「もし、お前さえ良ければ、もっといてほしいのだが。実は占いで、わたしはお前のお陰で、主から祝福をいただいていることが分かったのだ。」 創世記30章27節

 ヤコブがラバンの下で14年を過ごす間に、二人の妻とその側女に次々と11人の男の子と、1人の女の子が与えられました(28章31節~30章24節)。レアには、女の子(ディナ:31節)を含む7人の子が与えられました(ルベン、シメオン、レビ、ユダ:29章31節以下、イサカル、ゼブルン:30章14節以下)。レアの召使いジルパに2人(ガド、アシェル:9節以下)、そして、ラケルの召使いビルハに2人(ダン、ナフタリ:3節以下)です。

 そして、ヤコブが愛するラケルには、ようやく最後になって子があたえられました(ヨセフ:22節以下)。たった一人でハランまで来たヤコブは、今や17人の大家族になりました。「あなたの子孫は大地の砂粒のように多くなり、西へ、東へ、北へ、南へと広がっていく」(28章14節)と約束された神の言葉が、ここに実現し始めているのです。

 ところで、妻を得るために14年働いたヤコブは、故郷へ帰らせてくれるようにと、義父であり叔父でもあるラバンに願い出ます(25節以下)。しかし、ラバンはヤコブを手放す気になれません。それは、冒頭の言葉(27節)で、ラバンがヤコブに、「わたしはお前のお陰で、主から祝福をいただいていると分かった」と語っているとおり、ヤコブの働きを通して、ヤコブの働き以上の祝福がラバンに与えられているということです。

 そこで、ラバンは報酬を支払うという申し出をして、ヤコブが働き続けるように頼みます(28節)。ところが、ヤコブはラバンに不思議な答え方をしています。というのは、「何もくださるには及びません。ただこういう条件なら、もう一度あなたの群れを飼い、世話をいたしましょう」(31節)と言い、そして、ぶちとまだらの山羊、黒みがかった羊を自分の報酬としてほしいと願ったのです(32,33節)。

 ぶちやまだらの山羊、黒みがかった羊というのはごく少数ですから、それを聞いたラバンは、「よろしい。お前の言うとおりにしよう」と、すぐに請合います(34節)。そこには、ヤコブがこんなバカだとは思わなかった、これでまた、ヤコブをただ働きさせられるという、少々軽蔑するような思いがこもっているかも知れません。

 ラバンはその日のうちに、縞やまだら、ぶちの山羊、黒みがかった羊を全部取り出して息子の手に渡し、遠くに連れて行かせます。そして、残りの羊と山羊、即ち、まだらやぶちなどのない白い羊や山羊をヤコブの手に託します。これで、ヤコブには何の報酬もやらずに働かせることが出来るようにしたわけです。

 ところが、ヤコブが水飲み場に皮をはいで縞模様にした木の枝を置くと、その枝の前で交尾した群れは、縞やぶちやまだらの子を産みました(37節)。現実に、そのようなことをすれば縞やぶち、まだらの子が産まれるという科学的な根拠があるとも思われませんが、ここには、親が妊娠しているときに見たこと、経験したことは、生まれてくる子に決定的な影響を与えるという考えが、その背後にあるようです。

 ヤコブは、丈夫な羊が交尾する時には木の枝を起き、弱い羊の時には枝を起きませんでした。それで、群れの丈夫な羊はみなヤコブのものとなり、弱いものがラバンのものとなりました(41,42節)。かくて、ラバンの公算は大きくずれることになったのです。

 ラバンは、ヤコブに神の祝福が伴っていることを知りながら、祝福をお与えになる神に目を向けるのでなく、祝福として与えられた群れをヤコブから奪うことに躍起となっていました。もしもラバンが、自分も神の祝福に与ることが出来るように祈ってほしいと求めていれば、そして、自分でも、恵みの主を信じ、導きを祈り求めるならば、全く違った結果を生んだことでしょう。正しい方向を向かないこと、それが罪だと、聖書は教えています。

 コロサイ書3章5節に、「貪欲は偶像礼拝にほかならない」という言葉があります。人は、自分の欲を満たす神を求めて偶像を造るということでしょう。そしてそれは、神に喜ばれることはありません。

 一方、ヤコブがしていることも、褒められるようなこととは思われません。しかし、確かに彼は神に祝福されており、そしてヤコブは、そのように自分を祝福して下さる神に信頼していたのです。

 主よ、「体の灯火は目である。目が澄んでいれば、全身が明るい」という御言葉があります。いつも御言葉に耳を傾け、心の目を主に向けさせてください。そして、私たちの全身を御言葉の光で照らしてください。そうして、天に宝を積むことが出来ますように。 アーメン