「イスラエルの人々の嗣業の土地が一つの部族から他の部族に移ることはなく、イスラエルの人々はそれぞれ、父祖以来の部族の嗣業の土地を固く守っていかなければならない。」 民数記36章7節

 いよいよ、民数記最後の章です。民数記1章1節に「イスラエルの人々がエジプトの国を出た翌年の第二の月の一日、シナイの荒れ野にいたとき、主は臨在の幕屋でモーセに仰せになった」とありました。「荒れ野にいたとき」(ベ・ミドゥバル in the wilderness)が民数記の原題です。

 そして、36章13節に「以上は、エリコに近いヨルダン川の対岸にあるモアブの平野で、主がモーセを通してイスラエルの人々に命じられた命令と法である」と記されています。つまり、シナイ山のふもとに広がっていたシナイの荒れ野から、もう一歩でカナンというヨルダン川の東側、モアブの平野まで、約39年に及ぶシナイ半島の荒れ野の旅において起こった出来事が本書に記されていたわけです。

 1章と26章に「民数記」という題がつけられる根拠となった、イスラエルの人口調査の記事があります。1章でエジプトを脱出した民の数が数えられます。そして、彼らはモーセに不平を言い、神に背いたため、ユダ族エフネの子カレブとエフライム族ヌンの子ヨシュアの二人を除き、第一世代の人々は荒れ野で死に絶えてしまいました。

 26章で数えられたのは、約束の地に入ることが出来る民の数で、彼らは荒れ野で死に絶えた民の子ら、即ち第二世代の人々です。言ってみれば、25章までの荒れ野の旅で、世代交代がなされたわけです。

 36章には、「相続人が女性である場合の規定」が記されています。これは、27章の「ツェロフハドの娘たちの申し出」と関連があります。26章でその人口が確認された新世代の人々に命じられた様々な規定(27章12節~35章34節)が、ツェロフハドの娘たちの土地取得と相続に関する物語で挟み込まれたかたちです。

 マナセ族のヘフェルの子ツェロフハドには、娘は5人いましたが、息子はいませんでした。父の死後、この娘たちがモーセのところに来て、「男の子がないからといって、どうして父の名が氏族の中から削られてよいでしょうか。父の兄弟たちと同じように、わたしたちにも所有地をください」(27章4節)と申し出て、それが了承されました(同7節以下)。

 36章では再度そのことを取り上げて、神はツェロフハドの嗣業の地を娘たちに与えるようにされたけれども、娘たちが他の部族の男子と結婚すると、その土地は他部族に移ってしまい、マナセ族の嗣業の地が削られてしまうではないかという訴えが、マナセ族の家長たちによってもたらされたのです(2節以下)。

 それに対するモーセの回答は、「娘たちは自分を気に入ってくれた男と結婚してよい。ただ、父方の部族の一族の者とだけ結婚できる」(6節)というものです。通常、結婚相手を同族の者に限るというのは、劣性遺伝を出現させる確率が高まるので、歓迎されません。だから、そのような制限を設けず、「娘たちは自分を気に入ってくれた男と結婚してよい」というのが大原則です。

 しかしながら、それでは、マナセ族の嗣業の地が損なわれてしまいます。冒頭の言葉(7節)に言うとおり、「イスラエルの人々の嗣業の土地が一つの部族から他の部族に移ることはなく、イスラエルの人々はそれぞれ、父祖以来の部族の嗣業の土地を固く守っていかなければならない」のです。

 そこで、「嗣業の土地を相続している娘はだれでも、父方の部族の一族の男と結婚しなければならない」(8節)という制限が設けられるのです。それほどに、主から賜った嗣業の地を守ることが重要だということです。

 ただ、イスラエルの民は、ヨルダン川東部のギレアドの地を手に入れたものの、約束の地カナンにはまだ一幅の土地も手に入れてはいません。「エリコに近いヨルダン川の対岸にあるモアブの平野」にいるのです。

 けれども、27章と36章のツェロフハドの娘たちへの嗣業の地の分配と、他部族への移動を禁じる規則を通して、イスラエルの民が必ず嗣業の地を得ることが出来ることを確証するとともに、男子のみが遺産を相続するという旧来の伝統に対して、嗣業の地分配の公平性が性差によって侵されないようにしたことで、聖書世界における女性の地位を高める小さな一歩を踏み出したのです。

 イスラエルの民は、神の御言葉に信仰をもって忠実に聴き従うよう、荒れ野で訓練されて来ました。そしてまた、伝統にはなかった女性の相続を認めるなど、信仰の恵みを堅持しつつ、状況に応じて柔軟に対応することも学んだのです。

 日々主の御前に進み、謙ってその御言葉に耳を傾け、聖霊の導きによって主の御心をわきまえ、信仰をもって行動しましょう。
  
 主よ、私たちは勿論、神の子として生まれた者ではありません。しかしながら、主イエス・キリストにより、天に国籍を持つ者として頂きました。御国に生きる者として、御言葉に誠実に聴き従うように、今この地で訓練を受けています。愛する子として訓練して頂けることを、感謝します。御心をわきまえることができるよう、聖霊の導きに与らせてください。主の霊のおられるところに自由があるからです。 アーメン