「主の僕モーセは、主の命令によってモアブの地で死んだ。」 申命記34章5節


 申命記の最後に、「モーセの死」が報告されます。創世記から申命記までの5巻をモーセ5書と呼び、伝統的にモーセがその著者であるという考えが示されていますが、少なくとも申命記34章は、モーセが書けない文章です。明らかに、後代の人が申命記を編集して、この部分を書き記したわけです。

 死の直前、神はモーセをネボ山に登らせ、イスラエルの全地を見せられました(1節)。3章27節に語られていたことを、ここで実行したわけです。現実には、標高800m程度のネボ山から、イスラエル全地を見渡すのは不可能です。全地を見渡すことが出来たのは、山の上だからではなく、主がモーセにそれを見せられたからということでしょう。

 「ギレアド」はヨルダン川の東側、「ダン」、「ナフタリの全土」はイスラエルの北境、「エフライムとマナセの領土」はイスラエル中部、「ユダの全土」はイスラエル南部、「ネゲブ」はイスラエルの南境、「エリコの谷からツォアルまで」は、死海周辺のことです。これで確かに、イスラエルの全地を見渡したことになります。

 かつて主がアブラハムに、「さあ、目を上げて、あなたがいる場所から東西南北を見渡しなさい。見える限りの土地をすべて、わたしは永久にあなたとあなたの子孫に与える」と言われました(創世記13章14,15節)。

 モーセにすべての地を見せられたということは、それをすべてモーセとその子孫に与えるということを表しています。4節で、「これがあなたの子孫に与えるとわたしがアブラハム、イサク、ヤコブに誓った土地である。わたしはあなたがそれを自分の目で見るようにした」、と言われるのは、そのことです。

 けれども、モーセはそれを自分の所有にすることは出来ませんでした。そこに入ることを許されなかったのです。「あなたはしかし、そこに渡って行くことはできない」(4節)と、最後の最後にもう一度、駄目押しをされています。

 そして、冒頭の言葉(5節)で、モーセの死が報告されます。どのような最期だったのかは、不明です。その上、モーセを葬ったのが主ご自身で、その墓が「ベト・ペオルの近くのモアブの地にある谷」(それはイスラエルの民が宿営していた場所近辺:3章29節)にあるようですが、しかし、「今日に至るまで、だれも彼が葬られた場所を知らない」と言われます(6節)。ということは、モーセの死を見届けた者は誰もいないということになります。

 あらためて、なぜモーセは約束の地に入ることを許されなかったのでしょうか。民数記20章に記されている、「メリバの水」の出来事で、約束の地に入ることが出来ないということにされていますが(同1節以下、12節)、それはあまりにも厳しい裁きではないでしょうか。モーセは、ヨルダン川を渡りたいと考えていました。そう願いもしました(3章25節)。けれども、その願いは聞かれませんでした。

 「主の命令によって・・・死んだ」(5節)と言われていますが、そのときモーセは「120歳であったが、目はかすまず、活力もうせてはいなかった」(7節)のです。モーセとしては、随分心残りだったのではないでしょうか。

 しかしながら、この情け容赦ない処置に対して、モーセ自身は全く抗弁してはいません。約束の地に入りたいと願いはしましたが、拒絶されてた後、神に文句を言ってはいません。悔しいと思わなかったのでしょうか。恨みに思わなかったのでしょうか。モーセが自分の思いをどのように処理したのか全く分かりませんが、ともかくも、主の命令を受け入れているのです。

 ここに、「へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした」(フィリピ書2章8節)という主イエスの姿を示されます。主イエスこそ、何の落ち度もない、罪のない神の御子であられますが、神の命令に従い、私たちの罪を十字架に負って、30代の若さで死なれました。

 であれば、そのように主の命令に従うことは、モーセにとって、最高の喜びだったのではないか、と教えられました。かくてモーセは、「主の僕」としての生涯を全うし、主の命令に従って天に召されたのです。

 主よ、あなたは御前に謙る者を高く引き上げて下さるお方です。徹底的に御言葉に従って歩み、約束の地に入る直前の死をさえ受け入れたモーセのように、あなたを畏れ、あなたに信頼し、御言葉に従うことを喜びとする主の僕として、私も歩むことが出来ますように。 アーメン