あと30分ほどで、今年も終わる。

今年一年、色々なことがあり、長かったなあという思いと、
でも、あっという間の一年だったなあという思いが交錯する。

あっという間と感じるのは、持病の悪化で生活に支障をきたし、入院まで余儀なくされたからか。
前後数か月、とても慌ただしく過ごすことになってしまった。
そのため、色々な方に迷惑をかけ、またお世話になった。
お蔭で、ようやく体調も元に戻りつつある。

特に大きなイベントは、二番目の孫誕生。
4月初めに大牟田に帰って来て、初夏の出産に備えることになった。
そして、一人目の孫は、4か月間、光の子幼稚園に入る。
体を動かすこと、泥んこになることが大好きの孫。
本当に生き生きと4か月を過ごした。
その間に、娘は第二子を出産。
一人目によく似ている。
二度目の出産ということで、娘にも少しゆとりがあり、授乳も順調。
お蔭ですくすく育つ。
8月半ばすぎ、娘たちは東京に帰った。

教会は、1月にアサナギ・西野修平ニューイヤーコンサート、6月にざわめき・チャーチライブと、例年にない特別賛美集会が開かれた。
そして、10月に麦野達一先生を迎えて特別伝道集会。
麦野先生のホルン・ギターと奥様のピアノで、初日は「おしゃべりコンサート」、二日目は特別伝道礼拝。
豊かな恵みを頂き、喜んだ。
それらの恵みが、3名の信仰告白・バプテスマという実となった。
ほかに、1組の夫婦が転入会。

たくさんの恵みを頂いた一年だった。

私たちのために祈り、支えてくださった方々に、そして、主なる神に感謝致します。
良い年をお迎えください。
新しい年、皆さまの上に主の限りない恵みと慈しみが注ぎ与えられますように。 アーメン