「ピスガの頂上に登り、東西南北を見渡すのだ。お前はこのヨルダン川を渡って行けないのだから、自分の目でよく見ておくがよい。」 申命記3章26節


 ヘシュボンの王シホンが打ち破られたことで、バシャンの王オグは全軍を率い、エドレイでイスラエルを迎撃しようとしました。バシャンは、ギレアドからヘルモン山に至るガリラヤ湖東部の地を指します。約束の地に入るのに、ギレアドからバシャンに上って行く必要はないように思われます(1節)。

 そのためか、シホンの時のように、予め領地通過の許可を求める使者を送るなどのことがありません。恐らく、バシャンもアモリ人の王国だったので、撃ち払えということだったのでしょう。また、バシャンの王オグは、ヘシュボンを滅ぼしたイスラエルを見過ごしには出来なかったのでしょう。

 しかし、バシャンはイスラエルの前に完全に打ち破られ(3節)、その結果、アルノン川からヘルモン山に至るヨルダン川東部地域がイスラエルの手に渡ることになりました(8節)。モーセはその地を、求めに従ってルベンとガド、そしてマナセの子孫ヤイルに与えました(12節以下、民数記32章33節以下)。

 その後、ヨルダン川を渡って約束の地を獲得するよう、進軍の命令を与えた(18節以下)モーセは、主の前に祈りました(23節)。その祈りは、24,25節に記されています。そこにおいてモーセは、「あなたは僕であるわたしにあなたの大いなること、力強い働きを示し始められました」と言います(24節)。

 今神は、イスラエルを解放し、約束の地を与えるという約束を、実行し始められた。当然、その結末を知りたい、約束が実現しているところを見たいと思うでしょう。だから、「どうか、わたしにも渡って行かせ、ヨルダン川の向こうの良い土地、美しい山、またレバノン山を見せてください」と祈り願ったわけです(25節)。

 このように祈っているということは、当然、モーセ自身、ヨルダン川を渡って約束の地に入れるとは考えていないということになります。それは、1章34節以下で、モーセは良い土地に入ることは出来ないと言われていたからです(同37節)。

 ただし、その理由は、民数記20章1節以下の「メリバの水」の出来事におけるモーセの過ちの故ということではないようです。「主は、あなたたち(イスラエルの民)のゆえにわたし(モーセ)に向かって憤り、祈りを聞こうとされなかった」(26節)と記されていて、つまり、イスラエルの民との連帯責任というか、監督責任のために約束の地には入れないようになったということでしょう。

 そうであれば尚更、約束の地を見たかったでしょう。そもそも、モーセが自ら願ってイスラエルの指導者になったわけではありませんでした。主に命じられ、民を約束の地に導き入れるために40年苦労し続けて、ようやくそれが叶うところまで来たのです。斥候たちが見て来た良い地(民数記13章参照)に足を踏み入れてみたかったでしょう。そこで生活してみたかったことでしょう。それが出来ないというのは、どんなに残念なことでしょうか。

 「あなたたちのゆえに」ということは、何か責任転嫁の言葉のように思われますが、しかしながら、神はそれをお咎めにはならなかったようです。イスラエルの民に対して、「わたしが与えると先祖に誓った良い土地を見る者はない」と言われていましたが(1章35節)、モーセには、冒頭の言葉(26節)のとおり、ピスガの頂上から約束の地を見渡すことが許されているからです。

 ピスガについて、34章1節に、「ネボ山、すなわちエリコの向かいにあるピスガの山頂に登った」と記されています。ネボ山は、ヨルダン川東方のアバリム山脈の峰の一つで、ヨルダン川河口から東19キロメートルに位置する標高802メートルのジェベル・エン・ネバと同定されています。

 ここからイスラエルの全地を見渡すことは、事実上不可能です。けれども、神がそこでモーセに、イスラエル全地を見渡すことが出来るようにして下さったわけです。人には出来ないことも、神に出来ないことはありません(マタイ19章26節ほか)。

 モーセは、神が開示して下さった約束の地を見渡しながら、4章以下に「掟と法」を語り告げます。約束の地に生きる術を、荒れ野から神の言葉として語るのです(マタイ3章3節ほか)。


 主よ、あなたの御言葉こそ、私たちの道の光、私たちの歩む道を照らす灯火です。仰せの通り、私たちの足取りを確かなものとして下さい。私たちの目を開き、御業を清かに拝させて下さい。御名が崇められますように。 アーメン