1889年の今日7月1日に、東海道本線全線(新橋から神戸まで)が開通しました。
当時は一日一往復で、片道20時間5分という時間がかかったそうです。

自分が東海道本線を列車で初めて走ったのは、1969年3月。
それは、北九州から名古屋へ転居するため、家族で寝台急行列車「阿蘇」(熊本―名古屋)に小倉駅で乗車したときのことです。
上・中・下と三段のB寝台2列に家族9人(両親と7人の子)が寝ての旅です。
13時間かかったと思います。
なかなかの弥次喜多道中でしたが、その話はまたいつか。

翌1970年春、修学旅行で名古屋・笠寺駅から東京に向けて修学旅行列車こまどりに乗車しました。

2年後の1972年8月、教会音楽研修会に参加するため、急行列車「桜島」(鹿児島―東京)で名古屋駅から東京に向かいました。
6時間ほどの旅でした。

これで、東海道本線全線制覇となりました。

翌年も教会音楽研修会に参加しましたが、その時は新幹線を利用しました。
2時間の旅になりました。


開通記念日と言えば、今日は名神高速道路の開通記念日でもあります。
1965年の今日、小牧―西宮間全線が開通しました。

自分が運転する車で初めて名神高速を走ったのは1980年10月のことです。
その年、ビリー・グラハム国際大会が、沖縄、福岡、広島、大阪、名古屋、東京の各地で開催されました。
大阪球場で行われた集いに参加するため、友人を通じて安く譲ってもらった車で、友だち三人と交替しながらのドライブでした。
その後、大阪にいる親戚の家に行くのに、何度も一人で運転して走りました。

名神高速道路の法定路線名は、中央自動車道西宮線と言うそうです。
つまり、東京から長野、岐阜、愛知、滋賀、京都、大阪、兵庫へと通じる中央自動車道の一部ということになっているわけです。
開通記念日に初めて知った事実です。

余談ですが、小牧から中央自動車道を長野・軽井沢に向けて走ったのは、1981年4月のこと。
それは、家内との新婚旅行でしたよ。
まだ雪が残っているようなところも走りましたが、アツアツの旅でした。