「わたしはこの世のすべての者がたどる道を行こうとしている。あなたは勇ましく雄々しくあれ。」 列王記上2章2節

 ダビデは自分の死期を悟り(1節)、冒頭の言葉(2節)で始まる遺言を、王位継承者に決定した息子ソロモンに語りました。ここで、ダビデの語った、「この世のすべての者がたどる道」とは、死への旅路ということです。その道を歩まずにすむ者はいません。誰もが、遅かれ早かれ、その生涯を閉じる時を迎えます。

 それにも拘わらず、死について考えたり話したりするのは縁起でもないことといって、遺言の準備など全く考えようとしない人も、少なくありません。縁起でもないことかどうか、その備えの有無に拘わらず、誰にも死は訪れます。備えあれば憂いなしいう言葉がありますが、よく死ぬための備えが必要ではないでしょうか。

 よく死ぬというのは、人生を振り返って、これまで生きて来ることが出来て良かった、今ここで人生を閉じても思い残すことはない、という死に方をすることでしょう。それは、毎日を悔いのないように生きる、そのような生き方をするということです。つまり、よく生きることこそ、よく死ぬための備えなのです。

 遺言するとき、勿論、よく考え、言葉を選ぶでしょう。当然、大切なこと、必要なことを言い残そうとするでしょう。それが実践に裏打ちされた言葉であるとき、聞く者の心に深く刻まれる言葉となります。親の生き様を見て来た子が、その死に様を見て、しかも最後に遺した言葉を聞けば、親の生き方に倣いたい、その遺言を守ろうと決意するでしょう。

 私たちは、私たちの人生が死では終わらないことを学んでいます。人は一度死ぬことと、その後に神の御前で裁きを受けることが定まっていると、ヘブライ人への手紙9章27節にあります。つまり、死の道を通って、救いに与るか、滅びに至るか、主の御前で判断されることになるのです。それはまさに、よく生きることが出来たかどうかが、神の御前で問われるということです。

 ダビデはソロモンに、「勇ましく、雄々しくあれ」と語りました。かつて、モーセの後継者ヨシュアに対して、神が同じような言葉を語っておられます(ヨシュア記1章6,7節)。約束の地を獲得する戦いに、ヨシュアが赴かなければならないからです。そして、勇ましく、雄々しく歩むことの出来る根拠は、神がいつも共にいてくださるという約束でした(同1章5節)。

 ただ、ヨシュア記1章7節では、「ただ、強く、大いに雄々しくあって、わたしの僕モーセが命じた律法をすべて忠実に守り、右にも左にもそれてはならない。そうすれば、あなたはどこに行っても成功する」と言われていて、ヨシュアに求められている勇敢さは、単に政治的軍事的なものというより、主の律法を守り行うこと、主に信頼し、その力に依り頼むところにあります。 

 ダビデがソロモンに、「勇ましく、雄々しくあれ」と語っているのは、自分が死への旅路をたどり、それ以後、息子ソロモンの後見役を務められなくなるからです。けれども、モーセの後継者となったヨシュアに対する言葉と同じで、勇ましく、雄々しくあることが出来るのは、主なる神が共にいてくださるからこそです。

 この言葉に続いてダビデは、「あなたの神、主の務めを守ってその道を歩み、モーセの律法に記されているとおり、主の掟と戒めと法と定めを守れ」と命じ(3節)、「そうすれば、あなたは何を行っても、どこに向かっても、良い成果を上げることができる」という祝福の言葉を語っています。主を信頼し、その御力に依り頼めば、何事も成功するというのは、前述のヨシュアに対する約束と、ぴったり重なっています。

 王として、すべきこと、すべきでないことを、モーセの律法、即ち主の教えに基づいて判断し、また、主の語られた命令を実行せよというわけです。「良い成果を上げることができる」というのは、平和の獲得、繁栄、発展などに表れてくるところでしょうけれども、何より、神がソロモンの信仰をよしとしてくださるということでしょう。

 ダビデは、自分の知恵と力では、その道を正しく歩むことが出来ませんでした。神の御前に姦淫と殺人という大罪を犯しました。しかも、預言者ナタンに罪を指摘されるまで、特別に罪責感を持ってもいなかったようです。絶対的権力者として、したいことは何でも出来るという立場にあったからです。

 しかし、主の教えという物差しを当てたとき、いかに自分が罪深い者であるかということを思い知らされました。特に、家庭が乱れ、その結果、国内に様々な亀裂を生むことになってしまいました。ダビデは、その罪を認め、悔い改めました。だから、勇ましく雄々しくあって、主の教えを守れというのです。

 主イエスが、「わたしは道であり、真理であり、命である」と仰せられました(ヨハネ14章6節)。主イエスの道は、父なる神によって罪人の世に敷設されました。荒れ野に道が敷かれたのです(イザヤ43章19節)。この道を歩む者が真理を知り、命を得、父なる神のもとへ行けるようになるためです。

 主の御言葉に従い、死んでも死なない命の恵みに与らせていただきましょう。

 主よ、私たちを信仰に導き、命の言葉を与えて、この道を歩めと教えてくださり、有り難うございます。御言葉は、私たちの歩みを導く灯火であり、道を照らす光です。日々御言葉によって開かれる道を、右にも左にも曲がらずまっすぐに歩み通すことが出来ますように。御霊の力と導きをお与えください。 アーメン