「恐れることはない、わたしはあなたと共にいる神。たじろぐな、わたしはあなたの神。勢いを与えてあなたを助け、わたしの救いの右の手であなたを支える。」 イザヤ書41章10節

 41章には、「恐れるな、恐れることはない」という言葉が3度(10,13,14節、いずれも原語は「アル・ティーラー」)記されています。ということは、イスラエルの民が恐怖に戦いている現実があるわけです。そして、その都度、「あなたを助ける」と神が語られます。恐れないでいられる根拠は、主なる神の助けが与えられるということです。

 そのとき、イスラエルの民が恐れていたのは、ペルシアの王キュロスのことでしょうか(2節以下参照)。キュロスはエラムの出身ですが、メディア、リディアをはじめ周辺諸国を征服しました。当時、バビロンの奴隷となっていた民は、次第に迫ってくるペルシアの脅威に、恐れを抱かずにはいられなかったのです。

 北イスラエルはアッシリアに滅ぼされ、アッシリアを滅ぼしたバビロンによって南ユダが滅ぼされました。バビロンがペルシアに滅ぼされるようであれば、バビロンに捕囚とされているイスラエルの民の運命はどうなるのでしょうか。

 しかし、キュロスを奮い立たせ、「国々を彼に渡して、王たちを従わせたのは」(2節)、主なる神です。即ち、キュロス王は神の手先なのだから、恐れる必要はないのです。キュロスはバビロンに無血入城し、そして、イスラエルの民を解放しました。イスラエルの民にとって、全く思いがけない展開になったのです。

 40章27節に、「ヤコブよ、なぜ言うのか、イスラエルよ、なぜ断言するのか。わたしの道は主に隠されている、と。わたしの裁きは神に忘れられた、と」と語られていました。50年に及ぶ捕囚の生活は、帰国の希望を失わせるほど耐え難いものであり、長いものでした。だから、イスラエルの民は、神に見捨てられた、忘れ去られたと嘆いていたわけです。

 けれども、神はイスラエルを見捨ててはいなかったのです。神は、「あなたはわたしの僕、わたしはあなたを選び、決して見捨てない」(9節)と言われます。即ち、彼らはバビロン捕囚から解放されたというだけではなく、神の使命のために再び選ばれ、立てられたと語られているのです。

 希望を失っていた捕囚の民に何が出来るのでしょうか。14節に「虫けらのようなヤコブよ」という言葉があります。かつて、出エジプトの民が、カナンの地を偵察した際、そこに住む先住民に恐れをなして、彼らを巨人と言い、そして自分のことはイナゴのように見えたと言いました(民数記13章32,33節)。

 イスラエルにとっては、バビロンもペルシアも巨人で、その力の前に自分は虫けらのような存在と考えていたことでしょう。しかし、その「虫けらのようなヤコブ」を、神は捕囚の地から呼び出し、御自分の使命のために選んで立てました。

 パウロが、「兄弟たち、あなたがたが召されたときのことを思い起こして見なさい。人間的に見て知恵のある者が多かったわけではなく、能力のある者や、家柄のよい者が多かったわけでもありません」(第一コリント1章26節)と語って、コリント教会の構成メンバーに、自分たちの「召されたときのこと」(クレーシス「召しcalling」の意)に目を向けさせています。

 そして、「ところが、神は知恵ある者に恥をかかせるため、世の無学な者を選び、力ある者に恥をかかせるため、世の無力な者を選ばれました。また、神は地位のある者を無力なものとするため、世の無に等しい者、身分の卑しい者や見下げられている者を選ばれたのです。それは、だれ一人、神の前で誇ることがないようにするためです」(第一コリント1章27~29節)と語っています。

 ギリシアの人々にとっては、知恵があること、力があること、地位があることなど、質量共に持っているものの豊かさが重要であったけれども、神は、学のない者、力のない者、無きに等しい、身分の卑しい者、見下げられている者を選んで義とされたのだということです。このように異邦人が神の民、キリストの者として選ばれたことは、出エジプトの民がイスラエルとして選ばれたことに通じます(申命記7章7節参照)。

 知恵ある者、力ある者に恥をかかせ、地位のある者を無力にするとは、具体的にどういうことなのか、何も記されてはいませんが、あるいは、コリント教会において、少数の知恵者、有力者、地位のある者たちがはばを利かせて教会内に問題を生じさせ、そのことをパウロが指摘、糾弾しているのではないかと思われます。

 話を元に戻して、「恐れるな」と言われて、それで恐れが消え失せるわけでもないでしょう。だから、繰り返し、「恐れるな」と言われるのです。そして、何度も神の助けを経験するのです。神がイスラエルと共におられ、恐れる民に平安と導きを授けてくださるのです。

 主イエスは、「インマヌエル」と唱えられるお方です(マタイ1章23節、イザヤ書7章14節)。それは、神が私たちと共におられるという意味です。主イエスがいつも私たちと共におられ、内におられて、弱い私たち、無力な私たちを慰め、励ましていてくださいます。

 希望と平和、慰めの源なる主に信頼し、日々その御言葉に耳を傾け、絶えず御霊の導きを祈りつつ、御心に従って歩みましょう。

 主よ、あなたの導きを感謝します。私たちを贖い、神の民の一員としてくださいました。私たちの体を、神に喜ばれる聖なる生ける供え物として、あなたにささげます。それこそ、日毎に私たちのなすべき礼拝だからです。絶えず聖霊の導きにより、真理なる主イエスを通して、主なる神を崇めさせてください。御心がこの地になされますように。御業のため、私たちをも用いてください。 アーメン