという事件を、もうそんなに驚かずに聞くようになった昨今、その大切さは重さを増しているとさえ思います。
命を大切にすべきこと、お互いに愛されるべき存在であることを、こうしたときにしっかりと確認し合いたいと思います。