「ハザエルは、『この僕、この犬にどうしてそんな大それた事ができましょうか』と言ったが、エリシャは、『主はあなたがアラムの王になることをわたしに示された』と答えた。」 列王記下8章13節

 アラムの王ベン・ハダドが病気になり(7節)、その病気が治るかどうか、ダマスコを訪れていた預言者エリシャに尋ねます。直前に、イスラエルとアラムの戦争があり(6章8節以下)、神の人エリシャによってアラム軍の作戦が見透かされるというので(同12節)、彼を捕らえるために大軍を差し向けたりもしています(同14節)。

 何度も悔しい思いをさせられた相手に、使者を送るとはどのような心境なのかとも思います。しかし、前に軍の司令官ナアマンの重い皮膚病をエリシャに癒してもらったことがあったので(5章)、自分も癒して欲しい、元気になりたいという願いがあったのでしょう。だから、贈り物を持たせて、主の御旨を尋ねさせたのです(8節)。

 そのとき、ベン・ハダドが遣わした使者が、ハザエルです(8節)。エリシャはハザエルに、「行って王に言うがいい。『あなたは必ず治る』と。しかし、主は彼が必ず死ぬことをわたしに示された」と告げます(10節)。そして、エリシャはハザエルの顔をじっと見つめて、泣き出します(11節)。

 それは、必ず治るはずのアラムの王ベン・ハダドが、必ず死ぬことになるからということではありませんでした。そうではなく、ハザエルによってイスラエルに大いなる災いがもたらされるからです(12節)。

 その涙の理由を尋ねた後のハザエルとエリシャとのやりとりが、冒頭の言葉(13節)です。つまり、アラム王ベン・ハダドに代わり、家臣ハザエルが王となって、イスラエルに災いをもたらすのだということです。ここに、ハザエルがどのようにして王になるのかということについては、何も記されていません。

 かつて、主がエリシャの師エリヤに、「ハザエルに油を注いで彼をアラムの王とせよ」と告げられました(列王記上19章15節)。そのとき、エリヤがダマスコに赴き、ハザエルに油を注いだという記事はどこにもありません。また、エリヤの後継者としてエリシャが今ここで、ハザエルに油を注いだということでもありません。ただ、神の言葉として、彼がアラムの王になると予告したのです。

 王のもとに帰ったハザエルは、「必ず治ると彼(エリシャ)は言いました」と報告します(14節)。そして翌日、ハザエルは事故を装うかの如く、王ベン・ハダドの顔に濡れた布を乗せて暗殺し、代って自分が王となりました(15節)。エリシャの告げた言葉を、自らの手で実現するために、アラム王を暗殺するという手段を選んだわけです。

 神はなぜ、ハザエルに油を注いで王とせよと、エリヤに告げたのでしょうか。それは、12節に言われているように、ハザエルが王となって、「砦に火を放ち、若者を剣にかけて殺し、幼子を打ちつけ、妊婦を切り裂く」という、恐るべき災いを、イスラエルにもたらすためです。エリシャは、この言葉をハザエルに告げるため、わざわざダマスコを訪ねたわけです。

 そして、エリシャは、この災いがイスラエルにもたらされることが分かって、泣き出したのです。だからといって、エリシャはハザエルが王にならないようにしたわけではありません。むしろ、上述のとおり、王となると予告しました。こうして、神はアラムを、イスラエルを試すために用いられます。危機にあってイスラエルが神に信頼するか、それとも、自分の力や知恵などを頼みとするかを試すのです。

 そして、試練の中でイスラエルが神に信頼することがないとき、神はアラムを用いてイスラエルに敵対させ、イスラエルを打ち負かすようにさえなさるのです(列王記下8章28,29節、10章23節、12章18,19節、13章3,22節)。

 イザヤ書45章7節で主は、「光を造り、闇を創造し、平和をもたらし、災いを創造する者。わたしが主、これらのことをするものである」と語られます。私たちが神に背き、我が道を行こうとするとき、神は私たちに災いをもって臨まれます。災いを下したいからではなく、私たちに義の道を歩ませたいからです。また、災いを通過することで、忍耐や従順を学ばせられるのです。

 「キリストは御子であるにもかかわらず、多くの苦しみによって従順を学ばれました」(ヘブライ書5章8節)と言われます。そして主イエスは、「わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学びなさい」と(マタイ11章29節)、主と共に重荷を担うよう招いておられます。

 パウロが、「キリストを信じることだけでなく、キリストのために苦しむことも、恵みとして与えられているのです」(フィリピ1章29節)と言っているのは、そのことでしょう。

 さらに、「神を愛する者たち、つまり、ご計画に従って召された者たちには、万事が益となるように共に働くということを、わたしたちは知っています」とあります(ローマ8章28節)。それは、御霊なる神の働きです。神は、ご自身の計画に従って私たちを召し出してくださいました。どのようなときにも、神を愛し、神を信頼する者たちのためには、神は万事を益に変えてくださる、どんなマイナスと見える出来事もプラスにしてくださるというのです。

 主を愛し、主を信頼して、その御言葉に耳を傾け、日々その導きに従いましょう。

 主よ、あなたはハザエルを用いてイスラエルを裁き、キュロスを用いてバビロン捕囚から解放されました。御旨を行われるために、すべてのものが用いられます。私たちの主の御用のために用いられたいと思います。主に用いられる器として、整えてください。試練を耐え忍び、主を喜び、賛美することを教えてください。 アーメン