「わたしは神、あなたの父の神である。エジプトへ下ることを恐れてはならない。わたしはあなたをそこで大いなる国民とする。」 創世記46章3節

 エジプトで宰相となっていたヨセフが兄弟たちに自分の身を明かし(45章1節以下)、まだ5年は飢饉が続くので(同6節)、全家がエジプトに下って来るようにと、父ヤコブに告げさせました(同9節以下)。それはヤコブにとって、にわかに信じることの出来ないニュースでした(同26節)。

 獣に殺されたと思っていたヨセフが生きており(37章33節)、しかも、「エジプト全国を治める者になっている」というのですから(45章26節)。しかし、ヨセフが与えた数々の品を示されて、父ヤコブは元気を取り戻します(同27節)。抑え切れない喜びが湧き上がって来たことでしょう。

 46章は、物語の主人公の座が、もう一度ヨセフから父ヤコブに移ります。ヤコブ=イスラエルは、かくして一家を挙げて、エジプトに向けて旅立ちます。その途中、ベエル・シェバに立ち寄り、神にいけにえをささげました(1節)。ここはかつて、ヤコブが兄エサウを出し抜き、父イサクを欺いて、祝福の祈りを受けたところです(27章18節以下、28章10節参照)。

 その夜、幻の中に神が現れて、冒頭の言葉(3節)のとおり「わたしは神、あなたの父の神である。エジプトへ下ることを恐れてはならない。わたしはあなたをそこで大いなる国民にする」と言われました。37章以下のヨセフ物語の中で、神の顕現が記されるのは唯一ここだけです。

 ここに「エジプトへ降ることを恐れてはならない」と言われていますが、ヤコブはエジプト行きを恐れているのでしょうか。それは何故でしょうか。エジプト行きは、死んだと思っていた息子ヨセフと再会するためであり、なお5年は続く飢饉から逃れるためです。むしろ、ベエル・シェバに留まるほうが恐れを伴うというものでしょう。

 ヤコブがエジプト行きをためらい、恐れる理由を見出すことは、出来そうにありません。ここでヤコブが恐れているのは、エジプトに下ることではなく、約束の地を離れてエジプトに下ることを神が許されるのかということでしょう。

 特に、これまでは、自分が欲しいと思ったものを手に入れるためには、手段を選ばないというヤコブでしたが、あらためて神の祝福を受け、今や「イスラエル」という名を与えられています。でありながら、またもや神の御旨を尋ね求めないで、見える物に心動かされ、利益に飛びつこうとしているのではないかと神を畏れ、いけにえを献げて、御旨を祈り尋ねたわけです。

 それは、本当に神によって生きていこうとしているのか、本当にパンよりも神の御言葉が大切なのかということでしょう(マタイ福音書4章4節)。今ヤコブはここに、神を畏れ、神の御言葉を求めて礼拝をささげました。それを神が祝福されて、「安心してエジプトに下れ、そこで大いなる国民とする」という約束をくださったわけです。

 さらに、「わたしがあなたと共にエジプトへ下り、わたしがあなたを必ず連れ戻す。ヨセフがあなたのまぶたを閉じてくれるであろう」(4節)と言われます。この約束はヤコブにとって、マクペラの畑にある先祖の墓に埋葬されることを指しています(49章29節以下、50章13節)。そしてそれは、イスラエルの子孫もいつの日かカナンに戻るということを示唆するものにもなっています。

 ヤコブ=イスラエルは、息子や孫、娘や孫娘など、子孫を皆連れてエジプトへ行きました(7節)。レアから生まれた子らが33名(15節)、ジルパの子らが16名(18節)、ラケルの子らが14名(22節)、ビルハの子らが7名(25節)、かくてヤコブの子らは、合計70名です(27節)。

 既に大家族となっているヤコブですが、エジプト行きを通して「大いなる国民」となる祝福を受けました。430年後、エジプトを脱出したイスラエルの民は、兵役に就くことの出来る20歳以上の男子だけで60万3550人になりました(民数記1章45,46節)。

 ヤコブ=イスラエルが神の御前に砕かれ謙ったように、主イエスの弟子たちも御前に砕かれる経験をしました。それは、ゲッセマネの園で主イエスを見捨てて逃げ去ったこと、大祭司カイアファの官邸で主イエスを知らないと三度も否定したことです。

 彼らは、自分の力で信仰に堅く立つことは出来ない、神に頼り、聖霊の力を受けなければ、主イエスの証人となることは出来ないと思い知らされたのです(使徒言行録1章8節)。だからこそ、弟子たちは主の召天後、心を込めて一つになって真剣に聖霊を祈り求めました(同14節)。

 主なる神は、弟子たちの祈りに応え、彼らを聖霊に満たしました(同2章1節以下)。そこから、キリスト教会の働きが始まったのです。徹底的に自らの貧しさ、罪深さを知り、謙って主に従いましょう。

 主よ、心を尽くし、思いを尽くし、力を尽くしてあなたを慕い求めます。日々、御言葉を聞かせてください。主の愛と恵み、聖霊の力と導きを祈り求めます。どうか私たちを祝福し、恵みの証人として用いてください。御名が崇められますように。御心がこの地になされますように。 アーメン