「いかに幸いなことでしょう。まったき道を踏み、主の律法に歩む人は。」詩編119編1節

 詩編119編は、表題のところに(アルファベットによる詩)とあり、8節ごとに区切られた段落の始めに(アレフ)、(ベト)、(ギメル)などと記されています。これは、ヘブライ語のアルファベットで、その段落の各節の最初の文字が、そのアルファベットになっているということを示しています。

 ヘブライ語のアルファベットは22文字です。各段落が8節ずつありますから、22×8=176節まであるという、聖書中で最も長い1編(章)となっています。

 この詩は、主なる神を教師、詩の読者を僕なる生徒、聖書の御言葉(律法、定め、掟、戒め、裁き、言葉、命令、仰せ)が教科書、そして、この教科で学ぶのは、主に従って生きる生き方、詩の中では「道」と表現されているものです。

 詩人は言葉を尽くして、主の御言葉を聴くことの出来る喜び、御言葉に従うことの重要性を説き、それを忘れることなく絶えず口ずさむことが出来るように、アルファベットの詩に編んだわけです。この詩の中には、きらめく宝石のような御言葉がそこかしこにたくさんちりばめられています。一つでも二つでも暗誦することが出来るようになって、詩人の労作に報いたいものです。

 冒頭の言葉(1節)は、「アレフ」で始まる段落の中にあります。余談ながら、ヘブライ語のアルファベットはすべて子音で、それに母音記号がつけられて発音されますが、アレフは無声子音で、母音どおりの発音になります。

 「いかに幸いなことでしょう」(1,2節)は、1編1節と全く同じ書き出しです。幸いな人について、「まったき道を踏み、主の律法に歩む人」(1節)、「主の定めを守り、心を尽くしてそれを尋ね求める人」(2節)と言います。

 1節に「踏む」という動詞は用いられていません。原文を直訳すると、「完全な道を、主(ヤハウェ)の律法において歩く人は」という言葉遣いです。「主の律法に歩む」と完全な道、人生になるということでしょう。「踏む」という動詞が補われたのは、「道」(デレク)が、同根の動詞「ダーラク」(「踏む、歩く」の意)から派生したものだからです。

 119編には、「道」が20回出て来ます。デレクが14回(1,3,5,7,14,26,27,28,30,32,33,37,59,168節)、オーラハが5回(9,15,101,104,128節)、ナーティーブ(男性形)1回(35節)、ネティーバー(女性形)1回(105節)です。主の律法に歩むことがいかに重要か、この用語法で示しているのです。

 「律法」は「トーラー」の訳語で、元来、「投げる、打つ」(ヤーラー)という言葉から派生して、「方向、指示、法」という意味を持つようになったものです。生ける神の口から出て来た「教え」といってもよいでしょう。

 主の律法に歩むとは、主なる神の御教えに聴き従うことです。神の御教えを聴くとは、御言葉を自分の頭で考え、理解するということではありません。御教えに従うこと、御言葉を実践することです。従わない者は、主の律法を「主なる神の御教え」として聴いていないのです。

 「まったき道を踏み」と言われますが、神の道を自分の力で完璧に歩むことなど、誰にも出来はしません。神の教えを自力で完璧に実践出来る人など、存在し得ないでしょう。しかしながら、私たちが御言葉に耳を傾け、その導きに従って歩もうとするとき、神はそれを「まったき道を踏んでいる」と見てくださるのです。

 私たちの歩みが完全なのではなく、神の御言葉が完全なのであり、私たちはそれを完璧にこなせるわけではありませんが、しかし、たとえ踏み外すことがあっても、絶えず御声に耳を傾けるなら、主は私たちを正しい道へ導いてくださるのです(23編3節参照)。

 2節で、「主の定めを守り、心を尽くしてそれを尋ね求める」というのは、神の御声に絶えず耳を傾ける態度のことです。そして、神を尋ね求めるとは、神の語られた御言葉、そこに啓示されている御心を心の中心で受け止め、それに聴き従おうとすることなのです。

 前述のように、人に踏まれたところが道となります。主イエスは、御自分を指して、「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない」(ヨハネ14章6節)と言われました。

 私たちは神に背いて罪を犯し、主イエスを踏みつけるようなことをしました。しかし、主は私たちの罪を赦し、その道を通って父なる神の御許に行くことが出来るようにしてくださいました。私たちが主の御言葉に聴き従うのは、そこに真理があり、命があるからなのです。

 主の計らいに信頼し、主の御言葉どおりに道を保って、幸いを得ましょう。主の定めを楽しみとしましょう。

 主よ、御言葉を通して啓示される主の導きに素直に聴き従うことが出来ますように。どのような財宝よりも、あなたの定めに従う道を喜びとしますように。わたしは命を得て、御言葉を守ります。 アーメン