「悪魔の策略に対抗して立つことができるように、神の武具を身に着けなさい。」 エフェソの信徒への手紙6章11節

 エフェソ書の手紙の最後に、「悪と戦え」という小見出しのつけられた段落(10~20節)があります。その戦いとは、冒頭の言葉(11節)に「悪魔の策略に対抗して立つ」とありますし、12節では「血肉を相手にするものではなく、支配と権威、暗闇の世界の支配者、天にいる悪の諸霊を相手にするものなのです」と記されています。

 信仰の戦いの相手は、どこの誰とかいう特定の人物などではありません。無論、犬や蛇などといった動物でもないのです。「暗闇の世界の支配者」(world rullers of this present darkness)について、2章2節に「この世を支配する者、かの空中に勢力を持つ者、すなわち、不従順な者たちの内に今も働く霊」と記されていました。

 悪魔は、悪魔という顔をし、悪魔という名札をつけて、私たちに近づいて来るわけではありません。「悪魔の策略」と言われるように、主なる神から私たちを遠ざけるため、様々な策を弄して滅びを招くようにするということです。2章3節には、「肉の欲望の赴くままに生活し、肉や心の欲するままに行動していたのであり、生まれながら神の怒りを受けるべき者でした」と記されていました。

 パウロは、ローマ総督やアグリッパ王の前で、自分の回心の経験に基づいて、キリストによる復活の希望を大胆に語りました(使徒言行録26章参照)。そして、ローマ皇帝の前での裁判を望んでローマ送りにされました(同25章11節)。だから、皇帝が同席する法廷でも、大胆に福音を語り続けたことでしょう。

 そのため冒頭の言葉のとおり、「神の武具を身に着けなさい」(11節)と言い、「真理を帯として」、「正義を胸当てとして」(14節)、「平和の福音を告げる準備を履物と」(15節)、「信仰を盾として」(16節)、「救いを兜として」、「霊の剣、すなわち神の言葉」(17節)と、その武具を列挙しています。

 「武具」と言われていますが、真理や正義、平和の福音、信仰、救いは、主イエスを信じる信仰によって与えられるもの、主イエスに結ばれ、主イエスの内に、主イエスと共に生きる私たちに備えられるものであり、それゆえそれは、人を傷つけ、人を害するものなどではありません。

 「身に着ける」ということについて、4章23,24節に「心の底から新たにされて、神にかたどって造られた新しい人を身に着け、真理に基づいた正しく清い生活を送るようにしなければなりません」とあります。これは同21節の「キリストについて聞き、キリストに結ばれて教えられ、真理がイエスのうちにあるとおりに学んだはずです」を受けて語られています。

 同23節の「あなたがたの心の底から」は、「心の霊において」(新改訳)という言葉です。この霊は、私たちのうちに住まわれる「神の霊」と考えられるので、岩波訳のように「あなたがたの思念〔を規定する神〕の霊でもって新しくされ」と訳すほうがよいのではないかと思います。即ち、私たちを新しくするのは、神の霊の働きだということです。

 同24節の「新しい人を身に着け」は、不定過去時制・受身形です。ですから、「新しい人を身に着けさせられた」ということになります。つまり、「これから新しい人を身に着けなさい」と言っているのではないのです。そうではなく、福音を聞いてキリストを信じたとき、新しい人を着せていただいたことを学んだはずだ、それを思い起こしなさいと言われているのです。

 これは、同22節の「古い人を脱ぎ捨て」も文法的に同じ形で、古い人を脱ぎ捨てさせられ、新しい人を着せられたことを学んだはずだということになります。バプテスマによって古い自分に死に、キリストに結ばれて新しい命、新しい人生が始まったことを、古い人を脱ぎ捨て、新しい人を着せていただいたと表現しているのです(ローマ書6章3,4,8,11節参照)。

 また、この「新しい人」は、「神にかたどって造られた」と言います。創世記1章によれば、すべての人が、神にかたどって造られました。しかし、人は「情欲に迷わされ、滅びに向かって」(4章23節)しまいます。そこで、神は「新しい人」を造られる際に、「真理に基づいた正しく清い生活を送るように」(同24節)キリストに結ばれ、キリストと共に生きるように、造ってくださったのです。

 武具のリストの最後に、「祈り」を加えます(18節以下)。18節をもう一度読んでみます。「どのようなときにも、霊に助けられて祈り、願い求め、すべての聖なる者たちのために、絶えず目を覚まして根気よく祈り続けなさい」。祈りこそ、私たちに与えられた最強の武器です。祈りを通して主の御心に触れ、主の御腕を動かし、それによって悪魔の策略を打ち砕くことが出来るのです。

 こういう話を聞いたことがあります。それは、牧師がある方のお家を訪ねたところ、お孫さんが誤って階段を転げ落ちてきたそうです。そのとき、お嫁さんが、「イエス様、イエス様、イエス様、イエス様」と叫びながら降りてこられたというのです。幸い、お孫さんに大事はなかったそうですが、そのときのお嫁さんの「イエス様、イエス様」という叫び声に感心されたという話です。

 危急のとき、とっさのときには、常日頃考えていること、習慣化しているものが飛び出してくるでしょう。そんなとき、私たちならどうするでしょうか。「お母さん」と叫ぶのでしょうか。ただおろおろするだけかもしれませんね。

 そのお嫁さんは、常日頃から「イエス様、イエス様」と主イエスを呼び求めること、主イエスと交わることを大切にしておられるので、子どもの一大事に「イエス様」と呼ばれたわけです。「主の名を呼び求める者はだれでも救われる」というので(ローマ書10章13節)、その叫び声で坊やが守られたのかもしれません。

 これは、出来れば身に着けたい、よい習慣だと思いませんか。今日から実行してみましょう。そのようにして常に主イエスを信じ、主を見上げ、確信をもって大胆に神に近づかせていただきましょう。

 主よ、私たちに憐れみと祈りの霊を注いでください。祈りを通して、絶えず私たちを真の悔い改めに導き、御言葉に従う従順な心を与えてください。主の御心を深く知ることが出来ますように。どんなときにも信仰をもって御前に祈り、主に依り頼みます。あなたの偉大な力によって力づけてくださり、信仰にしっかり立つことが出来るように導いてください。 アーメン