「その人は言った。『お前の名はもうヤコブではなく、これからはイスラエルと呼ばれる。お前は神と人と闘って勝ったからだ。』」 創世記32章29節


 イスラエルというヘブライ語は、「神が支配される、神が保持される、神が守られる」という意味だろうと言われます。これまで、神が共にいて、守り、祝福に至らせるという信仰について、学んで来ました。

 23節以下の段落で、ヤコブが何者かと夜明けまで格闘したことが記されています(25節)。格闘、レスリングです。日本流に言えば、相撲をとったというところでしょう。「夜明けまで」というのですから、一晩中相撲をしていたわけです。

 格闘の相手は、勝てそうにないとみて、ヤコブの腿の関節を打ってはずしました(26節)。それから、もう夜が明けてしまうので、去らせてくれ、と言います(27節)。降参するのはメンツに関わるので、何とか引き分けに持ち込んだ、ということでしょうか。

 ヤコブが、「いいえ、祝福してくださるまでは離しません」と答えると、その人はヤコブに名を尋ねた後(28節)、冒頭の言葉(29節)のとおりヤコブを祝福しました。

 ヤコブには、どうしても神の祝福に与りたいという強い思いがあったと思います。彼は、二人の妻、二人の側女、11人の息子に最低一人以上の娘、そして、たくさんの家畜の群れ、僕たちを連れて故郷に帰って来ます。無一物で家を出たのに、大成功を収めて戻って来ました。故郷に錦を飾るというところです。胸を張って家に戻れるわけです。

 ところが、当のヤコブは、家が近づくほど小さくなり、心配が増して来ました。それは、あの自分の命を狙っていた兄エサウはどうしているだろうか、という心配です。それで、使者を走らせて帰宅を知らせると(4~6節)、兄はヤコブを歓迎するために四百人の供を連れて迎えに出るという答えです(7節)。それを聞いたヤコブは、こころおだやかではありません。それが、自分を歓迎するためのものとは思えなかったのです。

 400人もの相手にどうすればよいか、あれこれ考えて、まず群れを二組に分け、前が襲われている間に逃げよう、という算段をします(8,9節)。そして、神が守ってくださるように祈ります(10節以下)。その後、ヤコブは兄に贈り物をして機嫌を取ろうと考えます。14,15節に贈り物のリストがありますが、なかなかたいしたものではないでしょうか。

 こうして、二重三重の備えをして、夜、寝もうとしましたが、いよいよ明日は兄との対面だと思うと、どうしても寝付けません。そこで、贈り物の群れをまず送り出し(22節)、次いで、家族を連れてヤボクの渡しを渡ります(23節)。

 ところが、持ち物も渡らせた後、ヤコブだけその場に残ります(25節)。まだ、心が定まっていなかったのでしょう。そのとき、何者かがヤコブと格闘した、相撲をとったというのですから、それは、レスリングや相撲の試合というより、ヤコブが神の恵みを得るためにしつこく訴えた、自分が守られる確証がほしいというところだったのではないでしょうか。

 格闘の結果、ヤコブはまず、神の祝福として、「イスラエル」という名を受け取りました。ヤコブとは、押しのける者、かかとで蹴飛ばす者という意味ですが、神が支配される、神が守られる、という名を与えられたのです。自分のために自分の力でという、エゴの突っ張った人間ではなく、神に頼り、神の守りに与る人間になれ、と言われたわけです。けれども、自分ではなし得ません。まさに、神の御業です。

 第二は、「腿を傷めて足を引きずっていた」ことです。彼はこれまで何度も、他者を足で蹴飛ばし、押しのけて欲しい物を手に入れ、苦境に陥れば、その足で逃げ出して来ました。けれども、これからは、そのような強い足ではなく、彼を守られる神に頼るほかはありません。

 それは神の御心に適ったことでした。痛んだ足を引きずりながら嘆くヤコブに、「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ」(第二コリント書12章9節)と、祝福を語られるでしょう。

 神はいつも私たちと共にいて下さり、私たちが神を認め、神に信頼するならば、いつでも私たちのために必要な御業を行って下さるのです。主を真剣に尋ね求め、祝福に与る経験、主にあって強められる経験を持たせて頂きましょう。

 主よ、あなたがいつも共にいて下さるというのは、頭で分かることではなく、恐れと不安の中で体で味わい知るものです。困難にぶつかる度毎に、祝福して下さるまで離しません、と祈り求めます。あなたが祈りに答えて下さることを信じて,感謝致します。 アーメン