「わたしはレビ人を、イスラエルの人々のすべての長子の身代わりとして受け取った。」 民数記8章18節


 8章には、「レビ人の清めの儀式」についての記述がなされています。レビ人は、祭司に仕え、臨在の幕屋での奉仕や神の箱の運搬などの務めに当たります。レビは、ヤコブ=イスラエルの三男でした(創世記29章34節)。

 レビが選ばれたのは、兄弟たちの中で取り立てて宗教的な人物だったからではありません。むしろ、それとはほど遠い存在でした。妹ディナがシケムの人々に乱暴されたことを知ったとき、二男シメオンとレビが、シケムの人々を殺し、町中を略奪するという事件を起しています。

 父ヤコブは、「シメオンとレビは似た兄弟。彼らの剣は暴力の道具。わたしの魂よ、彼らの謀議に加わるな。わたしの心よ、彼らの仲間に連なるな。彼らは怒りのままに人を殺し、思うがままに雄牛の足の筋を切った。呪われよ、彼らの怒りは激しく、憤りは甚だしいゆえに。わたしは彼らをヤコブの間に分け、イスラエルの間に散らす」と祈っています(創世記49章5節以下)。わが子の祝福ではなく、呪いを祈っているわけです。

 そういうレビの子孫にモーセとアロンがいて、レビ一族が神の幕屋で神に仕える仕事をする者とされたというのは、全く思いがけないことでした。それは、一方的な神の恵みでしょう。なぜ、最愛の子ヨセフや末っ子ベニヤミンの一族ではなかったのでしょうか。それは誰にも分かりませんね。

 既に引退して帰国されていた米国人女性宣教師が来日された際、福岡にいた私のもとを訪ねて下さいました。彼女に、「私が牧師になると思っていたか」と尋ねると、彼女ははっきり、「いいえ」と答えてくれました。誰が牧師になると思っていたかと改めて尋ねると、長男と4男の名前を挙げました。

 その見方は、決して奇妙なものではないでしょう。誰もが、そう考えていたのかも知れません。私自身、子どもの頃、自分が牧師になるとは想像もしていませんでした。長男と4男は、今後どうなるかは分かりませんが、現在、二人とも牧師ではありません。人の見る外面的な能力や資質などと、神の選びとは、必ずしも一致しないという典型的な例ではないかと思います。

 神は17節で、「イスラエルの人々の内に生まれた初子は、人間であれ、家畜であれ、すべてわたしのものである。エジプトの国ですべての初子を打ったとき、わたしは彼らを聖別して、わたしのものとした」と語られていました。

 過越の時、エジプトの国の初子は、神の使いに打たれて死んだのに対し、イスラエルの長子は、その死を免れました(出エジプト記12章1節以下、29節)。その身代わりとして、小羊が屠られたのです(同3節以下)。つまり、イスラエルの長子は、羊の命をもって贖われ、神のものとなったというわけです(同13章2節、第一コリント書7章22,23節参照)。

 それを制度化して、長子が生まれる度に小羊の血をもって贖うことにしてもよかったのかも知れませんが、主なる神は、イスラエルのすべての初子の身代わりにレビ人を選んでご自分のものとされることにされました。それも、彼らを屠って祭壇にささげるというのではなく、生きて、神と民に仕える者とされたのです。

 レビという名は、「結ぶ」という意味を持っています。創世記29章34節に、ヤコブの妻レアが三番目に産んだ男の子を、「これからはきっと、夫はわたしに結び付いて(ラベ)くれるだろう」と言って、「レビ」と名付けたことが記されています。その名のゆえに、主がお選びになったのかも知れません。名前のとおり、レビの子孫は、神とイスラエルの民の間に立って、両者を結びつける働きをするわけです。

 ただ、神に選ばれさえすれば、それですぐにその働きを始めることが出来るというわけではありません。神は、「イスラエルの人々の中からレビ人を取って、彼らを清めなさい」(6節)と言われました。そのために先ず、「罪の清めの水をふりかけ、身体全体の毛をそらせ、衣服を水洗いさせ」ます(7節)。それから、雄牛二頭とオリーブ油を混ぜた小麦粉を献げ物としてささげ、贖いの儀式を行います(8節以下、12節)。

 そうして、レビ人をアロンとその子らの前に立たせ、彼らを奉納物として主に差し出し(13節)、イスラエルの人々から区別すると、彼らは主のものとなります(14節)。こうして初めて、臨在の幕屋に入って、作業に従事することが出来るのです(15節)。

 あらためて、冒頭の言葉で「レビ人」とは、私たちクリスチャンのこと、イスラエルとはすべての人々と読みましょう。それは使徒ペトロが、「あなたがたは、選ばれた民、王の系統を引く祭司、聖なる国民、神のものとなった民です」と言っているとおり、そしてそれが、プロテスタントで語られている「万人祭司」ということだからです。

 私たちが選ばれたのは、それを誇るためではなく、すべての人々に神の恵みを報せ、またすべての人々に仕えて執り成し、祈りをささげるためです。絶えず主の前に進み、御言葉と祈りをもって主と交わり、その使命に励む者とならせていただきましょう。
 
 主よ、私たちはあなたに選ばれる取り柄など持ち合わせていません。ただ、その恵みに感謝し、喜びをもってお仕えするのみです。私たちは不束な僕ですが、御業のために用いて下さい。御名が崇められますように。御国が来ますように。御心がこの地になりますように。 アーメン