「この秘められた計画が異邦人にとってどれほど栄光に満ちたものであるかを、神は彼らに知らせようとされました。その計画とは、あなたがたの内におられるキリスト、栄光の希望です。」 コロサイの信徒への手紙1章27節

 今日から、コロサイの信徒への手紙を読み始めます。この手紙は、パウロがエフェソで拘束されているときに執筆されました。この手紙の用語法や文法の特徴から、パウロが語ったままではなく、語った内容を書き取ったテモテにこの手紙の執筆を委任し(1章1節)、それをティキコに届けさせたのではないかと思われます(4章7節)。

 コロサイは、小アジア中西部の小さな町で、近くにラオデキアとヒエラポリスの町があります(4章13節)。著者パウロは、コロサイ教会に行ったことがなかったようです。というのは、「あなたがたは、この福音を、わたしたちと共に仕えている仲間、愛するエパフラスから学びました」(7節)と記されているからです。

 コロサイ教会にはフィレモンがいましたし、その奴隷のオネシモもその教会員でした(4章9節)。この手紙は、コロサイ教会に忍び込んできた異端の教えに脅威を感じたエパフラスが、獄中のパウロに助けを請い、それに対して福音の真理を明らかにするため、記されたものです。

 そのような事情を考えると、「揺るぐことなく信仰に踏みとどまり、あなたがたが聞いた福音の希望から離れてはなりません」(23節)と記されているのは、なるほどと理解できます。どのような境遇にあっても、教会のことを思い、伝道の進展を願って使徒の使命を果たし続けるパウロの姿勢を、ここに見ることが出来ます。

 ここに「福音の希望」と記されていることについて、5節に「あなたがたのために天に蓄えられている希望」という言葉があります。「天に蓄えられている」ということは、その希望の根拠や内容が、人間の側の条件に左右されないこと、また、すべてが神によって準備されたものであることを表しています。

 また、「あなたがたが聞いた福音の希望」というのですから、私たちの望み、願っていることではありません。福音を通して神が私たちに与えようと望んでおられる希望です。

  第一ペトロ書1章4節では、「あなたがたのために天に蓄えられている、朽ちず、汚れず、しぼまない財産」とあり、それを同5節で、「終わりの時に現されるように準備されている救い」と言い換えています。ということから、「天に蓄えられている希望」とは、「救いの希望」を指していると考えてよいでしょう。

 「天に蓄えられている希望」(5節)、「あなたがたが聞いた福音の希望」(23節)と「希望」(エルピス)を語るパウロは、冒頭の言葉(27節)で「その計画とは、あなたがたの内におられるキリスト、栄光の希望です」と言います。ここに三つ目「栄光の希望」という言葉があります。

 「その計画」というのは、「秘められた計画」という言葉を受ける関係代名詞を訳したものです。ここで「秘められた計画」というのは、ムステーリオンというギリシャ語で、英語で「ミステリー(mystery)」、日本語では「奥義」などと訳されてきました。

 通常、「奥義」は誰にも分からないように隠してあるものですが、それが異邦人に対して明らかにされました(27節)。その奥義の中身は、キリストが私たちの内におられるということで、このキリストこそ、これまで繰り返し語られて来た「希望」、それも、「栄光の希望」なのだというわけです。

 私たちの内とは、黙示録3章20節との関連で、私たち一人一人の心の中と考えられます。主イエスを信じたとき、私たちは心の扉を開いて、主イエスを心にお迎えしました。それ以来、主イエスは私の内におられるのです。

 しかし、それだけではありません。キリストはあなたの内におられるだけでなく、「あなたがた」、つまり複数です。私の内におられるキリストは、私の隣の人の内にもおられます。そしてさらに、私と隣人との間にもおられるのです。

 ルカ福音書17章21節に、「実に神の国はあなたがたの間にあるのだ」という御言葉があります。私と隣人との間にキリストがおられ、そこに、神の国が造られているのです。ユダヤ人の間にも、異邦人の間にも、そして、ユダヤ人と異邦人との間にもキリストがおられ、そこに神の国があるということです。

 キリストが内におられて、そこに神の国が造られるとき、「神の国は、飲み食いではなく、聖霊によって与えられる義と平和と喜びなのです」(ローマ書14章17節)という御言葉のとおり、そこには神の義と平和と、そして喜びが聖霊を通して支配する場所となるのです。

 それが、「神の聖なる者たち」、即ちクリスチャンに対して、明らかにされたのです。具体的には、エパフラスの宣べ伝えた福音をコロサイの人々が受け入れたことにより、神の救いの計画が異邦の民にも及んでいること、また、彼らの間で聖霊が働かれていることが、誰の目にも明らかになったわけです。

  これらの希望は、「福音という真理の言葉を通して」与えられたものです(5節)。ということは、福音という真理の言葉を離れて、希望の実現、救いの完成を見ることは出来ないということです。だからこそ、パウロやテモテ、エパフラスは、この福音を宣べ伝えるのです。そのために、労苦しているのです。

 しかしそれは、空しい労苦ではありません。福音を受け入れて、信仰と愛と希望に生きている聖なる者たちの存在により、絶えず喜びと感謝、励ましを与えられているからであり(3節以下)、彼らの内に力強く働くキリストの力によって強められているからです。

 キリストは私たち一人一人の心に住まわれて平安を与え、私たちの間におられて平和を造り出し、そこに神の国の栄光を見せてくださいます。心の平安と兄弟姉妹の間の平和をもって、キリストの福音を証ししてまいりましょう。

 主よ、私たちは御子キリストによって、贖い、即ち罪の赦しを得ました。その十字架の血で平和を打ち立て、万物を御子によって和解させられました。私たちのうちにキリストが共に住まわれ、私たちの間に神の国が作られますように。家庭が、職場が、学び舎が、神の国となりますように。聖霊によって与えられる義と平和と喜びで、絶えず私たちを支配してください。 アーメン