「神はレヒのくぼんだ地を裂き、そこから水が湧き出るようにされた。彼はその水を飲んで元気を取り戻し、生き返った。それゆえ、その泉はエン・ハコレ(祈る者の泉)と呼ばれ、今日もレヒにある。」 士師記15章19節

 サムソンが、子山羊を携えてティムナに妻の家を訪ねると(1節)、義父は14章12節以下の謎かけの一件により、娘はサムソンに嫌われてしまったと考えて、サムソンの友人に嫁がせたと言います(2節、14章20節)。「嫌った」は、申命記22章13,16節との関連で、「離縁された」と考えたということです。

 それに腹を立てたサムソンは、この件で「ペリシテ人に害を加えても、わたしには罪がない」と語り(3節)、300匹のジャッカルを捕らえて、結び合わせた尾の真ん中に松明を取り付けて火をつけ、刈り取った麦束や麦畑、ブドウ畑にオリーブの木まで、皆燃やしてしまいました(4,5節)。

 サムソンの犯行と知ったペリシテ人は、腹いせにサムソンの妻の父の家に火を放ち、妻とその父親を焼き殺してしまいます(6節)。それを知ったサムソンは、今度はそれを口実に、報復と称して、ペリシテ人を徹底的に打ちのめしました(7,8節)。

 そこで、ペリシテ人がユダに上って来て、レヒに向かって陣を敷きます(9節)。それは、サムソンを縛り上げて、仕返しをするためでした(10節)。ペリシテ軍の展開に驚いたユダの人々がサムソンに質すと、彼らがしたようにしただけ、とサムソンは答えます(11節)。これではラチがあきません。双方とも、相手が悪いと言うからです。

 ユダの人々はサムソンを縛ってペリシテに渡すと言い(12節)、危害が加えられないことを条件に、サムソンは縄につきます(13節)。ペリシテ人は、縛られているサムソンを見て、「歓声をあげて彼を迎え」ます(14節)。ここで、「歓声」(ルーア)というのは、原語を調べると、戦い開始の鬨の声という意味です。つまり、勝利を確信した雄叫びだったわけです。

 ところが、そのとき神がサムソンに味方し、主の霊が彼の上に激しく降ります。すると、縛っていた縄が簡単に千切れてしまいます(14節)。サムソンは、落ちていたロバのあご骨で、千人を撃ち殺します(15節)。「あご骨」のことを、ヘブライ語で「レヒ」と言います。それで、その場所がレヒと呼ばれるようになったということでしょう。主の霊の力が加えられれば、ロバのあご骨でも、主によって用いられる道具、主の器となるのです。

 その後、サムソンは主なる神に祈ります。まずは、「あなたはこの大いなる勝利を、この僕の手によってお与えになりました」と感謝します。それに続いて、「しかし今、わたしは喉が渇いて死にそうです」と訴えます(18節)。死んでしまっては、もはや、勝利をもたらしたこの手で主のために働くことが出来ない、というわけです。

 そこで主は冒頭の言葉(19節)の通り、サムソンの願いを聞き入れて、そこに水の湧き出る泉を設けられました。サムソンはその水を飲んで、「元気を取り戻し、生き返った」と言われます。ここで、「元気を取り戻し」というのは、彼の霊(息)が戻った、即ち、死んでいたのに生き返ったという言葉遣いです。

 文字通り、泉の水を飲んで一息ついたということでしょう。先には、御霊が降って力づけられたサムソンですが、今度は、命の水でリバイブしたのです。

 そうしてサムソンは、20年にわたって士師として、イスラエルを裁きました(20節)。特にそれは、ペリシテ人の手からイスラエルを守る務めですが、40年にわたってペリシテに苦しめられていたイスラエルのために、よくその使命を果たしました。

 主イエスが、「わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る」(ヨハネ4章14節)と言われました。この水は御言葉を象徴しており、それを飲むとは、信じるということを表しています。

 さらに、「渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい。わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その人の内から生きた水が川となって流れ出るようになる」と言われ(ヨハネ7章37,38節)、それは、信じる人々に与えられる御霊のことと説明されます(同39節)。

 絶えず、御言葉の恵みに与り、生き生きとした信仰生活を歩ませていただきましょう。御霊の力を受けて、主イエスの証し人としての使命を全うさせていただきましょう。

 主よ、あなたはご自分の選びの器として、敢えて無に等しい者、身分の卑しい者や見下げられている者を選ばれます。それは、有力な者、知恵ある者、家柄のよい者に恥をかかせ、だれ一人、神の御前で誇ることがないようにするためでした。故に、主よ、あなたに呼ばわります。助けを求めます。御言葉を与えてください。御霊に満たして用いて下さい。求める者に、聖霊をお与えくださるという約束の成就を信じて、感謝します。 アーメン