「王の介添えをしていた侍従は神の人に答えた。『主が天に窓を造られたとしても、そんなことはなかろう』。エリシャは言った。『あなたは自分の目でそれを見る。だが、それを食べることはない。』」 列王記下7章2節

 アラムの王ベン・ハダドが全軍を招集して、サマリアを包囲しました(6章24節)。ベン・ハダドとは、アラムの神である「ハダド」の息子という意味のアラム王の称号です。

 聖書中では、ユダの王アサの時代に、ベン・ハダド1世が登場します(列王記上15章18節)。それから、イスラエルの王アハブの代に出て来るのがベン・ハダド2世で(同20章1節)、今回と同じ人物です。

 アハブは、神の助けによってアラムを2度打ち破りましたが(同20,21節、29節以下)、そのとき、ベン・ハダドの助命の嘆願を受け入れて協定を結び(32節以下)、彼を安全に帰国させました(同34節)。

 その協定を破り、ベン・ハダドは三度目イスラエルに攻め込み、サマリアを包囲して兵糧攻めにしているわけです。サマリアは、大飢饉に見舞われた上にアラム軍による包囲で、まさに泣き面に蜂状態、大変なことになりました(列王記下6章25節)。

 そこで、イスラエルの王ヨラムは、エリシャに使者を遣わし、エリシャの首をはねさせようとします(同31節)。それは、ヨラム王が、この大艱難が主によって引き起こされたものと考えていて(同33節)、それゆえ、主の預言者にその怒りをぶつけようとしているわけです。

 しかし、主がイスラエルに艱難を与えているのであれば、エリシャを殺したところで、それが止む道理はありません。むしろ、主を畏れないその行為が、主の怒りの炎に油を注ぐ結果になるだけです。ヨラムに求められているのは、主を畏れ、その御前に謙ることでしょう。

 しかるにエリシャは「明日の今頃、サマリアの城門で上等の小麦粉1セアが1シェケル、大麦2セアが1シェケルで売られる」(1節)と告げます。1シェケルが現在の貨幣価値でいくらになるのか分からないので、高いのか安いのか判別できませんが、しかし、穀物が売りに出るということは、飢饉とアラム軍という大艱難を脱出できるということです。

 ところが、王の介添えをしていた侍従は、エリシャの告げる主の御言葉を信用しません。冒頭言葉(2節)のとおり「主が天に窓を造られたとしても、そんなことはなかろう」と答えています。それは、侍従だけでなく、ヨラム王も、そしてアラム軍に包囲されているサマリアの町の住民も、同様だったのではないでしょうか。

 そのとき、都の城門の入り口に重い皮膚病を患う者が4人いて、このままここに座して死を待つよりも、アラム軍に投降しよう。うまくいけば生き延びることが出来るかも知れないと考えて、立ち上がりました(3,4節)。ところが、アラムの陣営に近づいてみると、そこはもぬけの殻でした(5節)。

 それは、主が戦車や軍馬、大軍の音をアラムの陣営に響き渡らせられたので、イスラエルがヘト人の諸王やエジプトの諸王に援軍を頼んだのだと恐れ(6節)、アラム軍は取るものも取り敢えず、逃げ去ってしまったのでした。あとには、天幕も馬もロバもそのまま残されていました(6,7節)。

 重い皮膚病を患っている者たちは、一つの天幕に入って思う存分飲み食いし、金品を隠して自分のものにしようとしましたが(8節)、この事実を隠したままいるなら、神の罰を受けるに違いないと考えて、これを王家の人々に知らせようとサマリアの町に戻り(9節)、情報を門衛に伝えます(10節)。

 門衛はそれを王家の人々に知らせました(11節)。知らせを聞いた王はしかし、これをアラム軍の策略と考え、重い皮膚病を患う者たちのもたらしたよい知らせを、にわかに信じることが出来ず、それは町から出て来た者たちを捕らえ、町に攻め入ろうとするアラム軍の策略だと家臣たちに告げました(12節)。

 そこで家臣の一人が、偵察隊を出しましょうと進言します(13節)。そして、偵察隊が派遣されることになりましたが、彼らが出て行って見たのは、重い皮膚病を患う者たちが知らせたとおりで、軍勢を追撃してヨルダンまで行きましたが、その道の至るところに、敗走するアラム軍の衣類や武具が捨てられていました(15節)。

 偵察隊の報告を聞いた民は、アラムの陣営に行って略奪をほしいままにし、主の告げられた言葉の通り、食料が城門で売られるようになりました(16節)。サマリアを取り囲んでいたアラム軍は、どれほどの大軍だったことでしょうか。

 王は、侍従を城門の管理に当たらせましたが、殺到した民衆に踏み倒されて死んでしまいました(17節)。エリシャが、「あなたは自分の目でそれを見る。だが、それを食べることはない」(2節)と言っていたとおりです。預言者の言葉を信用しなかっただけでなく、主なる神にもそんなことは出来ないと、主を侮る発言をしたからでした。

 エリシャの告げた主の言葉をヨラム王が信じていれば、重い皮膚病を患う者たちの報告を疑うことはなかったでしょう。また、もしも偵察隊を出そうという家臣がいなければ、ヨラム王を初め、イスラエルの民は皆、いまだに空腹を抱え、座して飢え死にするのを待つばかりだったことでしょう。

 しかし、主なる神は、エリシャの告げた言葉を実現するために、アラム軍が兵糧を残して逃げ去るように計らわれ、それを重い皮膚病の者たちに発見させ、その報告を信じられない王のために、斥候を出すよう家臣に進言させ、そのようにして、エリシャの告げた福音が真実な主の言葉であり、イスラエルにまことの神、主がおられることを、明示したのです。

 イスラエルにそのように食料がもたらされたのは、ヨラムが悔い改めたからでも、イスラエルの民が主に助けを求めたからでもありません。むしろ、飢饉にアラム軍の包囲という絶体絶命の状態になったのをエリシャの責任にして、彼の首をはねさせようとしたのです。ということですから、このように救いが示されたのは、主の一方的な憐れみというほかはありません。  

 主は繰り返し、私たちが命の道、義の道を歩むことが出来るように招かれます。その道を開かれます。ところが、そのような主の言葉を素直に信じることが出来ません。あまりにも現実に囚われているからです。あまりにも罪深く、主の御声を聴くことが出来ないからです。

 「信じない者ではなく、信じる者になりなさい」(ヨハネ20章27節)と、私たちを信仰へと招かれる主の御前に謙り、常に主の御言葉に耳を傾けましょう。御旨に従い、主の御業に励む者とならせていただきましょう。

 主よ、深い憐れみをもって私たちを招き、導いていてくださり、感謝致します。日々主の御前に謙り、御言葉に耳を傾け、御霊の導きに従って歩み、その祝福に与ることが出来ますように。弱い私たちを助け、信仰に歩ませてください。 アーメン