「あなたは自分に何か大きなことを期待しているのか。そのような期待を抱いてはならない。なぜなら、わたしは生けるものすべてに災いをくだそうとしているからだ、と主は言われる。ただ、あなたの命だけは、どこへ行っても守り、あなたに与える。」 エレミヤ書45章5節

 1節に、「ユダの王ヨシヤの子ヨヤキムの第4年」とあり、これは、36章1節と同じとき(紀元前605年)です。その意味では、36章8節に続く出来事と考えてよいでしょう。そのとき、神がエレミヤに、預言の言葉を書き記すように命じられ(36章2節)、エレミヤはネリヤの子バルクに口述筆記をさせました(同4節)。そのとき、バルクについて語られた神の言葉をエレミヤが告げたというのが、今日の箇所です。

 3節にバルク自身の言葉が引用されています。これがどのような状況で語られたものか、詳細は分かりませんが、36章の記事との関連で、エレミヤの預言を書き記したとき、ユダとエルサレムに臨む神の裁きを聞いて、苦しみや悲しみを感じたということがあるでしょうし、あるいは、その預言の言葉を主の神殿で読んだとき、祭司や民らがそれに素直に耳を傾けなかったのを、辛く思っているということなのかも知れません。それはまた、エレミヤ自身の悲しみ、苦しみでもありました(15章10節以下、17章14節以下、20章7節以下参照)。

 そればかりか、これは、主ご自身の痛みでもあったのです。主はここで、「わたしは建てたものを破壊し、植えたものを抜く。全世界をこのようにする」(4節)とバルクに語っておられますが、エジプトの奴隷の苦しみから救い出し、神の民として約束の地に住まわせたイスラエルの民が神に背き、罪を侵し続けているため、その呪いを受けてエルサレムの町が破壊され、神殿は焼かれ、ユダの民は剣か飢饉か疫病か、あるいは捕囚という苦しみを味わわなければならないのです。主の心情は、エレミヤやバルク以上に、はるかに辛く悲しいものであったに違いありません。

 冒頭の言葉(5節)の、「あなたは自分に何か大きなことを期待しているのか」という言葉で、バルクが期待している内容が分かりませんが、あるいは、エレミヤと共に活動することで、評価されることを求めているということでしょうか。「ネリヤの子」について、51章59節に「ネリヤの子であるセラヤ」なる人物が、ゼデキヤ王の宿営の長と言われており、ネリヤがその兄弟であるならば、高い地位を手に入れたいという願いがあったのでしょうか。いずれにせよ、バルクはそれを獲得することは出来ず、かえって人々から疎まれることになりました(43章3節参照)。

 もしもバルクが、人々に好意的に受け入れられ、高い地位に上ることを望むというのであれば、師と仰ぐ人物をとり違えています。また、仮にそのような評価を受け、あるいは地位を手に入れても、この国に神の審きが下ると、それによって一切のものを失うことになってしまいます。

 5節後半に、「ただ、あなたの命だけは、どこへ行っても守り、あなたに与える」と言われています。きっと、この言葉のゆえに、36章ではなく、この場所に置かれることになったのでしょう。

 主が語られたとおり、エルサレムの町は破壊され(39章8節)、植えられたイスラエルの民は抜かれてバビロンに移されてしまい(同9節)、残りの民によってエレミヤとバルクはエジプトに連れて来られたのです(43章6節)。43章8節以下、44章まで、エジプトのユダヤ人に下る厳しい裁きの言葉が記されていました。しかしながら、「あなたの命だけは、どこへ行っても守る」と語られているように、バルクは44章14節に記された「少数の難を免れた者」の一人とされたのだと思います。

 この後、バルクがどのような行動をとったのか分かりませんが(たとえばエルサレムに戻ったとか、あるいはバビロンに身を寄せたとか)、彼は生き残り、エレミヤの語った預言の言葉とその生涯の出来事について、後世に書き残すことが出来たのです。その功績は、計り知れません。天において、大きな報いに与ることでしょう。

 主よ、人は皆草のようで、その華やかさはすべて、草の花のようです。草は枯れ、花は散ります。しかし、あなたの御言葉は永遠に変わることがありません。主の福音によって信仰に導かれた私たちが、御言葉に土台し、御言葉に従って歩み、その真実と恵みを証しすることが出来ますように。 アーメン