「しかし、今は、わたしをここへ売ったことを悔やんだり、責め合ったりする必要はありません。命を救うために、神がわたしをあなたたちより先にお遣わしになったのです。」 創世記45章5節

 いよいよ45章は、37章から始まったヨセフ物語のクライマックスです。「何とぞ、この子(ベニヤミン)の代わりに、この僕を御主君の奴隷としてここに残し、この子はほかの兄弟たちと一緒に帰らせてください」(44章33節)という兄ユダの言葉を聞いたヨセフは、もう自分を抑えることが出来なくなり、兄弟たちを残して側にいる他の者たちを外に出し、自分の正体を明かします(1節)。

 ユダは、ヨセフが父親の愛を一身に受けていることを妬み、夢の話に恨みを抱いて、ヨセフをイシュマエル人に売ろうと提案した張本人です(37章26節以下)。そのユダが、上記の通り、父の愛を一身に受けているベニヤミンをかばい、自分が代わってヨセフの奴隷になると言ったのです。

 考えてみると、兄たちがエジプトに穀物を買いに来てから、ヨセフはずっと、エジプトの司政者ツァフェナト・パネア(41章45節)として彼らに接して来ました。そしてそれは、ヨセフが最初に見た、「畑でわたしたちが束を結わえていると、いきなりわたしの束が起き上がり、まっすぐに立ったのです。すると、兄さんたちの束が周りに集まって来て、わたしの束にひれ伏しました」(37章7節)という夢の実現でした。

 恐らく、ヨセフの心には、自分を苦しめた兄たちへの憎悪があったでしょう。それゆえ、かつての夢が実現したということで、勝ち誇る思いを持っていたのかもしれません。そして、弟ベニヤミンを呼び寄せることにも成功しました。その気になれば、これからずっと側近くに置いておくことも出来ます。

 けれども、こうしたヨセフの企みを、父ヤコブや弟ベニヤミンに対する兄ユダの思いが粉砕、溶解してしまったのです。そこで「わたしはヨセフです」(3節)と名乗ります。そして、「お父さんはまだ生きておられますか」(3節)と尋ねます。それを聞いた兄弟たちは、驚きのあまり答えることが出来ませんでした。

 ヨセフを空井戸に投げ込み、食事しながら相談している間に、ミディアン人がヨセフを引き上げ、イシュマエル人のキャラバンに売ってしまって、その姿を見ることが出来なくなって以来(37章12節以下)、死んだことになっていたヨセフです。それが今、自分たちの生殺与奪の権を手にした支配者として、目の前に立っているのです。どう考え、どのように答えればよいでしょうか。

 これは、主イエスの復活のニュースを受けた弟子たちと同じ反応ではないでしょうか。弟子たちは、死んだ主イエスの復活の報告を信じられませんでした。

 その上、主イエスがゲッセマネの園で身柄を拘束されたとき、弟子たちは皆主イエスを捨てて逃げ出したのです。ただ一人ついて行ったペトロは、カイアファの官邸で、3度も主イエスを否定してしまったのです。主イエスが甦られたと聞いても、どの面下げて主イエスに会えるかといった心境でした。ヨセフの前にいる兄弟たちは、そんな主イエスの弟子たちと同じ状態だったことでしょう。

 「お父さんはまだ生きておられますか」(3節)とは、42章で兄たちがエジプトにやって来てから、何度も聞き、確認してきたところですが(42章11,13節、43章27,28節、44章19節以下、22,24~32節)、ここで改めてそのように尋ねるのは、自分がシメオンやベニヤミンに対してしたことで、父を苦しませたと自覚するからでしょう。

 だから、恐れて口を開くことが出来ない兄弟たちを側に近寄らせ、「わたしはあなたたちがエジプトへ売った弟のヨセフです」(4節)と確認させるのです。それは、決して自分が死者でも化け物でもないということ、「恨めしや」と登場して来たのではないということです。

 そして、冒頭の言葉(5節)のとおり、「しかし、今は、わたしをここへ売ったことを悔やんだり、責め合ったりする必要はありません」というのは、完全な赦しの宣言ですが、そこには、自分が兄弟たちや父に対してしたことは、エジプトに売られても仕方のないことだったという意味も含まれているようです。

 つまり、兄弟たちの仕業が原因でヨセフがエジプトに売られることになって父ヤコブが苦悩したように、ヨセフがベニヤミンについて企んだことによって更に深く父を苦しませていることを、ユダの言葉で知り、それがヨセフの罪を告発したわけです。

 そして、「命を救うために、神がわたしをあなたたちより先にお遣わしになったのです」と告げます。この言葉は、この時初めてヨセフの心に浮かんだ思いだったのではないでしょうか。今初めて本当のことが分かったということです。それは、37章でヨセフの見た夢は、ヨセフを勝ち誇らせるためではなく、神が家族に将来を与えるためのものだったということです。

 目の前にある出来事に振り回され、一喜一憂する私たちですが、歴史を支配しておられる主なる神を信じ、日々御言葉に耳を傾けつつ、聖霊の導きを祈り求めながら、自分のなすべきことを忠実に実行して参りましょう。

 主よ、ベニヤミンのために身を投げ出すユダの言葉を聞いて、ヨセフは心溶かされ、兄弟たちの罪をすべて赦しました。ユダの言葉は、ヨセフ自身の罪を告発し、彼も兄弟たちや父の赦しを必要とする存在だと告げていたからです。そして、神の深い御心を悟りました。ヨセフが父の愛を受け、特別な夢を見たのは、家族の救いに奉仕するためであり、苦しみを味わったのは、ヨセフのエゴが砕かれるためだったのです。主の御名が崇められますように。 アーメン