静岡教会の公式サイトを更新しました。
①「礼拝説教」に礼拝プログラムと説教動画を掲載しました。
②「今週の報告」を更新しました。
③「お知らせ」は随時更新しています。
④「今日の御言葉」は毎日更新しています。
URL https://shizuoka-baptist.jimdo.com/

御覧ください。


10月10日は「目の愛護デー」です。
中央盲人福祉協会が1931年に「視力保存デー」として制定し、戦後、厚生省(現在の厚生労働省)が「目の愛護デー」と改称したものです。
その由来は、「10 10」を横に倒すと、眉と目のかたちになるからだそうです。
なるほど。

また、1963年のこの日、アイバンク(Eye bank) が開設されました。
アイバンク とは、角膜移植によってしか視力を回復できない患者のために、死後、眼球を提供することに本人または遺族の同意を得て、移植を待つ患者に斡旋する公的機関のことです。
日本でのアイバンクは、厚生労働大臣の許可を受けて運営される「眼球あっせん業」で、眼球銀行ともいいます。
眼球を提供するのですが、使用されるのは角膜です。
そのため、近眼、老眼など、視力は問題ではありません。
また、眼球摘出後に義眼をはめるので、外見上の変化もないそうです。
提供された眼球の角膜は、疾患の有無や角膜の細胞の異常などが調べられた後、利用施設に連絡され、角膜移植等に利用されます。

現在、北海道から沖縄まで54箇所のアイバンクが登録されています。
因みに、静岡県は浜松医科大学医学部付属病院内に設置されています。
献眼の方法を含め、アイバンクについての詳細は、「日本アイバンク協会」のサイトを御覧ください。