「イスラエルの神、主はこう言われる。このところからカルデヤ人の国へ送ったユダの捕囚の民を、わたしはこの良いいちじくのように見なして、恵みを与えよう。」 エレミヤ書24章5節


 エレミヤが、神殿の前に置かれていた、いちじくの入った二つの籠を見ました(1節)。それは、幻だったのでしょうか。あるいは、実際に神殿に供えられた献げ物だったのかもしれません。ひとつは、「初なりのいちじくのような、非常に良い」もので、もうひとつは、「非常に悪くて食べられないいちじく」でした(2節)。悪くて食べられないいちじくの献げ物は、それが実際に供えられたものであるなら、形だけの、内容の伴わない供え物ということで、それをささげた人の信仰を、神が喜ばれるはずがありません。

 そのとき、冒頭の言葉(5節)のとおり主の声があり、「このところからカルデヤ人の国へ送ったユダの捕囚の民を、わたしはこの良いいちじくのように見なして、恵みを与えよう」と言われ、また、「ユダの王ゼデキヤとその高官たち、エルサレムの残りの者でこの国にとどまっている者、エジプトの国に住み着いた者を、非常に悪くて食べられないいちじくのようにする」と言われました(8節)。

 この預言が語られたのは、エコンヤ王(1節、列王記下24章6節以下ではヨヤキン)がバビロンに連行され、ゼデキヤが王として立てられた直後のことではないかと思われます(1節、列王記下24章17節以下)。列王記によれば、ヨヤキンもゼデキヤも、「主の目に悪とされることをことごとく行った」とされており、それゆえ、一方は良いいちじくと言われ、もう一方が悪いいちじくと言われるのは、それが二人の評価ではあり得ません。

 この良し悪しは、バビロンに連れて行かれた人々と、エルサレムに残り、あるいはエジプトに逃れた人々の、行く末に起こることを言い表しているのです。即ち、バビロンに連行された人々は、後にエルサレムに戻ることが許されます。そして、主を知る心が与えられ、彼らは主の民となり、主が彼らの神となると言われます(7節)。これは、神と彼らとの間に新しい契約が結ばれることを示しています(31章31節以下、出エジプト記19章5,6節参照)。

 一方、エルサレムに残り、あるいはエジプトに逃げた人々は、辱めと物笑いの種、嘲りと呪いの的となり(9節)、剣、飢饉、疫病を送って滅ぼし尽くされます(10節)。

 一方は恵み、一方は呪い、その違いがどこから来たかと問えば、ただ、神がバビロンに連れて行かれた人々を憐れまれたということと答えるほかありません。もしかすると、エルサレムに残された人々は、バビロンに連行された人々のことを憐れに思っていたかもしれません。エルサレムは神の都で、その神殿に神がおられるので、この町にいればこそ神の憐れみに与ることが出来る、と考えていたかもしれません。また、エジプトに逃れた人々は、そこで力をためて、エジプトやイスラエル周辺諸国と共に、再びバビロンに反旗を翻すときを待とうとしていたのでしょう。

 しかしながら、主なる神は、神殿の置かれた神の都、エルサレムという場所が、民に恵みを与えるのではないこと、エジプトの力、周辺の国々の結束などが将来の希望につながるものではないことを、イスラエルの民に悟らせられます。そもそも、イスラエルがバビロンに降伏し、エコンヤ(=ヨヤキン)が捕囚となったとき、エルサレムの町やその神殿は、何の助けにもなりませんでした。ゼデキヤはエジプトや周辺諸国を頼りとして、バビロンに反旗を翻しましたが、結局、町も神殿も、バビロンによって焼かれ、破壊されてしまいます。エジプトに代表される目に見えるものに頼る策は、それが全く信頼に足るものとはならないことを思い知らされる結果となったのです。

 主なる神は、人々がまことの神を知り、真心をもって主に仕え、主を礼拝することを求めておられるのです。主は今、私たちを良いいちじくのように見なし、恵みを与えていて下さいます。主こそ神であることを知り、真心をもって主に仕えましょう。御言葉に耳を傾け、導きに従って歩みましょう。

 主よ、あなたは放蕩息子に、我に返る心をお与えになりました。それは、私のことでもあります。罪人に過ぎない私に恵みを与え、「わが子よ」と呼んで下さいます。その恵みに応え、霊とまことをもってあなたを礼拝する者、その使命に励む者とならせて下さい。 アーメン