「主を尋ね求めよ、見いだしうるときに。呼び求めよ、近くにいますうちに。」 イザヤ書55章6節


 55章は、第二イザヤと呼ばれる預言集(40~55章)の締めくくりの章です。この章は、「真に福音的な章」と称する学者もあるほどに、重要な箇所ということが出来ます。

 ここで主なる神は、「渇きを覚えている者は皆、水のところに来るがよい。銀を持たない者も来るがよい。穀物を求めて、食べよ。来て、銀を払うことなく穀物を求め、価を払うことなく、ぶどう酒と乳を得よ」(1節)と招かれます。「銀を持たない者も来るがよい」、「来て、銀を払うことなく穀物を求め、価を払うことなく、ぶどう酒と乳を得よ」というのですから、これらのものは、神から与えられる一方的な恵みであることが示されます。

 そのことが3節では、「耳を傾けて聞き、わたしのもとに来るがよい。聞き従って、魂に命を得よ」、と語られています。捕囚生活でも、水とパンは提供されていたでしょう。しかし、イスラエルの民が生きるためには、彼らを活き活きと生かす心の栄養が必要だったのです。主は、御自分に聞き従うすべての者に、生きるために必要なすべてのものを豊かにお与え下さるというわけです。

 主イエスが荒れ野でサタンから、石をパンに変えて空腹を満たしたらどうかと試みられたとき、「『人はパンだけで生きる者ではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる』と書いてある」と、申命記8章3節の言葉を引用して、その誘惑を退けられました(マタイ4章3,4節)。これは、霊的なものは神から、しかし空腹を満たすためにはパンが必要ということではありません。主イエスは、御自分の体の欲求のために神の力を用いることはなさいませんでした。イザヤと同様、必要なものはすべて、神が語られる御言葉を通して与えられると言われたのです。

 それから、冒頭の預言者の言葉(6節)で、「主を尋ね求めよ」と命じ、すぐに「呼び求めよ」とたたみかけます。かつてイスラエルは、「主に信頼せよ」という預言者の言葉に耳を傾けず、異教の偶像に頼り、エジプトやバビロンを当てにして難局を乗り切ろうとした結果、主なる神の保護を受けることが出来なくなり、亡国の憂き目を見ることになりました。今改めて、「わたしのもとに来なさい」と招かれる主の言葉を聞き、悔い改めて主のもとに帰るために、この機会を逃してはならないというのです。

 8節に、「わたしの思いは、あなたたちの思いと異なり、わたしの道はあなたたちの道と異なると、主は言われる」、と言われています。訳出されていませんが、この言葉の冒頭に、「なぜならば」(キー)という言葉が語られています。人と神の思いが異なり、道が異なるのは当然、だから私たちは私たちの道を行く、という話ではないのです。異なっているのは当然、異なっていてよいということではなくて、主なる神の思いと私たちの思いが異なり、神の道と私たちの道が異なっているから、神の御心のうちに留まり、神の道を歩むために、主を尋ね求め、神に立ち帰れと言われているのです。

 私が牧師になる前、「わたし(神)の考えとお前(私)の考えは違う」という言葉を、直接耳で聞くように聞いたことがあります。ひらめいた言葉といってもよいのかもしれません。そのとき、それは当たり前だ、神とわたしの考えが違って当然だと思いました。そのころ、高校受験のときから牧師になることを目指していましたが、大学を卒業するころ、違う職業を選んだのです。そのため、何かにつけて後ろめたさを覚えていました。そして、聖書を読み、祈る喜びや情熱も失っていたのです。ですから、もう神の道を歩めないということか、とさえ思いました。

 けれども、やがてその言葉は私に、「お前は自分の夢を壊し、自分の計画とは違う道を歩んでいると思っているかもしれないけれども、この道を歩ませることが神の思い、神の計画なのだ」という意味ではないか、と思えるようになったのです。神は、もう二度と神の道を歩ませないために、このように言われたのではありません。私たちがどこにいても、何をしていても、神は傍におられ、尋ねれば見出し、呼び求めれば答えて下さるのです。主の御言葉を信頼し、その道を歩み続けたとき、神は私に、神の御言葉の教師となるようにという使命を与え、その道に導いて下さいました。

 以来、主は事ある毎に御言葉を示し、進むべき道を教えて下さいます。私が道を外れそうになっても、その都度、正しい道に呼び戻して下さいました。今あるは、実に神の恵みです。それ以外の何ものもありません。これからも主を畏れ、日々その御言葉に耳を傾け、導きに従って歩みたいと願っています。

 主よ、今日もあなたの憐れみに支えられ、主の道を歩ませて頂いています。あなたの御言葉こそ、私たちの道を照らす命の光です。絶えず、御言葉の悟りを与えて下さい。真理に従って歩むことが出来ますように。 アーメン